“10クール連続でドラマ出演”の中村アン、父に「フリーターと思われていた」デビュー当初を回顧

参照回数:64,565

【中村アン/モデルプレス=2月3日】2日放送のTBS系トークバラエティ番組「A-Studio」(よる11時15分~)に女優でモデルの中村アンが出演。デビューまでの経緯や学生時代、名前の由来などについて明かした。
中村アン(C)モデルプレス
中村アン(C)モデルプレス

父親が契約書をビリッ!「見守って」と頼み込み

中村アン(C)モデルプレス
中村アン(C)モデルプレス
2015年10月から10クール連続でドラマに出演するなど、ドラマにバラエティに引っ張りだこの中村。しかし、初めて芸能事務所の契約書を両親に見せた際には「こんなのあるわけない!」と父親にその場で契約書を破かれてしまったのだという。

結局大学の卒業式の日に、3年がんばってみるので「見守ってほしい」と手紙を書いて懇願しての「強行突破」。父親には「フリーターだと思われてました」とデビュー当時の苦労を明かした。

「かきあげヘア」はセクシーさ演出のため

中村アン(C)モデルプレス
中村アン(C)モデルプレス
中村アン(C)モデルプレス
中村アン(C)モデルプレス
中村といえば、セクシーな「かきあげヘア」が男性からも女性からも人気だが、この日はMCの笑福亭鶴瓶の質問に、髪をかきあげるのは意図的に色っぽい仕草を「している」と告白。「1ミリもセクシーだと言われないので、とにかく髪型だけでも」と考えてのヘアスタイルだったのだという。

さらに、芸名のアンについては、事務所から「名前が普通すぎる、カタカナなら覚えてもらえる」と指摘された結果なことも告白。当時は言われるまま「なんでもいいです」と事務所に任せていたことを明かし、「ユリアとかケイト」など、複数候補があったことも明かした。結局「アン」と短い名前を「潔い」と感じ決めたものの、芸名を付けたことに「悪いことをしてる気分」になったことも。

しかし「今となってはすごくいいですね」と爽やかな笑顔を見せた。

大失恋は大学時代

また、大学時代に初めて失恋を経験したことも告白。一途な恋を失ったことに「初めて食欲がなくなった」と傷心の日々を回想したが、「今は一ミリも好きじゃないです!」とキッパリとカメラに向かって口にする場面もあった。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “10クール連続でドラマ出演”の中村アン、父に「フリーターと思われていた」デビュー当初を回顧
今読んだ記事

“10クール連続でドラマ出演”の中村アン、父に「フリーターと思…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事