高田純次 たかだじゅんじ

「高田純次」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「高田純次」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「高田純次」に関連するモデルプレス記事

高田純次のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

高田純次のプロフィール

高田 純次(たかだ・じゅんじ)

生年月日:1947年1月21日
出身:東京都
血液型:O型

愛称は「純ちゃん」「純じい」「じじい」「Mr適当」「TJ」「ミスター無責任」「テキトー男」。自身の所属事務所であるテイクワン・オフィスの代表取締役も務める。

■人物
・経歴
4歳の時、母親が32歳で病没した後、東京ガス勤務の父親とその再婚相手のいる家庭で育つ。

調布市立第三中学校、東京都立府中高等学校卒業後、東京ガスや弁護士などを志し、現役で明治大学・青山学院大学・法政大学・中央大学を受けるが全て不合格となる。その後一浪し、東京藝術大学・武蔵野美術大学・多摩美術大学・日本大学芸術学部などの美大系や成城大学を受験するがいずれも不合格となり、東京デザイナー学院グラフィックデザイン科へ進学した。学生時代からポスターその他広告媒体をデザイン・制作するアルバイトに励む。

1971年、自由劇場の舞台を見て俳優を志願。同劇団に入団し研究生となる。1年で退団し、イッセー尾形とともに劇団「うでくらべ」を結成するが、半年ほどで解散。

その後結婚したが、劇団の収入では生活できないこともあり、26歳の時に宝石販売会社「トキモト」に入社した。

1977年に「劇団東京乾電池」に入団。サラリーマン生活を捨て、再び劇団の世界へ入ったものの、当初は売れず。妻子を養うために「警察に捕まるようなこと以外の職は、一通りやった」と本人は語っている。

テレビデビューは32歳の時で、『笑点』にてコントを披露した。その後、同劇団の綾田俊樹、ベンガルらと共に『笑ってる場合ですよ!』に出演し、番組内コーナー「日刊乾電池ニュース」で土用波三助と称して出演し一躍知名度を上げる。劇団を離れた後は、主にテレビ番組出演に活動の場を移す。

1985年1月、37歳でテレビドラマ『毎度おさわがせします』(TBS) に出演する。

1988年に出演した中外製薬「グロンサン」(現在はライオンから発売)のCMが話題になり、CMのキャッチコピー「5時から男」で新語・流行語大賞の「流行語部門・大衆賞」を受賞した。

1990年代には、『象印クイズヒントでピント』、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(「純次ダンス」が人気を博した。後述)、『マジカル頭脳パワー!!』など多くのクイズ番組に解答者として出演。『どうぶつ奇想天外!』においては、レギュラー解答者として1993年10月の放送開始から2008年秋までの長きに渡って出演していた。

また、1994年からは中京テレビにて東海地区グルメ情報番組『PS』の司会を務め、同番組は現在でも長寿番組として人気を博している。東海地区では、キリンビールやアサヒビールなどのCMを始め、中京テレビの多くの特番に出演するなど長年懇ろな間柄である。

古希を過ぎた今でもその特異なキャラクターでバラエティ、ドラマなど数多くのテレビ番組で活躍し、コアな人気を博している。

・芸能人として
本業は俳優だがコメディアンとしての側面が強い。各方面から「平成の無責任男」「芸能界一いい加減な男」「元祖テキトー男」などと称される。とりわけバラエティ番組では、“何も考えていないような”その芸風で共演するタレントたちを戸惑わせる。

俳優として映画・ドラマへの出演もしており、主人公の父親・夫役などで重要な役柄を演じることも多くなっている。それも非常にシリアスなストーリー・役柄が多く、バラエティ時とは全く正反対の顔を披露している。例えば、西村京太郎トラベルミステリーでの亀井刑事役やプレイステーションのゲーム『ユーラシアエクスプレス殺人事件』での終始真面目な列車車掌役(重要な役)を演じている。

