大原優乃、胸がコンプレックスでさらしを巻いていたDream5時代 グラドル転身の理由とは

【大原優乃/モデルプレス=5月11日】元Dream5で女優・グラビアアイドルとして活躍する大原優乃が、10日放送のバラエティ番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ/毎週木曜よる10時~)に出演。アイドル歌手からグラビアアイドルへ転身した理由を明かした。
大原優乃(C)モデルプレス
大原優乃(C)モデルプレス
テレビアニメ「妖怪ウォッチ」のエンディング主題歌「ようかい体操第一」がヒットし、「第65回NHK紅白歌合戦」にも出場するなど子どもたちを中心に人気を博したDream5。

2016年末のグループ活動終了後、「ソロになったんですけど、気づけば、あれ?毎日家にいるな、と思った」と語った大原は、「このまま挑戦しないと、私終わっちゃうな」と感じたことからグラビアアイドルへの転身を決意。「グループ時代は(胸が)すごくコンプレックスで隠していたんですけど、これを機にグラビアをやろうかなと思いました」と経緯を明かした。

ダウンタウンの浜田雅功から「え?隠してたんですか?」と問われると「そうなんです。さらしとか巻いて…。やっぱり『妖怪ウォッチ』の歌となると、お子さんも(見るし)」と答えた大原。松本人志は「妖怪よりも目がそっちにいっちゃうから」と返して、スタジオに笑いを誘った。

大原優乃、TRFとの意外な関係性

大原優乃(C)モデルプレス
大原優乃(C)モデルプレス
また、スタジオにはTRFのETSUとCHIHARUも出演しており、Dream5のステージングや振り付けを監修していたという関係性が明らかに。浜田は2人に「(大原が)あんな乳デカいと思ってた?」と聞くと、即座に首を横に振り「わからなかった」と語ったETSUとCHIHARU。「あの時も…?」と当時もさらしを巻いていたのか尋ねると、大原は「そうですね」と振り返っていた。(modelpress編集部)

情報:読売テレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 大原優乃、胸がコンプレックスでさらしを巻いていたDream5時代 グラドル転身の理由とは
今読んだ記事

大原優乃、胸がコンプレックスでさらしを巻いていたDream5時代…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事