長野美郷アナ「めざましどようび」涙の卒業

フリーアナウンサーの長野美郷が31日、キャスターを務めるフジテレビ系情報番組『めざましどようび』(毎週土曜日あさ6時)を卒業した。
長野美郷アナウンサー (C)モデルプレス
長野美郷アナウンサー (C)モデルプレス

長野美郷アナ 「めざましどようび」卒業「かけがえのない経験と思い出」

長野アナは上智大学を卒業後、2009年3月に「めざましテレビ」の5代目お天気キャスターに、2014年4月に「めざましどようび」キャスターに就任。9年にわたり「めざまし」を担当してきた。

番組ラストには笑顔で駆け抜けたこれまでの活躍を振り返るVTRを放送。長野アナは「出演者のみなさんもスタッフの皆さんも本当に仲がよく、毎週楽しみでした」と思い出を振り返り、感極まりながら「4年間お世話になりました。演者のみなさん、スタッフ、視聴者のみなさんのおかげでここまでやってこられました」と感謝を伝えた。

西山喜久恵アナから「太陽ですよ、三郷ちゃん」、佐野瑞樹アナから「抜群の安定感。すべてを任せられた」と称賛を受けると、瞳を潤ませ「かけがえのない経験と思い出をたくさんいただきました。その思い出は抱えきれないほどなんですが、抱えて卒業させてもらいます」と最後は笑顔であいさつした。(modelpress編集部)

長野美郷アナウンサー (C)モデルプレス
長野美郷アナウンサー (C)モデルプレス
長野美郷アナウンサー (C)モデルプレス
長野美郷アナウンサー (C)モデルプレス
情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 長野美郷アナ「めざましどようび」涙の卒業
今読んだ記事

長野美郷アナ「めざましどようび」涙の卒業

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事