けやき坂46・舞台「あゆみ」見どころ、メンバーは“犬役”にも挑戦<会見全文>

【けやき坂46/モデルプレス=4月20日】欅坂46の妹分的存在である、けやき坂46(通称:ひらがなけやき)の初舞台「あゆみ」公開ゲネプロが20日、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて行われ、その後、メンバーが囲み取材に応じた。
けやき坂46・舞台「あゆみ」見どころ、メンバーは“犬役”にも挑戦<会見全文>(C)モデルプレス
けやき坂46・舞台「あゆみ」見どころ、メンバーは“犬役”にも挑戦<会見全文>(C)モデルプレス
会見には井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高瀬愛奈、東村芽依、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂(以上チームハーモニカ)、柿崎芽実、影山優佳、佐々木美玲、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより(チームカスタネット)が出席した。

けやき坂46 初舞台公演「あゆみ」

けやき坂46(C)モデルプレス
けやき坂46(C)モデルプレス
題材は2010年「わが星」で岸田國士戯曲賞を受賞した劇団ままごとの柴幸男の代表作「あゆみ」。目には見えない時間の道を歩く『あゆみ』という一人の女性の人生を描き、10人で1役(あゆみ)を演じるという個性的なスタイルをとる。

けやき坂46の20名がチームハーモニカとチームカスタネットに分かれ、2チーム制で上演。ポップな歌も無く、煌びやかな衣裳替えも無い、そして舞台上にはシンプルなセットのみ。舞台に登場してからは出入りも無く、10人全員が舞台上に立ち続ける。

けやき坂46メンバー意気込み

加藤史帆、齊藤京子(C)モデルプレス
加藤史帆、齊藤京子(C)モデルプレス
東村:私は普段、声が小さいと言われるので大きい声を出して頑張ります。

加藤:20人で全員で支え合って、最終日まで全力で頑張ります。

齊藤:けやき坂46に入ってお芝居をするのは2回め。ドラマの時は怒鳴る役だったが、今回は全く違うのでどんな役でも出来るように頑張ります。

潮:色んな役をやらせていただくので、一つ一つの役が皆さんに伝わるよう一生懸命頑張ります。

高瀬:私は舞台がもともと好きだったので、このような機会を頂けてすごく嬉しいです。初舞台なので不安もあるんですけど、きていただいた皆さんの心に残るような舞台にしたいです。

宮田:演技をするのは初めてなので、色々な役がありますが、それになりきってできるように頑張りたいと思います。

松田:見に来てくださったお客さんがもう一度来たいと思えるような舞台にできるように自分らしく頑張りたいと思います。

渡邉:沢山の方々に涙してもらえるような迫力のある演技、舞台にしていきたいと思っております。

渡邉美穂 (C)モデルプレス
渡邉美穂 (C)モデルプレス
井口:初めての舞台で緊張してセリフが飛ばないかなど不安は一杯ありますが、集中してミスしないで乗り切りたいです。

佐々木(久):初舞台ですが見に来てくださった方が何か感じてもらえるような、そんな舞台に20人でしていきたいです。

富田:今回、真っ白な衣装に真っ白ステージで、私達の色を出せる舞台になっていると思うので、千秋楽まで頑張っていきたいです。

丹生:演技をすることが好きなので、舞台が出来てとても嬉しいです。各々の役を通し、見てくださる方に気持ちを伝えたいです。20人で頑張ります。

小坂:演技がとても好きなので、自分らしい演技を見せられるよう全力で最後まで頑張りたいと思います。

高本:カスタネットで最年長になってしまったので、皆を引っ張っていけるよう頑張りたいと思います。

佐々木(美):初舞台なので緊張しているのですが、一つ一つにの役を大切に演じられたら良いなと思います。

柿崎:「あゆみ」を見て、沢山の方に感動を届けられるように一生懸命頑張ります。

影山:もともと女優志望だったので、今回、舞台を経験させて頂く事ができて、本当に嬉しいです。私個人としてもひらがなけやきとしても次の一歩につながるような舞台になるよう20人全員で一生懸命頑張ります。

河田:この舞台を通じて、演技の楽しさに気づけたので本番でも楽しんで出来たらいいな、と思います。

金村:この舞台は「あゆみ」という1人の少女を各チーム10人毎で演技するのですが、それぞれの役の年齢や性別などが分かるような演技が出来たらいいな、と思います。

濱岸:いつも声が小さいと言われるので、ハキハキ喋れるように頑張ります。

― 初舞台に挑戦することを聞いた時の心境は?

