ドラマ「下町ロケット」続編決定 阿部寛ら一部キャストも明らかに<本人コメント>

TBSでは、10月期の日曜劇場枠(毎週日曜よる9時~)で、2015年の10月期に放送して好評を博した『下町ロケット』の続編を放送することを発表した。
阿部寛(C)TBS
阿部寛(C)TBS

「下町ロケット」続編

ドラマも最終回の平均視聴率が22.3%で、2015年度放送のドラマで1位を記録(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。「東京ドラマアウォード2016」連続ドラマ部門優秀賞など、数々の賞も受賞し、まさに大ヒットとなった『下町ロケット』。

今回の原作は、第145回直木三十五賞を受賞した池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾「下町ロケット ゴースト」(7月20日発売、小学館刊)。主人公・佃航平役は前作に引き続き阿部寛が演じ、殿村直弘役の立川談春、山崎光彦役の安田顕、江原春樹役の和田聰宏、迫田滋役の今野浩喜、津野薫役の中本賢、唐木田篤役の谷田歩も出演が決まっている。

池井戸潤(提供画像)
池井戸潤(提供画像)
池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(7月20日発売、小学館刊)/(提供画像)
池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(7月20日発売、小学館刊)/(提供画像)

「下町ロケット」出演者の意気込み

3年ぶりの「下町ロケット」を迎えるにあたり、主演の阿部は「夢の実現と人々の幸せを必死にもがきながら追い求めてきた佃ですが、今作も難題に直面し、それを乗り越えようともがき苦しむ中から新たな理想と追い求めるべき夢を見つけ出します」と展開を紹介。「会社の経営者として、社員たちの生活を守るのも当然ですが、自らの夢を社員だけでは無く、全ての仲間たちと共に全力で挑戦する等身大の佃航平を演じさせていただこうと思います」と意気込んだ。

また、続編にあたって「一ファンとして、大いなる期待の高まりとともに、一出演者として、吐くほど緊張することでしょう」と語った安田。危機を迎えることになる殿村を演じる立川は「生老病死という人間の苦しみに真正面から向き合いながら一歩ずつ歩んでいく殿村に御期待ください」とアピールした。

立川談春、安田顕、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩(C)TBS
立川談春、安田顕、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩(C)TBS

「下町ロケット」続編、ストーリーは?

特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画など、度重なる困難を社員が力を合わせて切り抜けてきた町工場「佃製作所」。しかし、主力商品となっているロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村に訪れた危機。次々に起こる絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断を下し、佃製作所が大きな転換期を迎える。

原作の池井戸氏からは「窮地に立たされた佃製作所が挑戦するのは、まさに現代日本が抱える難題のひとつです。それに挑む者たちの葛藤や挫折がどう描かれるのか、福澤克雄監督の演出に大いに期待しています」と激励のコメントが寄せられ、伊與田英徳プロデューサーは「皆さんのご期待に応えられるよう精一杯頑張っていきたいと思います」と誓った。(modelpress編集部)

阿部寛コメント

ご好評いただきました前作から3年、引き続き佃航平を演じさせていただくこととなりました。夢の実現と人々の幸せを必死にもがきながら追い求めてきた佃ですが、今作も難題に直面し、それを乗り越えようともがき苦しむ中から新たな理想と追い求めるべき夢を見つけ出します。会社の経営者として、社員たちの生活を守るのも当然ですが、自らの夢を社員だけでは無く、全ての仲間たちと共に全力で挑戦する等身大の佃航平を演じさせていただこうと思います。是非、楽しみにしていただければと思います。

立川談春コメント

池井戸作品のヒットシリーズでの続編ははじめてのことで、お役に立てるよう精進します。生老病死という人間の苦しみに真正面から向き合いながら一歩ずつ歩んでいく殿村に御期待ください。

安田顕コメント

佃製作所が、帰ってきます。あれからどうなって、今、どうしているのかと、想い巡らせておりました。日本が世界に誇る、モノづくりの技術。それを支える市井の人々。逆境に打ち勝つ心に、また出会えます。佃社長に、また会えます。一ファンとして、大いなる期待の高まりとともに、一出演者として、吐くほど緊張することでしょう。とにかく、現場が楽しみです。

原作・池井戸潤氏コメント

阿部寛さん演じる佃社長を始め、佃製作所の熱いメンバーたちとの再会を心待ちにしています。今回、窮地に立たされた佃製作所が挑戦するのは、まさに現代日本が抱える難題のひとつです。それに挑む者たちの葛藤や挫折がどう描かれるのか、福澤克雄監督の演出に大いに期待しています。

伊與田英徳プロデューサーコメント

前回の『下町ロケット』から3年。これまでにも池井戸先生の作品をドラマ化、映画化させていただいてきましたが、今回、この待ちに待った『下町ロケット』の続編をドラマ化することができて大変うれしく思います。さらに、前回に引き続き、阿部さんの佃航平をはじめ佃製作所の皆様とご一緒できるのも大変光栄に思います。佃製作所の皆さんが、また、とんでもない窮地に陥り、大きな壁に阻まれる中、どうやってそのピンチを切り抜けていくのか、私も楽しみで今からワクワクしております。皆さんのご期待に応えられるよう精一杯頑張っていきたいと思います。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ドラマ「下町ロケット」続編決定 阿部寛ら一部キャストも明らかに<本人コメント>
今読んだ記事

ドラマ「下町ロケット」続編決定 阿部寛ら一部キャストも明ら…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事