ジャニーズWEST重岡大毅&神山智洋、浴衣姿で“綿菓子”対決「俺と甘い夏の夜を過ごさないか」<宇宙を駆けるよだか>

【重岡大毅・神山智洋/モデルプレス=7月24日】ジャニーズWEST重岡大毅神山智洋が24日、都内のスタジオで行われたW主演を務めるNetflixオリジナルドラマ「宇宙(そら)を駆けるよだか」(8月1日より全世界同時配信)のプレミア試写会に、女優の清原果耶、富田望生、松山博昭監督とともに浴衣姿で登壇した。
【イケメン】浴衣姿で登場した重岡大毅&神山智洋(C)モデルプレス
【イケメン】浴衣姿で登場した重岡大毅&神山智洋(C)モデルプレス
この日のイベントでは、ストーリーに深く関係する赤い月=“赤月”をイメージした、巨大で真っ赤な綿菓子作りに挑戦。劇中でもヒロインを巡りライバル関係である重岡と神山だが、くじ引きにて重岡チーム(重岡&富田)と神山チーム(神山&清原)に分かれ、制限時間内でどちらがより赤月のように美しく大きな綿菓子を作れるのか競い合った結果、神山が見事勝利。

綿菓子が全然上手く作れなかった重岡チームとプロ並みに上手かった神山チーム(左から)富田望生、重岡大毅、神山智洋、清原果耶(C)モデルプレス
綿菓子が全然上手く作れなかった重岡チームとプロ並みに上手かった神山チーム(左から)富田望生、重岡大毅、神山智洋、清原果耶(C)モデルプレス
勝者のプレゼントとして「応援していただいたファンの皆さんへお礼を込めて、最もかっこいい台詞を披露していい券」が与えられた神山は、「これは勝って良かったんでしょうか?(笑)」と戸惑いながらも、綿菓子をつまみ食いして「…甘いな。俺と甘い夏の夜を過ごさないか?」とドヤ顔で決め台詞。集まったファンから黄色い歓声が上がると、重岡は「かっこいい!天才!まさかわたあめを使うとは、男だねぇ~」と絶賛。神山は「恥ずかしい!やっば」と照れた様子を見せていた。

重岡大毅&神山智洋W主演「宇宙を駆けるよだか」

(左から)富田望生、重岡大毅、神山智洋、清原果耶、松山博昭監督(C)モデルプレス
(左から)富田望生、重岡大毅、神山智洋、清原果耶、松山博昭監督(C)モデルプレス
2014年~2015年に集英社「別冊マーガレット」にて連載され「このマンガがすごい!2016」オンナ編にて第5位にランクインした、漫画家・川端志季氏による原作を実写ドラマ化した今作は、男女4人の高校生が繰り広げるサスペンス&ラブストーリー。

清原果耶(C)モデルプレス
清原果耶(C)モデルプレス
クラス一の人気者・火賀俊平役を重岡、秀才でスポーツ万能なイケメン・水本公史郎役を神山が演じ、W主演を務める。また火賀と公史郎の幼馴染で、容姿も抜群に可愛いヒロイン・小日向あゆみ役を清原、物語のキーマンであり醜い容姿をした海根然子役を富田が演じる。

富田望生(C)モデルプレス
富田望生(C)モデルプレス
役どころを紹介する際、重岡が「クラスの人気者。まぁ、そこは僕に似てるところ」と満面の笑みを浮かべると、MCからは「ニコニコ顔でありがとうございます」とのコメントがあり、「はい、これが仕事です」と返して会場を笑いの渦に。神山は「そんなん言わんでええねん」とツッコみつつも、自身の役については「秀才でスポーツ万能でイケメン。全くその通り」と語り、笑わせていた。(modelpress編集部)

ジャニーズWEST神山智洋、“猫舌”重岡大毅の「ニャ~」を再現 イチャイチャぶりに清原果耶も驚き




【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ジャニーズWEST重岡大毅&神山智洋、浴衣姿で“綿菓子”対決「俺と甘い夏の夜を過ごさないか」<宇宙を駆けるよだか>
今読んだ記事

ジャニーズWEST重岡大毅&神山智洋、浴衣姿で“綿菓子”対決「俺…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事