下ネタが大好きで、OAでは大抵「ピー音」などでマスキングされている。かなり露骨なことを男女問わず共演者に言ったり、ナンパの際にもダンディな口調で暗にアタックする。また、自らも体を張って奇抜な格好をしたり、下着を脱ぐなどその年齢と芸歴をものともしない大胆な行動も得意とする。

広げた右手の親指をおでこの前に持っていき、左手は後ろに伸ばし、右の手のひらを「ヒラヒラ」させながら、ロデオの馬のように激しく足をバタバタさせてくるくる回る「純次ダンス」が得意技。他、前かがみになり両手を前に出して手指をヒラヒラさせ、ピコピコと後進する場面も多い。渡辺正行はこの行動に関して「あれは喜びを表現しております」と、解説している。

番組収録中に意味もなく脱ぐことでも有名だが、ほぼお蔵入りになる。

ひとしきりしゃべった後、他の出演者と全く絡まずにボーッとしていることがあり、この状態を「高田電池切れ」と言う。このために「充電」と称して、収録中であるにもかかわらずスタジオを退室してしまうことがある。
『踊る!さんま御殿!!』や『うたばん』で、電池切れになって本番中に寝ていたことがある。さらに、『快傑熟女!心配ご無用』では、パネラーの激しいやりとりの最中に立ったまま居眠りをしていたところを和田アキ子に突っ込まれている。

トーク・バラエティ番組の冒頭場面(いわゆるつかみ・フリの部分)で唐突に話し始め、番組進行を脱線させる。明石家さんまは「純ちゃんの話は足踏みトークなんですよ」と評している。しかし、さんま自身もこの類いのネタを高田に期待している部分もある。

一方で『金子柱憲・高田純次ゴルフの王道』の収録では終始真面目にゴルフをしており、エンディングのトークコーナーでも余計なことは言わない。共演者と全く絡まずに、ボーッとしていることもある。だが、番組で共演している金子柱憲プロに関しては、よく他の番組で悪口を言っている。

・私生活
子供の頃は近所の人たちから神童と呼ばれていたと言われ、中学時代までは成績はトップクラスであったという。
高校時代のあだ名は「国領のニワトリ」。
都立府中高校に在籍していたため1968年に起きた三億円事件の容疑者として名前が上がったことがある[9](事件とは無関係)。
夫人との間に二女がおり、1983年には花王や、エバラ焼肉のたれのCMに一家揃って出演した。長女は「TAGE」(タージュ)のデザイナー、次女はアルバイトをしながら美術活動(銅版画作家)をしていると話している。また、孫もいる。
車好きとしても有名。現在はアストンマーティン・DB9を所有。またフォルクスワーゲン・トゥアレグW12に乗っているとも話している。そして「時速800kmで衝突した」と話す。
ダイヤモンド鑑定士の資格を持つ。そのためダイヤモンドなどの宝石の価値、デザイン、原価・販売価格に関して「高田節」を交えつつ話し、バラエティ番組などではその技術力に対し一定の評価を得ることもある。
古希を迎えてもなおダンディかつエレガントな印象を与える容姿から、外見だけは女性からの受けもよい。
芸能プロダクションの経営者でもある。一時所属タレントであった麻木久仁子によると、普段はテレビに出ているのと変わらないが、年に1回のギャラ交渉のときだけは一切冗談も言わず、目も笑っていないという。
『多摩川』が本人のパワースポットであり、少年期に遊んだ経験から、人生を見つめ直す今日を語るにあたり「多摩川べりへ行って…」などと述懐することが多い。
尊敬する人物は高田が出演していた『どうぶつ奇想天外!』の司会者みのもんた。理由は高田曰く「飲みに行くと必ず奢ってくれるから」。高田の交友関係で、みのの名前がよく出ることから、お互いに最高の友人と認め合っている。
横尾忠則を『神』と崇めて尊敬している。また近年では『キタムラ』のメンズバッグのロゴマークデザインを依頼されるなど、芸術面に関する造詣の深さを変わらず持ち続けている一面も見せている。
口癖は「~ですよね」「いや意外と」「だって~だから」「すっとこどっこい」「グフッ」「とんちんかん」「あらオシャレだねぇ」など。
高田と同世代から20代にかけての男性達に「高田さんみたいな生き方に憧れる」「高田さんみたいに歳をとれたら最高だ」と言われることが多い。「単に奇抜な格好をしたり適当なことを言っているだけの人」とは思われていない人柄、幅広い人々から愛される生き方をするタイプである。
1970年代に、当時高校生の小川菜摘をナンパしたことがある。
過去にたまたまナンパした相手が娘の同級生だったことがある。
企業の宴会に呼ばれた時、異常な盛り上がり方をしていた宴会を見て「俺、やることないから後は適当に…」と宴会の幹事に告げ、営業を適当に済ませたことがある。

