フジ女子アナが「普段見られない姿」でウォーキング 驚きの“緊急企画”も実施

【新美有加・竹内友佳・堤礼実・宮澤智・三上真奈・海老原優香・久慈暁子/モデルプレス=10月7日】フジテレビアナウンサーの新美有加竹内友佳堤礼実宮澤智三上真奈海老原優香久慈暁子が7日、同局で行われた「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2018 Colorfuldays」(発売中/扶桑社)発売記念スペシャルトークショーに出席した。
(左から)新美有加、堤礼実、竹内友佳、宮澤智、三上真奈、久慈暁子、海老原優香 (C)モデルプレス
(左から)新美有加、堤礼実、竹内友佳、宮澤智、三上真奈、久慈暁子、海老原優香 (C)モデルプレス
2018年のカレンダーは月ごとに「色」を設定した彩り豊かな作品。新美アナや、若手男性アナたちが完全プロデュースし、普段見ることができない表情や衣装に身を包んだ19人のアナウンサーたちが登場する。

イベントは、新美アナと榎並大二郎アナの進行のもと、それぞれの担当カラーの衣装で登場。モデルさながらのウォーキングを披露した。

フォトギャラリー


(左から)新美有加、堤礼実、竹内友佳、宮澤智、三上真奈、久慈暁子、海老原優香 (C)モデルプレス
(左から)新美有加、堤礼実、竹内友佳、宮澤智、三上真奈、久慈暁子、海老原優香 (C)モデルプレス

普段見られない姿でウォーキング

パジャマ姿で登場した久慈アナは「なかなか人前でパジャマ姿を披露することがないのでちょっと照れくさかったですね」とニッコリ。「もっと照れていた人がいました」と話を振られた三上アナは「本当に今年1番恥ずかしかったです(笑)」と照れ笑い。

さらに「撮影枚数が1番少なくて、全部が決めカットだった」と絶賛された宮澤アナは「不安だったんですけど、新美プロデューサーがすごく細かく指示をくれたのでやりやすかったです」と撮影を回顧。榎並アナも「私が(プロデュースを)担当したときの撮影はスタッフさんが3人ぐらい…でも今回は20人ぐらい。力が入ってます。それぐらいさらにパワーアップしています」と今回のカレンダーに手応えをのぞかせた。

久慈暁子アナ (C)モデルプレス
久慈暁子アナ (C)モデルプレス
海老原優香アナ (C)モデルプレス
海老原優香アナ (C)モデルプレス
三上真奈アナ (C)モデルプレス
三上真奈アナ (C)モデルプレス
堤礼実アナ (C)モデルプレス
堤礼実アナ (C)モデルプレス
竹内友佳アナ (C)モデルプレス
竹内友佳アナ (C)モデルプレス
宮澤智アナ (C)モデルプレス
宮澤智アナ (C)モデルプレス
新美有加アナ (C)モデルプレス
新美有加アナ (C)モデルプレス
2018年フジテレビ女性アナウンサーカレンダー(2,700円)/(C)フジテレビ 撮影:横山翔平(t.cube)
2018年フジテレビ女性アナウンサーカレンダー(2,700円)/(C)フジテレビ 撮影:横山翔平(t.cube)

サプライズで対決企画実施

そして、女子アナたちにはサプライズで、ポップアップコーナーでのカレンダー販売研修をかけてチーム対抗で対決する企画がスタート。知らされていなかった女子アナたちが慌てる中、カレンダーの奇数月を飾る久慈アナ、三上アナ、堤アナと、偶数月を飾る海老原アナ、竹内アナ、宮澤アナのチームに分かれて「早口言葉対決」、「30秒プレゼン対決」、「食レポ対決」の3回戦を行うことになった。

「早口言葉対決」は“赤壁掛けカレンダー、青壁掛けカレンダー、黄壁掛けカレンダー”で堤アナと宮澤アナの対決。先攻の堤アナが、ほんの一瞬つまずくも見事な滑舌で拍手を受けた。

その後、宮澤アナは完璧な早口言葉を披露。あまりの出来栄えに、対戦相手の堤アナも「あっぱれですね」と舌を巻いていた。

早口言葉対決の模様 (C)モデルプレス
早口言葉対決の模様 (C)モデルプレス

熱いプレゼン

続く、三上アナと竹内アナによる「30秒プレゼン対決」では、カレンダーのプレゼンを、秒数を確認せず30秒で収めることに。三上アナは「私たちの普段見られない姿が見られると思います」など丁寧に説明するが、22秒と8秒足らず。

一方、竹内アナは「こちら今日から発売しているカレンダーなんですけど、今日からじゃないかもしれないんですけど」、「私がオススメするのは同期の三田(友梨佳)ちゃん。この三田ちゃんの妖艶な感じ!(写真のように)一緒に夜景を見ながらデートしたいと思いませんか?そして、椿(=椿原慶子)さん。普段のニュースでは見られないラフな表情といいますか、髪、ちょっとピンクな唇…注目してください」と45秒かけて熱くポイントを紹介。しかし、司会の2人から「只今のプレゼンで誤りが2つございました。まず、発売日は9月29日ということで1週間位経っています。それから、三田アナの夜景について、こちらシチュエーションはアクアシティの中のレストランです。申し訳ございません」と訂正させられていた。

三上真奈 (C)モデルプレス
三上真奈 (C)モデルプレス
竹内友佳アナ (C)モデルプレス
竹内友佳アナ (C)モデルプレス

食レポで“久慈語”飛び出す

最後の「食レポ対決」は海老原アナと久慈アナの同期対決。最初に挑戦した海老原アナは、パッケージや天候などにも触れつつ食レポをして「さすが『とくダネ!』を担当しているだけあるな」と新美アナから高評価だった。

対して、久慈アナは「美味しいです!辛い方にも食べやすい…?辛いのが苦手な方でも食べやすい。そして、カレーというとゴロゴロとじゃがいもや人参が入っていると思いますが、細かく切られているので小さいお子さんでも食べやすいかと思います。そして、ビーフも細かく刻まれていて液体の中に…カレーの中に混ざっていますので常にビーフを感じることが出来ます」と所々観客から笑いが起こる食レポに。榎並アナから「久慈語が炸裂していましたね」と評された。

海老原優香 (C)モデルプレス
海老原優香 (C)モデルプレス
久慈暁子アナ (C)モデルプレス
久慈暁子アナ (C)モデルプレス

結果は…?

勝負を終え、観客の拍手が大きかったのは、海老原アナ、竹内アナ、宮澤アナの偶数月チームが勝利。

負けてしまった奇数月チームの3人には販売研修の際に着用するエプロンが送られた。(modelpress編集部)

(左から)新美有加、堤礼実、竹内友佳、宮澤智、榎並大二郎、三上真奈、久慈暁子、海老原優香 (C)モデルプレス
(左から)新美有加、堤礼実、竹内友佳、宮澤智、榎並大二郎、三上真奈、久慈暁子、海老原優香 (C)モデルプレス

「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2018 Colorfuldays」概要

出演アナウンサー:内田嶺衣奈、海老原優香、小澤陽子、久慈暁子、久代萌美、鈴木唯、竹内友佳堤礼実、椿原慶子、永尾亜子、永島優美、新美有加、松村未央、三上真奈、三田友梨佳、宮澤智、宮司愛海、山崎夕貴、山中章子(五十音順)
仕様:A3変型判(縦425mm×横30mm)
発売日:9月29日



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - フジ女子アナが「普段見られない姿」でウォーキング 驚きの“緊急企画”も実施
今読んだ記事

フジ女子アナが「普段見られない姿」でウォーキング 驚きの“緊…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事