波瑠、意外な“日課”明かす 学生時代のエピソードも<未解決の女 警視庁文書捜査官>

参照回数:45,962

【波瑠/モデルプレス=4月16日】女優の波瑠が16日、テレビ朝日系木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(毎週木曜よる9時/19日スタート)制作発表記者会見に登壇。出演する鈴木京香沢村一樹工藤阿須加、山内圭哉、高田純次光石研遠藤憲一、脚本の大森美香氏らとトークを繰り広げた。
波瑠 (C)モデルプレス
波瑠 (C)モデルプレス
撮影現場の様子として「私の現場に行った日の日課として、遠藤さんが昨日召し上がられたスイーツを聞く、というものがあるんです。『昨日は何を食べたんですか?』と聞くと大体安定した答えが返ってくるので(笑)」と明かした波瑠。この日はまだ聞いていなかったそうで、その場で聞く流れとなり、遠藤は「昨日はプリンです。最近甘い物にハマっちゃって。それがバレちゃっていて」と照れ笑いで回答。続けて「こないだはおはぎ食べていました」と波瑠が明かすと遠藤は「いままで、もなかが大嫌いだったんです。でもこの前食ってみたらすげえうまくて!体質が変わっちゃいました。すげえうまい」と満面の笑みで語った。

遠藤憲一 (C)モデルプレス
遠藤憲一 (C)モデルプレス
さらに作品にちなみ、文字に関するエピソードを問われると波瑠は「中学生の頃、携帯電話でのメールが普及したんです。友達との付き合いのなかに、文字だけのやり取りが出てきて、そのなかで自分が思ったように伝わらなかったり相手の言いたいことが上手く汲み取れなかったり。顔が見えないやり取りの難しさを感じたのを覚えています」と振り返った。

波瑠「どうにかこうにか頑張っています」

波瑠 (C)モデルプレス
波瑠 (C)モデルプレス
また「素晴らしい先輩に囲まれて引っ張ってもらうばかりの毎日で、どうにかこうにか頑張っています」という波瑠は、本作でアクションシーンもそうでないシーンでも動いているシーンが多いそうで「備えて、よく食べてよく寝るようにしています」とにっこり。「この物語の軸になっているのは、過去の未解決事件を解決していくことなのですが、演じていて、過去のことって色あせているようで、感情の部分では、憎しみや悲しみが濃くなっている事もあるんだなあ、それに寄り添う気持ちって偉大だな、と感じました。この物語を見てくださる方に何か勇気を与えることができればいいな、と思いながら毎日頑張っています」と笑顔でアピールした。

波瑠 (C)モデルプレス
波瑠 (C)モデルプレス
この日は、お笑いコンビのザ・たっちも登場。3つの文字から2人が書いた文字を当てるというクイズも行われた。(modelpress編集部)

ザ・たっちがクイズを出題 (C)モデルプレス
ザ・たっちがクイズを出題 (C)モデルプレス

未解決の女 警視庁文書捜査官

鈴木京香、波瑠 (C)モデルプレス
鈴木京香、波瑠 (C)モデルプレス
捜査一課「特命捜査対策室」が舞台の今作は、“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決する爽快感あふれるミステリー。一見正反対のタイプな2人の刑事が、バディを組むことで互いの根底に共通するものを見出していく。主演の波瑠は体力と柔術には自信のある肉体派熱血刑事・矢代朋役。鈴木演じる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙役と“バディ”を組む。
(上段左から)山内圭哉、光石研、遠藤憲一、高田純次(下段左から)工藤阿須加、鈴木京香、波瑠、沢村一樹 (C)モデルプレス
(上段左から)山内圭哉、光石研、遠藤憲一、高田純次(下段左から)工藤阿須加、鈴木京香、波瑠、沢村一樹 (C)モデルプレス



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 波瑠、意外な“日課”明かす 学生時代のエピソードも<未解決の女 警視庁文書捜査官>
今読んだ記事

波瑠、意外な“日課”明かす 学生時代のエピソードも<未解決の…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事