椎名林檎、東京五輪の開閉式を演出 プランニングチーム8人を発表

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式の基本プランを作成する「東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム」のメンバー8人が発表され、アーティストの椎名林檎らが選出された。
椎名林檎 (C)モデルプレス
椎名林檎 (C)モデルプレス

椎名林檎、振付家MIKIKOら8人、東京五輪の開閉式を演出

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は20日、第24回理事会を開催し、東京2020大会の開会式・閉会式に関する基本コンセプトを発表。

プランニングチームには椎名のほか、演出振付家のMIKIKO氏、映画「世界から猫が消えたなら」「君の名は。」などの映画プロデューサー・川村元気氏、「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られる映画監督の山崎貴氏、狂言師の野村萬斎、クリエーティブプロデューサーの栗栖良依氏、クリエーティブディレクターの佐々木宏氏、菅野薫氏の8人が決定した。

MIKIKO (C)モデルプレス
MIKIKO (C)モデルプレス
山崎貴 (C)モデルプレス
山崎貴 (C)モデルプレス
川村元気 (C)モデルプレス
川村元気 (C)モデルプレス
野村萬斎 (C)モデルプレス
野村萬斎 (C)モデルプレス
チームの人選は、組織委員会が2020年以降も世界で活躍する世代を積極的に活用したいという思いのもと、「映像とストーリーを統合できる人材」、「日本・東京の伝統を演出できる人材」、「共生・パラリンピックを表現できる人材」、「リオ大会のハンドオーバーのチームの知見も活用すべき」といった基準で進められた。

東京五輪 開閉会式は4部作

オリンピック開会式からパラリンピック閉会式までの4つの式典を、バラバラではなく一連の4部作ととらえ、8人が中心となって全体のプランやストーリーを作り上げていく。

今後チームは、2018年夏頃を目処に式典の基本プランをまとめ、その後各式典の監督を選任する予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 椎名林檎、東京五輪の開閉式を演出 プランニングチーム8人を発表
今読んだ記事

椎名林檎、東京五輪の開閉式を演出 プランニングチーム8人を発表

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事