森昌子、ワンオクTakaの反抗期に包丁突きつけ「お前を殺す」…壮絶エピソード明かす

人気バンドONE OK ROCKのボーカルのTakaの母で歌手の森昌子が18日、TBS系の番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(毎週土曜よる9時放送)に出演しTakaの反抗期について言及した。
ONE OK ROCK(提供写真)
ONE OK ROCK(提供写真)

「お前を殺して母さんも死ぬ」壮絶なエピソード

森昌子 (C)モデルプレス
森昌子 (C)モデルプレス
子育て本を出版するなど、厳しいしつけを行うことで知られる森。以前出演した番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、しつけを厳しくする理由に「親として、子供たちと接しているときは負けちゃいけない!なめられてたまるものか!と思っていた」としていた。厳しいしつけの結果、現在Takaは世界で活躍するアーティストとなっている。

この日の放送では「独特のスパルタ子育て」をテーマに、Takaの反抗期について言及。中学生が終わるころTakaは反抗期がエスカレートしたといい、立ち向かってくるTakaに森は包丁を突きつけ「お前を殺して母さんも死ぬ」という“今時映画でも見ない”という本気の親子喧嘩があったことを明かした。

また、時にTakaは森の胸ぐらを掴むこともあったという。しかし森は「母さん殴れるのか?お前」と凄みながらTakaを平手打ちすると、Takaはあえなく「わかったよ、ごめん」と引き下がり謝ってきたこともあったという。

スパルタすぎる子育ての数々

そのほかにも森は、独自の子育て方法として、公園で大きな石があるところを走り回るTakaに注意喚起せず、あえて転ぶことを願い、Takaが案の定転ぶと「転んでよかったね次からは気をつけよう。石のないところを歩こう」としつけたという。「痛いということ学ばせるため。いくら親が危ないからと石をどけても、何も学ばない。いかに経験するかが大切」と独自の考えを語った。

さらに「目上の人を敬えること」を学ばせるために兄弟同士でも敬語を使うことや、子供たちの好き嫌いをなくすために食事を残すと次の食事は抜きにする、自立のために18歳で家を出すなど独特な教育を次々と明らかにしていた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日、TBS

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 森昌子、ワンオクTakaの反抗期に包丁突きつけ「お前を殺す」…壮絶エピソード明かす
今読んだ記事

森昌子、ワンオクTakaの反抗期に包丁突きつけ「お前を殺す」…壮…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事