元AKB48奥真奈美、西野未姫に毒舌炸裂「一緒にしてほしくない」 バトルに反響

【奥真奈美・西野未姫/モデルプレス=6月27日】元AKB48奥真奈美西野未姫が26日深夜放送のTBS系バラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(毎週火曜日23:56~ ※この日は0:01~より)に出演。バトルが勃発した。
元AKB48の奥真奈美、西野未姫 (C)モデルプレス
元AKB48の奥真奈美、西野未姫 (C)モデルプレス

西野未姫、現在はバイトをしながら地道にアイドル活動

番組では「元AKB48の天国と地獄SP」と題し、AKB48グループの卒業生が集結。元AKB48の奥、小嶋菜月、西野、元SKE48の平松可奈子、神谷由香が“今だから語れる”トークを展開した。

2012年に加入した14期生で岡田奈々、小嶋真子とともに“三銃士”と呼ばれる人気を誇っていた西野。当時は「第2のまゆゆ」として期待され、現役時代は品川区の家賃21万のタワマンに住むほどの売れっ子だったが、2017年にグループから卒業。現在は時給1000円の焼肉店で週3日アルバイトをしながら地道にライブ活動を続けている。

西野未姫 (C)モデルプレス
西野未姫 (C)モデルプレス
西野未姫 (C)モデルプレス
西野未姫 (C)モデルプレス
ソロでのアイドル活動はなかなか厳しいものがあるようで、100枚限定でオリジナルデザインのTシャツを作ったが、実際は30枚しか売れず。さらに売れた10枚は友だちと家族が購入しており、新宿で行われた50人のファンが来たライブで西野本人が手売りするも2枚しか売れない様子も放送された。

現役時代からリアクション芸に定評があった西野だが、卒業後さらにそのバラエティ力がパワーアップ。顔芸と大きな身振り手振りで笑いを誘い、5月の放送回より再びの出演となった今回も自虐ネタでひたすらイジられながら先輩にあたる奥や小嶋の話にカットインしていた。

奥真奈美、西野未姫に毒舌発揮

奥真奈美 (C)モデルプレス
奥真奈美 (C)モデルプレス
一方、2006年に大島優子らと同じ2期生として加入、2011年の15歳のときに進学と学業への専念のため卒業し、芸能界を引退したが、7年ぶりに芸能界復帰を果たし、AKB48史上“伝説の美少女”と呼ばれた奥は、出演者の中でも際立って先輩。落ち着いた口ぶりで毎回自身のエピソードトークのときは、「私のときは~」と話しだしたため、司会の有田哲平からは「奥さんだけ違うよね?」とツッコミが入った。

また、毒舌キャラクターは健在で、番組の最後に言いたいことを聞かれると「私まだ復帰したばかりなんで、西野未姫ちゃんと一緒にしてほしくない」と冷静に本音をポツリ。西野が「そんなに嫌いですか!?今日初めてお会いしてこの2時間でこんなに嫌われることあります!?」と衝撃を受けるも、奥は「このまま勘違いされたら嫌だなと思って」と笑顔で釘を刺した。

しかし、最後に占い師しいたけが「芸能界で勝ち抜き一番成功するメンバー」として西野を選び、「際立って瞬発力がすごかった。マネージャーさんが毎回共演者に謝罪すれば大丈夫」とアドバイスを送ると、西野は「やった!いえーい!」と奥に全力でドヤ顔。千鳥・大悟が「この2人は一緒におる方が面白い」と相性の良さを指摘するも、奥は「仲良くなれるどうこうっていうより、こんなにガチャついてない」とバッサリと斬り、最後までスタジオを盛り上げていた。

異色の2人に反響

終始笑いをかっさらった西野に視聴者からも「みきちゃん面白すぎるw」「現役時代からさらに磨きがかかってる」「笑いすぎてお腹痛い」と反響が殺到。大先輩にあたり、期が被っていない奥との異色の共演に「これぞ奥ちゃんって感じだった」「毒舌が懐かしい」「卒業した2期生と14期生のバトルを見れるとはw」「この2人がバラエティで共演するなんて全く想像していなかったな」と感慨深いAKB48ファンの声も多かった。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 元AKB48奥真奈美、西野未姫に毒舌炸裂「一緒にしてほしくない」 バトルに反響
今読んだ記事

元AKB48奥真奈美、西野未姫に毒舌炸裂「一緒にしてほしくない」…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事