黒島結菜、初体験の痛みに苦戦 健太郎も「肉体的に1番大変」<アシガール>

0
1
女優の黒島結菜と俳優の健太郎が19日、都内で行われたNHKの土曜時代ドラマ『アシガール』(9月23日午後6時5分スタート)の第1話完成試写会に出席した。
初体験の苦労を明かした黒島結菜、健太郎(C)モデルプレス
初体験の苦労を明かした黒島結菜、健太郎(C)モデルプレス

「アシガール」

同作は、漫画家・森本梢子によるコミックのドラマ化。脚力だけが取り柄の女子高生が、ひょんなことから戦国時代にタイムスリップ。愛する若君を守るために、足軽となって戦場を駆け巡る。

黒島結菜、初体験の痛みに苦戦

黒島結菜(C)モデルプレス
黒島結菜(C)モデルプレス
足軽役を演じた黒島は「撮影では走ったり転んだり蹴られたり落ちたりしたけれど、凄く楽しい。足軽という、女の子が演じることのできない役なので、そこはいい経験として楽しんでいます」と貴重な役柄に喜び。

乗馬にも初めて挑戦したそうだが、「お尻がすごく痛い。なんと表現したらいいのかわからないけれど、日常生活が辛かった。座るのも、歩くのも、すべてが辛かった。それが大変だったところ」と初体験に苦労をにじませた。

黒島結菜、健太郎(C)モデルプレス
黒島結菜、健太郎(C)モデルプレス
裸足で走るシーンでは「足の裏が痛いから早く足を回そうとしているのか、体感速度が速く感じた。最初はきついかな?と思ったけれど、裸足で走ることが当たり前になっていくと、一周回って面白いと思えるようになった」と新たな発見も。

土砂降りの中で田んぼにダイブするシーンは「足の爪の中にも泥や砂が入るし、小学生に戻ったような気持ちになった。20歳で泥だらけになるようなこともないので、ある意味吹っ切れた」と振り返った。

健太郎も辛さを明かす

健太郎(C)モデルプレス
健太郎(C)モデルプレス
武将役の健太郎も初めての乗馬には苦戦したようで、「びっくりするくらいお尻が痛くて、打撲している状況と同じになって、乗馬練習の帰りの電車では座席に座れないくらい。そこが肉体的に1番大変だった」と回想。

しかし、撮影を進めるうちに乗馬も様になったようで「周りの皆さんと同じくらいに見えるようになって、見た目として上手く見えるようになるとお尻も痛くなくなった」と痛みからの解放に安堵していた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 黒島結菜、初体験の痛みに苦戦 健太郎も「肉体的に1番大変」<アシガール>
今読んだ記事

黒島結菜、初体験の痛みに苦戦 健太郎も「肉体的に1番大変」<…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事