元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋>

2009年に女子高生演歌歌手としてメジャーデビューした歌恋(24)が、23日の放送の「有吉反省会」(毎週土曜よる11時30分~)に登場。整形していたことを告白する。
歌恋/ビフォーアフター (C)日本テレビ
歌恋/ビフォーアフター (C)日本テレビ
歌恋は1993年7月3日生まれの24歳。2005年に開催されたモーニング娘。のオーディションを受け落選するも、つんく♂の目にとまり、2009年につんく♂プロデュースで制服姿で演歌を歌う“女子高生演歌歌手”のカレンとしてデビュー。その後、2013年、サンミュージックに移籍し、“歌恋”に改名。2015年末に歌手活動を休止し、結婚。2016年9月、第1子となる女児を出産。現在はフリーで活動している。

この日、歌恋は「有吉反省会にとにかく出たい」がために、過去の反省ネタをパクって自身のブログにアップしていた事を反省するため出演。スタジオトークでは、女子高生の時に清純派として制服姿でデビューしていたが、実は小学生の時からパラパラを踊るギャルだった過去を打ち明ける。

さらに、タレントのIVANから「子どもいるでしょ?」と質問された歌恋。すると、「私、子どもいるんですよ」と、結婚していて1歳の娘がいる事もテレビで初めて告白する。

歌恋 (C)日本テレビ
歌恋 (C)日本テレビ

整形をカミングアウト

そして。司会の有吉弘行から「ほかに反省することはないか」と尋ねられると、歌恋は「整形して事務所に怒られた」と“目の二重幅を大きくする整形をした”という衝撃のカミングアウト。

事務所に怒られたため元に戻したそうで、「本当にカミングアウトできて良かった!有吉反省会イコール、カミングアウトじゃないですか?スッキリーって感じ!」とコメントした。(modelpress編集部)

有吉弘行、歌恋 (C)日本テレビ
有吉弘行、歌恋 (C)日本テレビ


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋>
今読んだ記事

元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事