ジュノンボーイグランプリに選ばれる“決定的な理由”とは?“同期”市川知宏&渡部秀が分析<渡部秀 アクターズ・レイディオ>

「仮面ライダーオーズ/OOO」「科捜研の女」などで活躍する俳優の渡部秀(わたなべ・しゅう)の自身初となる冠ラジオ番組「渡部秀 アクターズ・レイディオ」(JFN PARKにて、隔週月曜あさ10時よりストリーミング配信)Vol.03が30日より配信。俳優の市川知宏がゲスト出演した。
「渡部秀 アクターズ・レイディオ」に市川知宏(左)がゲスト出演(提供写真)
「渡部秀 アクターズ・レイディオ」に市川知宏(左)がゲスト出演(提供写真)

市川知宏&渡部秀、ジュノンボーイ同期が秘話を語り合う

現在放送中のドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜よる11時59分)で共演する2人は、「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」(2008)でそれぞれグランプリ(市川)と準グランプリ(渡部)を受賞した“同期”。序盤からリラックスしたトークの中で、コンテストを受けた当時の秘話が続々と飛び出す。

当時まだ秋田に住んでいた渡部は「国を背負って来てるみたいな…(笑)」とコンテストを受けるために東京に来た時の心境を振り返り「これで負けて帰ったらどうしよう、笑って帰れねえな」という並々ならぬプレッシャーがあったと語る。一方で東京出身の市川は元々芸能界への興味が薄く、応募した動機も男友達と「みんなで受けようぜ」というノリだったと回顧。

またイベントでの最終審査は東急ハンズの手品コーナーで揃えたグッズで臨んだ市川。ハンカチがステッキに変わる手品で、最後にハンカチが少しはみ出してしまうという失敗があったが、それに本人が気づいていない様子が「(会場で)めちゃくちゃウケてた」と振り返る渡部。「それが市川のすごさだったんだよ」と“天然”が合格の決め手だったと推測すると、市川も「ジュノン編集部は人生においてリラックスが大事って伝えたかったんだよ(笑)」と話す。

「素朴さ」「抜け感」が決め手だった?

また都会に強い憧れを持っていた渡部からすると、当時の市川は「都会なのに田舎っぽい」という印象があったといい「総じて言えることは“素朴さ”だよね。ジュノンはそれだと思う」と分析。さらに渡部が「もう一個グランプリとった大きな要因を思い出した!(最終審査の手品を)制服で出たことだよ」と印象的だったことを振り返ると、「あれは着る服なかったんですよ」と笑う市川。「俺なんかゴリゴリの袴着たもん(笑)。びっしりハチマキまで巻いたからね」(渡部)、「(大事なのは)抜け感かな」(市川)と対照的な魅力の1位、2位だった。

市川知宏、渡部秀(提供写真)
市川知宏、渡部秀(提供写真)
このほか「イチカワタナベ」でリスナーから募集した質問に答えるコーナーも。“今だから言えること”として渡部が「当時俺に対して冷たかったでしょ」と打ち明ける一幕もあり、お互いに“丸くなった”内面の変化を語り合っている。

次回Vol.04も市川がゲスト出演する。(modelpress編集部)

「渡部秀 アクターズ・レイディオ」視聴方法

アプリ「JFN PARK」をダウンロード&会員登録、「オススメ番組」→渡部秀 アクターズ・レイディオ→音声コンテンツをチェック

渡部秀(わたなべ・しゅう)プロフィール

「渡部秀 アクターズ・レイディオ」 (C)モデルプレス
「渡部秀 アクターズ・レイディオ」 (C)モデルプレス
生年月日:1991年10月26日
出身地:秋田県
身長:180cm
特技:陸上競技全般、サッカー、水泳、柔道
趣味:映画鑑賞、ラジオ、DIY、コーヒー、韓国語、一人旅

2008年「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」準グランプリ受賞。2010年、「仮面ライダーオーズ/OOO」で主演を果たし、同作で映画初主演を飾るなど現在も俳優として活躍中。その他の出演作にドラマ「純と愛」「科捜研の女」、映画『進撃の巨人』『BRAVE STORM ブレイブストーム』『シュウカツ2』『おみおくり』などがある。ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜よる11時59分)に佐山大輔役でレギュラー出演中。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ジュノンボーイグランプリに選ばれる“決定的な理由”とは?“同期”市川知宏&渡部秀が分析<渡部秀 アクターズ・レイディオ>
今読んだ記事

ジュノンボーイグランプリに選ばれる“決定的な理由”とは?“同期…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事