■出演
・テレビ番組
現在の出演番組
ぴったんこカン・カン(2003年4月15日 - 、TBS) - セミレギュラー。
上沼・高田のクギズケ!(2011年1月16日 - 、読売テレビ・中京テレビ)
上沼・高田の死ぬまでにやりたい!大人の極上ハワイ旅(2013年1月4日、中京テレビ) - 上記の派生番組。高田をメインに据えた中京テレビ制作の珍道中番組の1つ。
PS純金(2015年4月3日 - 、中京テレビ)
むちむち!(2015年8月20日 - 、NHK教育テレビジョン)
じゅん散歩(2015年9月28日 - 、テレビ朝日) - 散歩シリーズ第3弾[16]。
SUZUKI presents 極上空間(2017年10月14日・21日、BS朝日)

過去の出演番組
笑点(日本テレビ) - 初めてテレビでコントを行った番組。
笑ってる場合ですよ!(フジテレビ) - 劇団東京乾電池のメンバーとしての出演。土用波三助役。
オレたちひょうきん族(フジテレビ) - ひょうきんベストテンで風見しんご、梅沢富美男、ヒロシ&キーボーのヒロシのものまねをしていた。初代ブラックデビル役。
森田一義アワー 笑っていいとも!(1982年10月 - 1984年9月、フジテレビ)
いやはやなんとも金曜日(1984年4月 - 1985年9月、福井テレビ) - 福井県ローカルのバラエティ番組で、自身初のレギュラー番組。
派手~ずナイト(1984年11月 - 終了時期不明、北海道テレビ) - 北海道ローカルの深夜番組。
天才・たけしの元気が出るテレビ!!→超天才・たけしの元気が出るテレビ!!(1985年4月14日 - 1996年10月6日、日本テレビ)
クイズとっても偉人伝(1984年4月18日 - 1984年5月23日、テレビ東京) - 司会。
マンガ人間抱腹Z!!(1985年7月13日 - 1985年10月12日、朝日放送)
所さんのただものではない!(フジテレビ)
象印クイズ ヒントでピント(1985年5月12日 - 1994年9月25日、テレビ朝日)
3枠 : 1985年5月12日(第298回) - 1989年12月24日(第510回)
2枠 : 1990年1月14日(第511回) - 1994年9月25日(第708回)
11PM(1986年4月 - 1990年3月、日本テレビ) - 月曜の司会担当。後に金曜の司会も兼務(1988年4月 - 1990年3月)。
純ちゃんのごぶサタデー(1986年4月5日 - 1987年9月26日、フジテレビ)
Junji&Chikaの歌の新婚愛ランド(1986年4月6日 - 1986年9月28日、TBS) - 高見知佳と共に司会。
純ちゃん郁恵の自慢じゃないけど(1986年10月13日 - 1987年2月2日、テレビ朝日) - 司会。
所さんの勝ったも同然!!(1986年10月15日 - 1986年12月3日、日本テレビ) - アイキャッチの「勝負はこれから!」を担当。
みんな変わりモノ!?(1987年4月8日 - 1987年9月30日、日本テレビ) - 司会。
パオパオチャンネル(1987年10月 - 1989年9月、テレビ朝日) - 水曜の司会。
ビデオあなたが主役(テレビ朝日) - 不定期出演。
音楽派トゥギャザー(1989年10月12日 - 1989年12月16日、TBS) - 黒柳徹子と共に司会。
噂のCMガール博覧会(1990年 - 2002年放送の正月特番、TBS)
オールスター激突クイズ 当たってくだけろ!(1990年 - 1993年放送の期首特番、TBS)
4時間クイズスーパースペシャル(1990年 - 1999年放送の期首特番、日本テレビ 1996年春まで出場)