けやき坂46(C)モデルプレス
けやき坂46(C)モデルプレス
加藤:初めて聞いた時は「嘘でしょ。出来ない」と思いました。舞台について何もしらなくて怖いとか不安とかそういうことしか考えられなかったです。でも本格的に稽古がはじまると、演出家のムックさんを始めとするスタッフさんが丁寧に指導してくださって。あと20人で支え合って稽古期間を過ごせたので、仲も深まったし、すごく今は舞台をやっていてとても楽しいと思えるので、今回このような機会を与えてくださったことに感謝しています。

潮:初めての舞台ということで、正直とても驚いて口がぽかーんとなって…。何も言葉が出なかったんです。初めてということで不安も大きく色々な感情が生まれましたが、昨年ドラマをさせていただいて演技の楽しさを学びました。ジャンルは違いますが演技やお芝居が出来て嬉しかったですし、わくわくな気持ちでした。こういう素敵な機会を頂けて感謝の気持ちで一杯です。

― 苦労した点はありますか?

けやき坂46(C)モデルプレス
けやき坂46(C)モデルプレス
渡邉:「あゆみ」はダブルキャストで10人ずつ出演していますが、必ず1人2役以上あって、人によって犬や幼児、男性、女性、と年齢や性別問わず色んな役があるので、各シーンごとに違う役や感情を切り替えることが難しかったです。あとは背格好や声質で特徴を伝え、一瞬で見ている方に理解してもらうため、体を使った表現することにも苦労しています。

佐々木(美):私も(渡邉)美穂が言っていたように1人が何役も演じるので、同じ動作を入れたり工夫するのが難しかったです。今の年齢ではなく小さい頃やおばあちゃんの役もありましたし、性別が違う役もあったので。それに最低でも大きな声をだして、そこからボリュームを上げていくのが難しかったです。

― 実際に席に人がいる状態で演技されたのは初かと思いますが、感想はどうですか?

けやき坂46(C)モデルプレス
けやき坂46(C)モデルプレス
佐々木(久):初見の方が見てくださるのは、今日が初めてだったので始まる前は緊張してしまって。自分たちは何回も通してやっているのですが、初めての人がどう感じるか不安でした。ですが、皆さんが見入って下さったのが私達も分かったので、さらに気合が入り今までで一番良い舞台ができたと思います。まだ何公演もあるので、これからもっと舞台を成長させられたら良いなと思います。

― 渡邉さんが後半フューチャーされていましたが、いかがでしたか?

渡邉美穂(C)モデルプレス
渡邉美穂(C)モデルプレス
渡邉:最後にごめんなさい、と何度も謝るシーンがありますが、今日は本当に申し訳なくなって涙が溢れてしまって。涙が出たのは今日が初めてで、初めて役にのめり込めたと感じられました。千秋楽まで沢山ありますが、のこり全部の公演でも役にのめりこめたら良いなと改めて思いました。

― 1時間半舞台に出っぱなしですが、それはどうですか?

けやき坂46(C)モデルプレス
けやき坂46(C)モデルプレス
影山:舞台をやるときたときは、それぞれ役があって、シーンごとに出たり入ったりすると思っていました。でも実際にはステージのど真ん中でずっと座っていたり、寝ていたりして。今でも1時間以上出ずっぱりというのは違和感はありますが、その分、ずっと集中出来るので、回を重ねるごとに気合が入りました。なので、逆にモチベーションを上げてくれるような仕掛けになっているので、ぜひ中の人もお芝居の中の人として存在しているので、そういうところも注目していただきたいです。でも、ずっと緊張しっぱなしなので汗とかすごくて(笑)。それに私はドライアイなのですが、目薬もさせなくて困っています。

― 稽古はどのくらいやったんですか?

高本:稽古は3月12日からはじめました。毎日朝からやってました。でも私は行きに毎回、海を眺めていけたのでそこで心を洗われました。東京湾かな(笑)?

― 役が変わっていくが変わることは難しくなかったですか?

