小森純、自殺未遂の過去告白「3階から飛び降りた」 ペニオク騒動でも“死”を意識

参照回数:208,772

【小森純/モデルプレス=2月10日】モデルでタレントの小森純が、9日放送のバラエティー番組「NEWSな2人」(TBS系/毎週金曜深夜24:50~)にゲスト出演。自殺未遂の過去を告白した。
小森純(C)モデルプレス
小森純(C)モデルプレス
同番組は、NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキが、激怒する若者たちのデモ隊と向き合うデモ・バラエティー。今回の放送では、自殺未遂を経験した若者たちが自らの体験を語る中、小森も19歳の頃に「付き合っていた彼氏と電話で他愛もない喧嘩になって、その時に『お前なんか死ねよ!』って言われて、『じゃあ死んでやるよ!』っていう気持ちから、そのまま3階から飛び降りた」と衝動的に飛び降り自殺をはかった過去を告白。

その後は「結局死なずに、植木みたいなところに落ちて足の裏を切った。切り傷で済みました」と大事には至らなかったことを明かした。

小森純、ペニオク騒動でも「死を意識しました」

小森純(C)モデルプレス
小森純(C)モデルプレス
さらに小森は、2度目の自殺願望が生まれたというペニーオークション詐欺事件についても口を開いた。入札しても落札できない仕組みとなっていた“ペニーオークション”サイトの宣伝を、複数の芸能人が行っていると発覚した事件のことで、小森は2011年に数十万の紹介料を受取り、ペニオクを使って家電商品を少額落札したという偽りの内容をブログで宣伝していたことが発覚し、仕事が激減、友人も周りから離れていったという。

当時、「SNSで誹謗中傷がとにかくすごかった。『消えろ』『死ね』とか」と心無い言葉を浴びせられていたようで、「電話越しで知ってる人に『お前死ねよ』って言われるのとは訳が違う。文字で、相手が誰かもわからない人から言われて余計に重かった」と心境を回顧。「消えちゃいたい、存在をゼロにしたい、みたいな気持ちはわからなくもない。当時は(自分も)そうでした」と自殺志願者の気持ちが理解できると語った。

そんな小森を救ってくれたのは、夫や家族の存在。「私の場合は、消えたい、死にたい、と思った時に、相談できる人が近くにいた。それが本当に救い」と感謝した。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 小森純、自殺未遂の過去告白「3階から飛び降りた」 ペニオク騒動でも“死”を意識
今読んだ記事

小森純、自殺未遂の過去告白「3階から飛び降りた」 ペニオク騒…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事