クイズおもしろTV(1990年8月7日 - 1990年9月25日、テレビ朝日)
マジカル頭脳パワー!!(1990年10月27日 - 出演期間不明、日本テレビ) - 準レギュラー解答者。所ジョージの代理を務めていた時期もあり。
高田純次のこれで来週も幸せです(1991年4月 - 1992年3月、TBS)
クイズ!その時どうした!!(1991年4月 - 1991年9月、テレビ朝日)
オールスター感謝祭(1991年秋-TBS 18回出場)
クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!(1991年10月30日 - 1994年9月28日、日本テレビ) - 解答者。1993年11月3日放送分では、病気療養中の逸見政孝の代役として司会を担当。
新装開店!SHOW by ショーバイ!!(1994年10月19日 - 1995年9月、日本テレビ) - 解答者。
新装開店!SHOW by ショーバイ2(1995年10月18日 - 1996年9月、日本テレビ) - 解答者。
アッコ・純次の平成TV事典 三匹の子ブタ(1992年4月23日 - 1992年7月2日、テレビ朝日) - 和田アキ子と共に司会。
無敵なカップル!(1992年7月16日 - 1992年9月17日、テレビ朝日) - 和田アキ子と共に司会。
快快!高田病院へ行こう(1992年10月4日 - 1993年3月28日、中京テレビ) - この番組以降、中京テレビと関係ができ、2016年現在も中京テレビの番組に出演し続けている。
テレビ近未来研究所(1992年10月15日 - 1993年3月18日、TBS) - 司会。
大相似形テレビ(1992年10月24日 - 1992年12月26日、日本テレビ)
元旦まで感動生放送!史上最大39時間テレビ「ずっとあなたに見てほしい 年末年始は眠らない」(1992年末 - 1993年1月1日、TBS) - 総合司会。
衝撃の映像クラッシュ(1993年 - 2001年4月20日、TBS) - 楠田枝里子と共に司会。
ARIGA-10(1993年4月 - 1993年12月、TBS)
純・メッキ(1994年1月 - 1994年3月、TBS)
どうぶつ奇想天外!(1993年10月16日 - 2008年9月、TBS) - 解答者。
P.S.愛してる!(1994年4月10日 - 2001年9月30日、中京テレビ) - 上沼恵美子と共に司会。
史上最強1000問対決!クイズで敵をぶっつぶせ!CRASH(1996年1月5日、フジテレビ) - 司会。
バリキン7 賢者の戦略(1996年10月17日 - 1997年9月11日、TBS)
梅辰どんぶり亭(1997年頃[17] - 2006年、中京テレビ)
快傑熟女!心配ご無用(1997年4月15日 - 2000年9月、TBS) - 和田アキ子と共に司会。
どっちの料理ショー(読売テレビ、6連勝)
男3人ブラ珍クイズ旅(1998年、TBS)
高田・久本・ビビアン 最強の料理人を探せ!!(1998年頃[17] - 2002年、中京テレビ)
高田・久本・ユンソナ 最強の料理人を探せ!!(2004年9月23日、中京テレビ)
金子柱憲・高田純次ゴルフの王道(1998年4月4日 - 2006年9月3日、テレビ東京)
ガチンコ! (TBS) - 主に「ガチンコ!晩餐会」などのコーナーに隔週で登場。
あんたにグラッツェ!(2001年4月4日 - 2002年9月25日、中京テレビ)
高田・大竹・渡辺のオヤジ三人旅(2001年3月 - 2009年2月1日、中京テレビ) - 年に1回ほどのペースで放送されていた関連特番。
