坂田梨香子/「CanCam」5月号(画像提供:小学館)

坂田梨香子「CanCam」卒業 葛藤・5年間の思い語る

2018.03.26 20:47
0
0

モデルの坂田梨香子が、発売中の雑誌『CanCam』5月号にて卒業した。誌面では、これまでの葛藤や同誌への思いを語っている。

同誌の「かわいい」というイメージと自身がかけ離れすぎて、はじめは抵抗があったという坂田。「でも、自分を捨ててCanCamに染まってみようと思ってからは、ただがむしゃらでした」と振り返った。

圧倒的な人気を誇る坂田だが、「何年か経ってくると、『かわいい』とほめられることが、逆に負担に。言われる度に、自分の内面が追いついてないんじゃないかって不安になったんです」と笑顔の裏に隠された葛藤があったことを吐露。

しかし、そんなダメな部分も良い部分も見せてきたのが同誌だとし、「そして、足りないことを指摘してくれるから、私にとっては親のような存在かな。つらい日も、CanCamの撮影があれば『居場所がある』と思えた。そのくらい、大切な場所なんです」と特別な思いを語った。

坂田梨香子、5年間で見せた素顔を特集

ほかにも誌面では、2013年5月号から5年間同誌で活躍してきた坂田がスタッフや読者に見せてきた素顔、ファンに向けてのメッセージなどを届けている。(modelpress編集部)

坂田梨香子/「CanCam」5月号(画像提供:小学館)
坂田梨香子/「CanCam」5月号(画像提供:小学館)
情報:小学館

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 春のトレンドファッションは?「CanCam」坂田梨香子が解説
    春のトレンドファッションは?「CanCam」坂田梨香子が解説
    モデルプレス
  2. “特命係長・只野仁”高橋克典、坂田梨香子はオアシス?「唯一優しいヒロイン」
    “特命係長・只野仁”高橋克典、坂田梨香子はオアシス?「唯一優しいヒロイン」
    モデルプレス
  3. 「CanCam」坂田梨香子も感激 武豊と美人妻・佐野量子が奇跡の共演
    「CanCam」坂田梨香子も感激 武豊と美人妻・佐野量子が奇跡の共演
    モデルプレス
  4. 「CanCam」坂田梨香子、初の試みを発表
    「CanCam」坂田梨香子、初の試みを発表
    モデルプレス
  5. 「CanCam」モデルが伝授 注目の夏ファッションとは
    「CanCam」モデルが伝授 注目の夏ファッションとは
    モデルプレス
  6. “世界一幸福な国”フィンランド流ハッピーになれるスポット7選
    “世界一幸福な国”フィンランド流ハッピーになれるスポット7選
    女子旅プレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 馬場良馬&高崎翔太のダブル主演 死刑制度の是非について描かれる、映画『死刑』11・4公開
    馬場良馬&高崎翔太のダブル主演 死刑制度の是非について描かれる、映画『死刑』11・4公開
    2.5ジゲン!!
  2. Sexy Zone中島健人、嵐「Monster」自然な曲振りが話題「テンポが流石」
    Sexy Zone中島健人、嵐「Monster」自然な曲振りが話題「テンポが流石」
    モデルプレス
  3. =LOVE齊藤なぎさ、デヴィ夫人から髪型のアドバイスに「じゃあ切ります」
    =LOVE齊藤なぎさ、デヴィ夫人から髪型のアドバイスに「じゃあ切ります」
    モデルプレス
  4. NCT 127中本悠太、映画の撮影現場は「初めは慣れなかった」音楽活動との違い明かす
    NCT 127中本悠太、映画の撮影現場は「初めは慣れなかった」音楽活動との違い明かす
    モデルプレス
  5. 乃木坂46田村真佑、“番組卒業”中野美奈子アナへ「会えなくなるのが寂しい」別れの言葉贈る
    乃木坂46田村真佑、“番組卒業”中野美奈子アナへ「会えなくなるのが寂しい」別れの言葉贈る
    モデルプレス
  6. 岩田剛典、初ソロアルバム「The Chocolate Box」キャスティングは自ら行っていた “LDHスタイル”との違いにも言及
    岩田剛典、初ソロアルバム「The Chocolate Box」キャスティングは自ら行っていた “LDHスタイル”との違いにも言及
    モデルプレス
  7. 坂田隆一郎・坪倉康晴・高本学らが登壇 多次元アイドルプロジェクト「UniteUp!」発表記者会見レポート
    坂田隆一郎・坪倉康晴・高本学らが登壇 多次元アイドルプロジェクト「UniteUp!」発表記者会見レポート
    2.5ジゲン!!
  8. TOKIO国分太一、トニセン坂本昌行・長野博・井ノ原快彦と遭遇で「平家派のアクスタ」ポーズ「懐かしすぎ」「最高」と反響殺到
    TOKIO国分太一、トニセン坂本昌行・長野博・井ノ原快彦と遭遇で「平家派のアクスタ」ポーズ「懐かしすぎ」「最高」と反響殺到
    モデルプレス
  9. 朝倉未来―メイウェザー、世界トレンドに RIZINと初タッグのABEMA・北野雄司氏も手応え
    朝倉未来―メイウェザー、世界トレンドに RIZINと初タッグのABEMA・北野雄司氏も手応え
    ENCOUNT

あなたにおすすめの記事