竹内涼真、高畑充希主演ドラマで“爽やかイメージ”一転「こんなに悩んでいるのは初めて」<過保護のカホコ>

0
俳優の竹内涼真が、高畑充希が主演を務める日本テレビ系7月期の水曜ドラマ「過保護のカホコ」に出演することが発表された。合わせて、高畑演じるカホコを取り囲むキャスト陣も明らかになった。
竹内涼真(C)日本テレビ
竹内涼真(C)日本テレビ
「家政婦のミタ」や「○○妻」など数々のヒットドラマを手掛けてきた遊川和彦氏が脚本を務める同作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・カホコ(高畑)が、“抗菌のビニールハウス”から、“雑菌まみれの世の中”に飛び込んでいくことで自分でも気づいていない「力」に覚せいしていくホームエンターテインメント。

竹内が演じるのは、そんなカホコとは正反対の人生を送ってきた大学生で・麦野初。親に捨てられ、養護施設で育ち、アルバイトを掛け持ちしながら学費を稼ぎ大学に入学。本当は優しいのに、ひねくれ者で常におどけて本性を見せない、まさに“オオカミ少年”のような役にである。

竹内涼真、高畑充希(C)日本テレビ
竹内涼真、高畑充希(C)日本テレビ

イメージ一新“ワイルド”に挑戦

これまで自身が演じてきた爽やかな役柄から一転、今作では“ワイルド”なイメージに挑むにあたり「正直、すごく難しい役」と語る竹内は「一見、辛辣な言葉を投げかけているようで、とてもまともな事を言っていて、おせっかいなようで、とっても優しい少年。でもその優しさを表に出したくないのでは」と分析。「自分でもやったことのない役なので、役に関してこんなに悩んでいるのは初めてです…」と戸惑いもあるようだが、「このタイミングで試練がきたんだと思います。すごく考えて悩んでいるので、これを乗り越えてこの麦野という役をきちんと演じることができたら自分も成長できるのでは」と熱く意気込んだ。

また、高畑については「共演は初めてですが、一緒に頑張ろうね!と声を掛けていただきました」と明かし、「先日、リハーサルで一緒に演技をやらせてもらったのですが、台本でイメージしていたよりも、掛け合いをスムーズにやる事ができたんです。なので、回を重ねるごとに僕から(演技を)仕掛けていけるようになりたいです」と願望も告白。「(ドラマが)終わった後にはいろんなことが学べた現場だと言えるようにしたい」と“新たな挑戦”への気合いをあらわにした。

追加キャスト発表

そして、カホコを取り巻くキャストも発表。

カホコの母・泉(黒木瞳)の母親・初代を三田佳子、泉の父親・福士には西岡德馬。泉の妹の夫・衛を佐藤二朗、泉の妹(次女)環を中島ひろ子、泉のもう一人の妹(三女)節を西尾まり、その夫・厚司を夙川アトム、そしてその夫婦の娘でカホコのいとこ・糸を久保田紗友がそれぞれ演じます。

さらに、カホコの父・正高(時任三郎)の父親・正興には平泉成、三十年前に結婚をしたがすくに別れ、40を過ぎてから“鮭”のように実家に出戻る正高の妹・教子に濱田マリ。いくつになっても子供をおぶっている“コアラ”のような正高の母親・多枝は梅沢昌代が演じる。

「過保護のカホコ」第1話あらすじ

カホコ(高畑充希)は、母・泉(黒木瞳)と父・正高(時任三郎)に溺愛される一人娘。純粋無垢な彼女のお姫様のような笑顔は、親のみならず、周りの誰もを幸せにしてしまう。カホコは、着る服すら母の泉のアドバイスなしには選べない。通学時も駅までママの車で送り迎え、駅まで歩いたことがない。カホコは、そんな自分の生活を当たり前だと思っていた。パパの正高だけがカホコの将来を案じながら、娘に嫌われることを恐れ、何も言えないでいた。

そんな中、カホコは、同じ大学の芸術学部に通うカホコとは全く正反対の境遇で育った麦野初(竹内涼真)と出会い、カホコの人生の歯車が動き出す。「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」。今まで誰にも言われなかったことを言われたカホコは、衝撃を受ける。

「史上最強の箱入り娘」カホコは自分の中に眠っている「力」を覚せいさせ、家族のピンチを救えるのか?(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 竹内涼真、高畑充希主演ドラマで“爽やかイメージ”一転「こんなに悩んでいるのは初めて」<過保護のカホコ>
今読んだ記事

竹内涼真、高畑充希主演ドラマで“爽やかイメージ”一転「こんな…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事