あんグラ★NOW!(2002年9月30日 - 2004年3月24日、中京テレビ)
新常識クイズ!目からウロコ(2001年4月16日 - 2001年9月17日、フジテレビ)
PS(2001年10月14日 - 2013年3月31日、中京テレビ) - 司会
わけありバラエティー みんなのヒミツ(2001年10月22日 - 2002年2月18日、フジテレビ)
小倉・高田の55BOYS(2002年7月 - 12月、テレビ東京)
島田紳助がオールスターの皆様に芸能界の厳しさ教えますスペシャル!(2004年、読売テレビ)
高田トラベル(2006年 - 2010年、中京テレビ)- 毎年8月に放送。高田が案内人となり、みのもんたを1泊2日の旅行に接待する珍道中番組。
グラドル女学院(2006年、BSフジ)
ベリーベリーサタデー!(2006年10月 - 2007年3月、関西テレビ)
R-1ぐらんぷり2007(2007年2月18日、関西テレビ) - 審査員。
AKB1じ59ふん!(2008年1月24日 - 3月27日、日本テレビ)
恐怖のアポなし訪問者 和田アキ子の今晩泊めろよコノヤロー!(2008年3月27日、TBS)
恐怖のアポなし訪問者 和田アキ子の今晩絶マジで泊まるぞコノヤロー(2008年9月30日、TBS)
AKB0じ59ふん!(2008年4月7日 - 5月26日、日本テレビ)
情報ライブ ミヤネ屋(2008年5月1日 - 2011年頃、読売テレビ) - 「高田タクシー観光」にVTR出演(不定期だが、木曜日に放送されることが多い)。
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけない新聞社24時(2008年12月31日、日本テレビ) - 編集長キャップ。
たった一言で大爆笑 笑撃!ワンフレーズ(2008年10月2日・2008年10月25日・2009年1月2日、TBS)
人生もっと満喫アワー トキめけ!ウィークワンダー(2008年10月17日 - 2009年2月6日、フジテレビ)
笑撃!ワンフレーズ(2009年3月27日 - 2010年9月16日、TBS)
地頭クイズ ソクラテスの人事(2009年4月2日 - 2009年9月17日、NHK総合テレビ)
愛の修羅バラ!(2009年4月5日 - 2010年12月26日、読売テレビ・中京テレビ)
魔女たちの22時(2009年4月21日 - 2011年3月22日、日本テレビ)
テキトー男3人旅(2010年 - 2012年、中京テレビ) - 毎年1月4日に放送。高田と山崎弘也(アンタッチャブル)がゲストと共に旅をする珍道中番組。
和田アキ子のニッポン爆笑珍道中!!高田マネージャー付き(2011年8月14日・2012年7月28日、2013年8月10日、中京テレビ)
(株)世界衝撃映像社(2010年10月16日 - 2011年3月5日、フジテレビ)
爆笑!大日本アカン警察(2011年5月8日、フジテレビ)
アジアHOTプレス!(2011年10月22日 - 2012年9月22日、トゥエルビ)
高田純次の年金生活(2012年4月8日 - 2013年3月24日、BSジャパン)
高田純次のアジアぷらぷら(2012年10月7日 - 2015年10月4日、TwellV)
高田純次 ザキヤマ テキト~旅(2014年1月4日、中京テレビ) - 高田と山崎弘也(アンタッチャブル)が女性ゲスト(2014年は土屋アンナ)とともに旅をする珍道中番組。
PS三世(2013年4月7日 - 2015年3月29日、中京テレビ)
高田純次のセカイぷらぷら(2015年10月11日 - 2017年3月26日、TwellV)

