「おっさんずラブ」主任(眞島秀和)、春田(田中圭)を巡るラブバトル参戦 意味深予告に視聴者混乱「泥沼」

俳優の田中圭が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ』(毎週土曜よる11時15分~)の第3話が5日、放送された。第4話(12日放送)の次回予告に反響が寄せられている。<※以下ネタバレあり>
眞島秀和/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
眞島秀和/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日

新感覚の純愛ストーリー「おっさんずラブ」

吉田鋼太郎、田中圭/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
吉田鋼太郎、田中圭/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
同作は、2016年の年末深夜に単発ドラマとして放送され、ネット上でも話題を呼んだ“抱腹絶倒の胸キュン・コメディー”を連続ドラマ化した新感覚の純愛ストーリー。

主人公のモテない独身男・春田創一(田中圭)を、ピュアな乙女心を持つ上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とイケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)が取り合うという“全員男”のカオスなコメディーながら、名役者たちの熱演と純愛ストーリーが話題沸騰中だ。

「おっさんずラブ」これまでのあらすじ・反響をチェック


武川主任(眞島秀和)もはるたん(田中圭)狙い?予告に混乱

田中圭主演「おっさんずラブ」第3話見どころカットをみる


林遣都、眞島秀和、田中圭/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
林遣都、眞島秀和、田中圭/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
第3話はさらに恋愛関係が複雑に発展。営業所の主任・武川政宗(眞島秀和)に何かと牧が絞られる姿を見て心配した春田は、自分のことはそっちのけで、牧の相談に乗ろうとする。だが、牧は何も打ち明けてくれず、逆に突き放されてしまう。


主任の謎めいた行動が視聴者をざわつかせが、ラストに流れた次回予告では、『第三の男』と題し、武川がマウスを操る春田の手に自らの手をそっと重ねて肩を抱き寄せたり、怪我をした春田を看病したりするシーン、「俺ならあいつと違ってお前を傷つけたりしない」という武川の台詞、そして『動き出した、第三の男』というテロップが。

眞島秀和、林遣都、田中圭/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
眞島秀和、林遣都、田中圭/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
第3話で牧との間に関係を匂わせていた武川が、黒澤部長、牧による春田争奪戦に参加すると予想できる展開に、視聴者からは「泥沼過ぎるwww」「主任はるたんだったの!?」「はるたんモテすぎ」「次回が気になりすぎて無理」「なんか六角関係くらいになっててやばいwww」「主任の色気がすごいよ…」と混乱の声が殺到。「個人的には主任→牧ルートが良いんだけど牧くんに嫉妬させるためとか?」「主任は牧くん狙いだと思ったのに!」と武川は牧を思っているという予想も根強くあった。

前クールのフジテレビ系ドラマ『隣の家族は青く見える』でも北村匠海と男性同士のカップル(“わたさく”)を演じ、人気を集めたことも記憶に新しい眞島。初回からラブバトル参戦を期待する視聴者がいたため、「わたるん(以前の役名)には朔ちゃんがいるのに!」「わたるんが浮気してる!許せん(違う)」と作品を混同して盛り上がる事態となっている。

眞島秀和、田中圭、金子大地/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
眞島秀和、田中圭、金子大地/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
なお、公式によると武川主任のキャラクターは、「近寄りがたい雰囲気を放つ、独身貴族。細かく潔癖症な節があり、デスク周りをミニほうきで執拗に掃除したり、飲み会でも常にテーブルを拭いていたりする。仕事のミスを叱咤されることはあるが、未曽有の状況に追い込まれている春田にとっては、わりとまっとうな上司。結婚には興味がないと豪語するが、その私生活はよく見えず、どこか謎めいている」…とのことだ。

上裸のはるたん(田中圭)、牧にバックハグ

林遣都、田中圭/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
林遣都、田中圭/「おっさんずラブ」第3話より(C)テレビ朝日
また、予告では上半身裸の春田が、部屋を出ていこうとする牧を後ろから抱き、引き止めるシーンも。「予告だけで発狂してる」「もうお腹いっぱい」「裸であすなろ抱きはかっこよすぎ」「1週間待てない」と怒涛の展開にやきもきしている人が続出していた。(modelpress編集部)

田中圭主演「おっさんずラブ」第3話見どころカットをみる


情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「おっさんずラブ」主任(眞島秀和)、春田(田中圭)を巡るラブバトル参戦 意味深予告に視聴者混乱「泥沼」
今読んだ記事

「おっさんずラブ」主任(眞島秀和)、春田(田中圭)を巡るラ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事