齊藤京子(C)モデルプレス
齊藤京子(C)モデルプレス
齊藤:難しかったです。老若男女やりましたが、私は少女なので、色んな役をやるのは難しかったです。いきなり年齢が変わるので切り替えが難しかったです。今でも慣れてませんが、お母さん役の時は「あら~」の語尾を伸ばすようにしました。

― こんがらがったりしませんでしたか?

齊藤:以前、ドラマで怒鳴る役をやったので、最初やった時に「お母さんはキレてるんですか」って言われてしまいました(笑)。

― ほかに難しかったことはありますか?

松田:出ずっぱりで、ぐるぐる回っている舞台なので、入れ替わりで2つのシーンが存在する状態があるんです。1つのシーンが終わったら、反対側でセリフが始まるようにしてお客さんを飽きさせないような仕組みになっています。なので、どこで立って、どこで移動するのか、など立ちふるまいを細かく考える事は難しかったです。それに、ずっといるのでほかのメンバーのセリフも覚えてしまったり。楽屋でもほかの子のセリフを言えるくらい染み付いていました。

― 松田さんは犬役もやられていましたね。

松田好花(C)モデルプレス
松田好花(C)モデルプレス
松田:犬は飼ったこともなかったので、動きも分からず動画でみたり、役者さんが見本でやってくれたのを参考にしたり、自分は犬だと思い込んで楽しみながらやっています。

― 佐々木(久)さんも犬役がありました。

佐々木久美 (C)モデルプレス
佐々木久美 (C)モデルプレス
佐々木(久):私は身長が1番高いので絶対犬ではないだろうと思っていましたが、まさかの犬役になってしまって(笑)。仕草などを動画などで研究しました。(松田)好花ちゃんは小型犬だけど、私は大型犬にみえるってスタッフさんに言われて(笑)。同じ犬の役なので、同じように見せるのが難しかったです。

― お気に入りのシーンを教えて下さい。

柿崎:私に子どもが出来ておもちゃに走っていくシーン。高瀬(愛奈)の動きが特徴的で自然と笑顔になれるのですごく好きです。

加藤:寝転がるシーンがあって、そこは唯一休めるのでとても好きです(笑)。

― パンフレットには「もう妹分、アンダーなんて言わせない…どの坂だって越えてみせる!」と書かれていますが、越えられそうですか?

けやき坂46(C)モデルプレス
けやき坂46(C)モデルプレス
佐々木(久):私達の位置づけがまだいまいち決まってなくて。漢字さん(欅坂46)はみなさん、クールなイメージを持たれていると思いますが、もう1つチームがあってハッピー担当が私達だと思っています。「漢字さんに比べたら、まだ知名度も低いし、成し遂げてきたことも少ないですが、(今回の舞台が)私達の良さをもっと色々な人に知ってもらえる1つのきっかけ、チャンスになればいいな、と思っています」


「あゆみ」

けやき坂46初舞台「あゆみ」メインビジュアル(提供写真)
けやき坂46初舞台「あゆみ」メインビジュアル(提供写真)
【劇場】AiiA 2.5 Theater Tokyo
【脚本】柴 幸男(ままごと)
【潤色・演出】赤澤ムック
【公演日程】2018年4月20日(金)~5月6日(日)
【出演者】けやき坂46
(一期生)井口眞緒 潮紗理菜 柿崎芽実 影山優佳 加藤史帆 齊藤京子 佐々木久美 佐々木美玲 高瀬愛奈 高本彩花 東村芽依
(二期生)金村美玖 河田陽菜 小坂菜緒 富田鈴花 丹生明里 濱岸ひより 松田好花 宮田愛萌 渡邉美穂 

<チームハーモニカ>
井口眞緒 潮紗理菜 加藤史帆 齊藤京子 佐々木久美 高瀬愛奈 東村芽依 松田好花 宮田愛萌 渡邉美穂

<チームカスタネット>
柿崎芽実 影山優佳 佐々木美玲 高本彩花 金村美玖 河田陽菜 小坂菜緒 富田鈴花 丹生明里 濱岸ひより



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - けやき坂46・舞台「あゆみ」見どころ、メンバーは“犬役”にも挑戦<会見全文>
今読んだ記事

けやき坂46・舞台「あゆみ」見どころ、メンバーは“犬役”にも挑…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事