・テレビドラマ
少年ドラマシリーズ「ぼくとマリの時間旅行 第3話「ぼくらのウラトレマン」(1980年8月14日、NHK) - 非行乳児 役
翔んだカップル(1981年、フジテレビ)
他人家族(1982年、テレビ朝日)
天まであがれ!(1982年、日本テレビ)
銀河テレビ小説(NHK)
「夢見る頃を過ぎても」(1983年1月)
「まんが道」(1987年11月17日 - 1987年12月5日) - 佐藤記者 役
あとは寝るだけ(1983年、テレビ朝日) - 刑事 役
AカップCカップ(1983年4月20日 - 1983年8月31日、テレビ東京) - 明智 役
月曜ドラマランド(フジテレビ)
「ぐうたらママ1」(1983年7月4日)
「とことんトシコ1」(1983年11月28日)
「とことんトシコ2」(1984年5月7日)
「いたずらキャンバスギャル・突撃としこ」(1984年11月19日)
「豆姫さま漫遊記2」(1984年12月3日)
「仮面の忍者 赤影」(1985年8月26日) - 青影 役
「ガクエン情報部H.I.P.」(1987年9月21日) - 早乙女十三 役
噂のポテトボーイ(1983年、TBS)
2人の女シリーズ・1 危険なふたり(1984年6月15日、TBS)
林真理子の星に願いを(1984年、TBS)
クルクルくりん(1984年4月27日 - 1984年9月21日、フジテレビ) - 校長先生 役
毎度おさわがせします(1985年1月8日 - 1985年3月26日、TBS) - 黒木巌 役
水曜ドラマスペシャル(TBS)
「女コロンボ危機一髪」(1985年7月17日)
「遊びの時間は終らない」(1985年9月18日)
赤い秘密(1985年、TBS) - 四谷のおじさん 役
妻たちの課外授業(1985年 - 1986年、日本テレビ)
新・熱中時代宣言(1986年、日本テレビ)
妻たちの課外授業II(1985年 - 1986年、日本テレビ)
妻の知らない夫の顔(1986年、TBS)
ドラマ23「不倫のマドンナたち」(1987年12月21日 - 1987年12月24日、TBS) - 野中 役
総務部総務課山口六平太(1988年7月25日 - 8月12日、NHK) - 有馬貴臣 役
お待たせ必殺ワイド 仕事人vs秘拳三日殺し軍団 主水、競馬で大穴を狙う!?(1988年) - 長谷川平蔵 役
ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟(1989年3月21日、TBS) - 音響マン 役
ドラマチック22「高田純次の無責任社員物語」(1990年1月27日・1990年7月7日・1991年1月5日、TBS)
月曜ドラマスペシャル→月曜ミステリー劇場→月曜ゴールデン(TBS)
「くんずほぐれつ」(1992年5月25日)
「税務調査官・窓際太郎の事件簿1・2・3」 - 小山田 役
陰の季節シリーズ(2000年 - 2004年) - 神奈川県警警務部長・大黒克己 役
自治会長・糸井緋芽子社宅の事件簿シリーズ(2001年7月23日 - 2009年2月16日、TBS) - 糸井章太郎 役
「税務調査官・窓際太郎の事件簿20」(2010年3月22日) - 小山田 役
「北海道警察 巡査の休日」(2011年10月24日) - 長沼行男 役
南くんの恋人(テレビ朝日、1994年1月10日 - 1994年3月21日) - 南隆之 役
世にも奇妙な物語「蟹缶」(フジテレビ)
積木くずし崩壊、そして…(1994年4月5日、テレビ東京) - 泉信隆 役
天国のkiss(1999年7月12日 - 1999年9月13日、テレビ朝日) - 御手洗貴 役
A side B(2001年7月1日 - 2001年12月23日、BS-i)
一番大切な人は誰ですか?(2004年10月13日 - 2004年12月15日、日本テレビ) - 久内圭策 役
和田アキ子 特別企画ドラマ ザ・介護番長(2005年4月7日、TBS)
ギャルサー(2006年4月15日 - 2006年6月24日、日本テレビ) - 土谷守 役
土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
「棟居刑事の純白の証明」(2007年2月10日) - 塩山喜一 役
西村京太郎トラベルミステリー「山陽・東海道連続殺人ルート!」(2008年9月27日) - 山内元警部 役
「ぽっかや(温泉医)事件カルテ(7)」(2009年3月21日) - 三宅良治 役
西村京太郎トラベルミステリー(2012年11月3日 - 、第58作以降) - 亀井定夫刑事 役
冗談じゃない!(2007年4月15日 - 2007年6月24日、TBS) - 杉田修造 役
歌姫(2007年10月12日 - 2007年12月21日、TBS) - 岸田勝男 役
華麗なるスパイ(2009年7月18日 - 2009年9月26日、日本テレビ) - 平原源一 役
わが家の歴史(2010年4月9日 - 2010年4月11日、フジテレビ)
ゴーイング マイ ホーム 第5話(2012年11月13日、関西テレビ) - 本人 役
金曜プレステージ(フジテレビ)
「深川東署・特命人情捜査班 朝田真平」(2014年7月18日) - 中村圭一 役
ようこそ、わが家へ(2015年4月13日 - 、フジテレビ) - 八木通春 役
重版出来!(2016年4月 - 6月、TBS) - 久慈勝 役[19]
トクチョウの女~国税局特別調査部~(2017年3月4日、フジテレビ) - 国広治 役
トットちゃん!(2017年10月2日 - 12月22日、テレビ朝日) - 井上宏 役[20]
日曜ワイド(テレビ朝日)
「刑事・横道逸郎」(2018年3月11日) - 横道逸郎 役

