キスマイ藤ヶ谷太輔、宮田俊哉を役作りの参考に 稽古で体重3kg減<そして僕は途方に暮れる>

参照回数:202,940

【藤ヶ谷太輔/モデルプレス=3月6日】Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔前田敦子中尾明慶、板尾創路が5日、東京・Bunkamuraシアターコクーンにて舞台『そして僕は途方に暮れる』の囲み取材に応じた。
藤ヶ谷太輔 (C)モデルプレス
藤ヶ谷太輔 (C)モデルプレス

キスマイ藤ヶ谷太輔、宮田俊哉を役作りの参考に?

前田敦子/プレスコールより(C)モデルプレス
前田敦子/プレスコールより(C)モデルプレス
中尾明慶/プレスコールより(C)モデルプレス
中尾明慶/プレスコールより(C)モデルプレス
演劇界の異才・三浦大輔氏が手掛ける本作にて、藤ヶ谷が演じているのは自堕落な生活を送っているフリーター・菅原裕一で、周囲の人間を芋づる式に裏切り、あらゆる人間関係から逃げ続ける…という役どころ。プレスコールでは、一部シーンが公開され、記者から「ムカつく役でした」と感想を受けると、「作戦通り。三浦さんに鍛えていただいたのが、出ていた。(ムカついて)いいんです」とニヤリ。

参考にした人物には三浦氏の名前を挙げ「話し方とか姿勢とか盗みつつ、分からないことは聞いて。リアルな話を聞けた」と役作りを振り返り、キスマイで今回の役に1番近いメンバーを聞かれると、悩みながらも宮田俊哉と回答。

「本当は心で思っていることと違っても、『いいね』って言って、良くない顔をしている。たまにテレビ観てても、目が笑ってないときがある」「そういうシーンがあるんです。先輩との絡みで、面白くないのに『はは』って。宮田さんの顔がよぎりますね」と明かし「多少は参考にしました」といいつつも、「本人には言わない。すごい調子に乗るので(笑)」と笑いを誘っていた。

“ぷく顔”で手を振る藤ヶ谷太輔 (C)モデルプレス
“ぷく顔”で手を振る藤ヶ谷太輔 (C)モデルプレス

舞台『そして僕は途方に暮れる』稽古で体重3kg減

前田敦子、藤ヶ谷太輔 (C)モデルプレス
前田敦子、藤ヶ谷太輔 (C)モデルプレス
これまでミュージカルや青春群像劇など様々な舞台を経験してきた藤ヶ谷を主演に迎え、三浦との初タッグで“裏切り”“怠慢”“孤独”すべての『人間関係』を断ち切り街の片隅で呆然と立ちすくむ、平凡な青年の逃亡記を描き出す本作。

藤ヶ谷のほか、恋人・鈴木里美を前田、親友・今井伸二を中尾、バイト先の先輩・田村修を米村亮太朗、学生時代の後輩を三村和敬、姉・香を江口のりこ、母・智子を筒井真理子、父・浩二を板尾が演じる。

稽古を通じて「痩せました」という藤ヶ谷は、体重が2、3kgほど減ったそうで「一生懸命稽古をやってただけなんですけど」と語る場面もあった。

なお、舞台『そして僕は途方に暮れる』は2018年3月6日(火)~4月1日(日)まで東京・Bunkamuraシアターコクーン、2018年4月9日(月)~15日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - キスマイ藤ヶ谷太輔、宮田俊哉を役作りの参考に 稽古で体重3kg減<そして僕は途方に暮れる>
今読んだ記事

キスマイ藤ヶ谷太輔、宮田俊哉を役作りの参考に 稽古で体重3kg…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事