欅坂46菅井友香・守屋茜ら、“愛”語る「生きていけない」

【欅坂46/モデルプレス=10月11日】欅坂46が今後メガネをかけて活躍してほしい人に贈られる『第30回 日本メガネベストドレッサー賞』特別賞を受賞し、11日、東京ビッグサイトで行われた表彰式に登壇した。
土生瑞穂、小林由依、菅井友香、守屋茜、長濱ねる(C)モデルプレス
土生瑞穂、小林由依、菅井友香、守屋茜、長濱ねる(C)モデルプレス
この日、小林由依菅井友香土生瑞穂守屋茜長濱ねるの5人が「メガネ選抜」として登場。「プライベートではすごい愛用させていただいています。視力が悪いので、メガネがないと生きていけない」とメガネ愛を語った守屋に対し、土生は「私は目が良いのですけど、ファションの一部として取り入れることが多いです。カジュアルなファッションが多いのですけど、物足りないなという時にかけます」と説明した。

菅井友香、守屋茜(C)モデルプレス
菅井友香、守屋茜(C)モデルプレス
「メガネをかけているメンバーは多い?」と質問が飛ぶと「視力が悪いメンバーが多いので、朝おはようって会う時はたいてい皆メガネをかけてる」と長濱が紹介。小林はこの日かけたメガネを指しながら「今かけてるみたいに大きめレンズが好きなので、そういうのが気になります」と微笑んだ。

小林由依、長濱ねる(C)モデルプレス
小林由依、長濱ねる(C)モデルプレス
またこの日、授賞式では菅井が代表してスピーチも。「初めてメガネをかけたのは中2のころで、黒板がだんだん見えなくなり、父にお願いしてメガネ屋さんに連れて行ってもらいました。以来、メガネを取り出して授業の時にかけるとワクワクして、勉強のスイッチが入ってはかどるようなりました」と振り返り「これからはファッションの1つとしてメガネをかけさせて頂けたら」と語った。

菅井友香(C)モデルプレス
菅井友香(C)モデルプレス

「日本メガネベストドレッサー賞」

土生瑞穂、小林由依、菅井友香、守屋茜、長濱ねる(C)モデルプレス
土生瑞穂、小林由依、菅井友香、守屋茜、長濱ねる(C)モデルプレス
同賞は1988年から毎年、過去1年を通じて「最も輝いていた人」そして「メガネの最も似合う人」を各界から日本メガネベストドレッサー賞として選考するもの。30回目となる今年は欅坂46のほか、土屋太鳳・高橋一生・森星、経済産業大臣の世耕弘成氏(政界部門)、伊藤忠商事株式会社・代表取締役社長の岡藤正広(経済界部門)、脚本家・監督・俳優の宮藤官九郎(文化界部門)、レスリングの吉田沙保選手里(スポーツ部門)が受賞した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 欅坂46菅井友香・守屋茜ら、“愛”語る「生きていけない」
今読んだ記事

欅坂46菅井友香・守屋茜ら、“愛”語る「生きていけない」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事