・テレビアニメ
ワンダフルワールド(tvk)
クレヨンしんちゃん(2017年7月7日、テレビ朝日) - 本人役(『じゅん散歩』とのコラボ企画として。また、同日放送の『じゅん散歩』では同作品の舞台である「春日部(西口)」編にて、主人公の野原しんのすけ〈声:矢島晶子〉がゲストで出演し、ナレーションの一部もしんのすけが担当した。)[21]
・ラジオ番組
現在の出演番組
純次と直樹(2017年4月9日 - 、文化放送) 浦沢直樹と共演[22][23]

過去の出演番組
高田純次のとんがりスタジオ まかせて! 青春(1987年10月 - 1988年3月、ニッポン放送)
高田純次の男・夕焼けまわり道(1991年10月 - 1992年3月、ニッポン放送)
純次・早見のオイシイとこ取り(1995年10月14日 - 1996年10月5日、文化放送)
高田純次・早見優の東京ブロードウェイ(1996年10月12日 - 2001年3月24日、文化放送)
高田純次・河合美智子の東京ブロードウェイ(2001年4月7日 - 2001年10月6日、文化放送)
高田純次・河合美智子の東京パラダイス(2001年10月13日 - 2012年3月31日、文化放送)
高田純次 毎日がパラダイス(2012年4月2日 - 2015年3月27日、文化放送)
高田純次 日曜テキトォールノ(2015年4月5日 - 2017年4月2日、文化放送)

