小室哲哉、療養中のKEIKOを献身的に支えた6年間

【小室哲哉/モデルプレス=1月19日】2011年10月にくも膜下出血で倒れて以来、妻でglobeのボーカル・KEIKOを介護している小室哲哉。6年という長い間、献身的に支えているのだ。
小室哲哉(C)モデルプレス
小室哲哉(C)モデルプレス

KEIKO、2011年10月24日にくも膜下出血で搬送

KEIKOは小室のオーディションに出場したことがきっかけで1995年にglobeのボーカルとしてデビュー。瞬く間に、スターダムにのし上がり、小室とともに現在でも歌い継がれる名曲を生み出していった。

そして、2002年11月22日に小室とKEIKOは結婚。その後、幾度となく降りかかる苦境を乗り越えてきた2人だが、2011年10月24日、KEIKOがくも膜下出血のため緊急搬送。翌日未明から約5時間にもわたる手術を受けた。

小室哲哉「僕にはこの人しかいない」

小室哲哉(C)モデルプレス
小室哲哉(C)モデルプレス
KEIKOが倒れたときに「僕にはこの人しかいない」と語っていた小室は、以降献身的に支えてきた。KEIKOと生活を共にし、リハビリや診察などにも付き添う。プロデューサーとして日本の音楽界の第一線で活躍しつつ、私生活ではKEIKOの介護をしていたのだ。昨年の6月11日に、小室はTwitterにて「桂子の脳トレーニングにぴったり!」とKEIKOと女の子と手をつないで外を歩く写真を投稿し、トレーニングに付き添っていることを明かしていた。

それ以外にも、ファンに向けて、自身のSNSでKEIKOの現状を度々紹介。ここ近年は現在のKEIKO自身の姿や、KEIKOの歌声なども投稿し、多くのファンから反響が寄せられていた。

小室哲哉、KEIKOとの時間を大切にしている日々

また、小室は誕生日、結婚記念日、デビュー日といった大切な日には、KEIKOについて投稿。2017年だけでも多数投稿していた。今も変わらず、小室はKEIKOとの時間を大切にしているのだ。

「私のためにも音楽の仕事を頑張ってるって、言葉にする機会が増えてきた」「発症後、より一層桂子は理解を深めている。最近、今の私にあった曲なら唄えるよ~とも」(8月9日のglobeデビュー日)、「桂子がKEIKOの気分がなるのは月3日ほどですが、チャンスを逃さず意欲日として有効に活用できたらと」(8月18日のKEIKO誕生日)、「朝から、何となく写真の蔵出し。僕、セレクトです」「90年代、ノーメイクの画像がたくさん残ってる」(11月22日の結婚記念日)など。

KEIKOの肉声を公開

また、2015年8月9日のglobeデビュー20週年を迎えた日には、約4年ぶり、活動休止後初めて肉声をイベントにて公開。「みなさん、大変ごぶさたしています。globeKEIKOです。globe特に私の歌を待っていてくれている人にはありがとうと心から思います。MARCにもありがとうと感謝しています。みんなありがとうございます」とコメントし、ファンから感動の声が寄せられていた。

2017年8月15日には、「2016~2017 KEIKO」としてKEIKOの歌声を公開。収録時期など詳細は明かしていないが、「病気後に創って唄ってみたkeikoの声です。きっと今はもっと上手になってると思う」と、期待を寄せていた。

会見ではKEIKOの後遺症&様態を説明

小室哲哉(C)モデルプレス
小室哲哉(C)モデルプレス
19日、小室が引退を発表した会見では、KEIKOの後遺症について「脳の障害ということで、少し欲がなくなったりとか、僕から見る限り女性ということから女の子みたいなすごく優しげな性格みたいな感じになったのかなという感覚を覚えました」と振り返った。

さらに、「歌手ということでKEIKOという存在はやっぱり大きな存在だったと思うんですが、そこは残念なことに、音楽の部分が脳のどこなのかは分からないですけれども…音楽への興味がなくなってしまって、そのあとカラオケに誘ったり、音楽のネットを見せたり、CDを聞かせたり試みたんですが、残念ながら音楽に興味を持つことが日に日に減ってきた」と容態を説明。レコーディングスタジオに連れて行ったそうだが「1曲その時の僕とKEIKOの心境を自分で歌詞にしたためまして、なんとか1曲なんとか歌って貰ったんですが、それ以降はいいんじゃないのって…それから約4年、5年近くですかね。ほぼ歌うことはなくなりました」と話した。

小室哲哉(C)モデルプレス
小室哲哉(C)モデルプレス
また、「今は小学校4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しいみたいです、そういう中で、夫婦というところで、大人の女性に対してのコミュニケーション、対話というのが、日に日に出来なくなってきて、電話であったりとか、対話して話すこととか、1時間、10分、5分、3分とか、非常に間が持たなくなっって」と日々変化も告白。「諦めてはいけないというのが精神的なサポート…っていうことは重々承知の上だったのですが、何度も繰り返しの質問だったり、ちょっと僕も疲れ始めてきたところが3年前くらいからあったとおもいます」と自身の心境も打ち明けた。

介護をしている者にしかわからない言葉が次々と出てきたこの日の会見。6年という長い歳月、介護をしてきたが、これからも小室はKEIKOを献身的に支え続けるのだ。(modelpress編集部)

小室哲哉、引退発表 会見で胸中語る


<小室哲哉 会見>KEIKOの容態明かす「なんとか歌ってもらったんですが…」


引退発表の小室哲哉、数々の功績を残した“TK”のすごさ…trf・安室奈美恵・華原朋美プロデュースで90年代の音楽界を牽引<活動振り返り>



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 小室哲哉、療養中のKEIKOを献身的に支えた6年間
今読んだ記事

小室哲哉、療養中のKEIKOを献身的に支えた6年間

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事