「半分、青い。」恋の予感?永野芽郁の鼻歌が「上手い」「懐かしい」と話題

0
女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第46回が24日、放送された。永野の鼻歌に注目が集まっている。<※以下、ネタバレあり>
永野芽郁 (C)モデルプレス
永野芽郁 (C)モデルプレス

鈴愛(永野芽郁)に恋の予感?<※ネタバレあり>

永野芽郁 (C)モデルプレス
永野芽郁 (C)モデルプレス
第46話では、鈴愛(永野芽郁)が喫茶おもかげを訪れ、地元の親友・菜生(菜緒)に電話をかける。鈴愛は、上京する際に餞別として菜生からもらった“カエルのワンピース”は、「初デートのときに着ようと決めている」と伝えた。

中村倫也 (C)モデルプレス
中村倫也 (C)モデルプレス
久しぶりの会話に夢中になっていると、偶然店に居合わせた正人(中村倫也)が、優しく微笑んで硬貨を追加。そして、鈴愛が電話を切った後には「カエルのワンピース、着たとき見せて」と聞き様によってはデートに誘っているかのような発言をしていた。

その後、アパートに帰りながら鈴愛は「どうして どうして僕たちは 出会ってしまったのだろう~」と、松任谷由実の『リフレインが叫んでる』を口ずさんだ。

永野芽郁 (C)モデルプレス
永野芽郁 (C)モデルプレス
永野芽郁 (C)モデルプレス
永野芽郁 (C)モデルプレス

永野芽郁の鼻歌が「上手い」と話題に

永野芽郁 (C)モデルプレス
永野芽郁 (C)モデルプレス
鼻歌程度ではあったが、永野の歌声が披露されたことで、ネット上では「芽郁ちゃんの歌声可愛い!」「鼻歌なのに上手い」と話題に。さらに、口ずさんだ曲にも注目が集まり「これは恋の予感…?」「無意識に恋愛曲歌っちゃう感じ~!!」「『リフレインが叫んでる』懐かしい!トレンディー!」などの声も多く上がっている。

中村倫也 (C)モデルプレス
中村倫也 (C)モデルプレス
また、本当は手に入れた“人面魚のテレホンカード”を使いたかったがおもかげにある電話は硬貨しか使えないピンク電話だったため、断念した鈴愛。

当時大きな話題となった“人面魚のテレホンカード”の登場にも視聴者から反響があり、Twitterでは「人面魚」がトレンド入りする盛り上がりを見せていた。

永野芽郁ヒロイン・朝ドラ「半分、青い。」

永野芽郁 (C)モデルプレス
永野芽郁 (C)モデルプレス
連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷となる岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れない永野演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語を描く。

鈴愛の幼馴染・萩尾律役を俳優の佐藤健が演じる。(modelpress編集部)

永野芽郁ヒロイン「半分、青い。」撮影秘話をチェック


情報:NHK総合
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「半分、青い。」恋の予感?永野芽郁の鼻歌が「上手い」「懐かしい」と話題
今読んだ記事

「半分、青い。」恋の予感?永野芽郁の鼻歌が「上手い」「懐か…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事