・CM
アサヒビール「名古屋麦酒」
花王「ソフトワンダフル」- このCMで妻・長女・次女と家族揃っての共演を果たした。
中外製薬「グロンサン強力内服液」「グロンサンDX」
中京テレビキャンペーンCM「秋は快快!中京テレビ」(1992年)
ミホミ会社「富士山しずおか銘菓こっこ」(1992年)
日本道路公団
P&G「ジョイ」
キングコモディティ証券
マルヨ水産「かもめちくわ」(東北地方ローカルCM)
サッポロ一番「西洋亭」
エバラ食品「黄金の味」
テレメッセージ広島
キリンビール「麒麟淡麗シリーズ」
全日空
トヨタ自動車「カローラルミオン」(ナレーションのみ)
アサヒ飲料「WONDAザ・ブラック/金の微糖/ゼロマックス/モーニングショット」- 国分太一 (TOKIO) と共演。
森永製菓「ダース」
NHK地上デジタルテレビ放送推進CM「BSデジ樽」
ウィルコム - 共演:佐々木希、蛭子能収 / 佐々木希、速水もこみち / 佐々木希 / 佐々木希、千原兄弟。
サッポロビール黒ラベル「大人エレベーター 64歳編」- 妻夫木聡、岸部一徳と共演。
ZOZOTOWN
BIG「6億円!BIGマン!」- 共演:岡本夏生 ほか。
本田技研工業
「フィットハイブリッド 補助金・免税」編
「ステップワゴン 3列目シート」編
アサヒフードアンドヘルスケア 「クリーム玄米ブラン クリーム玄米部長篇」
国勢調査2015(2015年)- 広報大使も務める[24]
アサヒ飲料「三ツ矢サイダー」(2016年) [25]
参天製薬
「サンテ40」(2012年)
「サンテ メディカルアクティブ」(2016年)
「サンテ メディカル12」(2017年)
東京インテリア家具(2017年)
プラスワン・マーケティング「FREETEL」(2017年)

・映画
Mr.ジレンマン 色情狂い(1979年10月6日)
伊賀野カバ丸(1983年8月6日) - 八木執事 役
スクラップストーリー ある愛の物語(1984年7月14日)
必殺!ブラウン館の怪物たち(1985年6月29日) - 猿走りの純平 役
十手舞(1986年9月20日) - 音止の安 役
KARAOKE-人生紙一重-(2005年5月14日)
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年10月28日)
パビリオン山椒魚(2006年9月16日)
ピアノの森(2007年7月21日)
クリアネス(2008年2月16日)
フライング☆ラビッツ(2008年9月13日)
ホームカミング(2011年3月12日) - 鴇田和昭 役 ※初主演作品

・吹き替え
アイス・エイジ2(2006年4月22日) - ものしりトニー 役
TAXi4(2007年8月25日) - ジベール署長 役

・DVD
実録 パビリオン山椒魚!(2006年8月25日、ジェネオンエンタテインメント) - ナレーション
高田純次 適当伝説 ~序章・勝手にやっちゃいました~(2007年3月21日、ビクターエンタテインメント、VIBY-5076)
高田純次 無責任社員物語 宴会編(2008年11月26日、エスピーオー)
高田純次 無責任社員物語 接待編(2008年12月26日、エスピーオー)
高田純次 無責任社員物語 適当編(2009年1月28日、エスピーオー)
高田純次 適当人生 ~地球の変な歩き方~(2009年6月26日、アミューズソフトエンタテインメント、ASBY-4392)
完全適当版「高田純次のアイドルを探せ!~ケメ子は何処に!~」(2009年7月1日、ポニーキャニオン)
高田・大竹・渡辺のオヤジ三人旅 ~本気で美人看板娘を探せ!! in 草津~(2010年1月27日、バップ)
高田スザンヌ(2010年2月5日、エイベックス・マーケティング)
~高田純次と岡田圭右が適当コラボ~ タカダオカダ 〈適当ドライブ・熱海温泉編〉(2010年6月16日、ポニーキャニオン)

・コンピュータゲーム
ディスクワールド(1996年、メディアエンターテイメント、プレイステーション) - リンス・ウィンド 役(吹き替え)
ユーラシアエクスプレス殺人事件(1998年、エニックス、プレイステーション) - 馬渕亮平 役

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
高田純次を「ウィキペディア」で参照する