中谷美紀、髪バッサリ新境地「恐れおののきました」

女優の中谷美紀が、2017年秋からスタートする「連続ドラマW 東野圭吾 『片想い』」(WOWOW)で主演を務めることがわかった。
中谷美紀(画像提供:WOWOW)
中谷美紀(画像提供:WOWOW)
同局が東野圭吾作品を手掛けるのは「宿命」「幻夜」「分身」「変身」「カッコウの卵は誰のもの」に次いで6作目。

事件、謎解き、絡み合う人間ドラマ…東野ミステリーの真骨頂とも言うべき予測不可能で緻密な展開に加え、性同一性障害の主人公・美月と、事件をきっかけに再びフォーメーションを組む元アメリカンフットボール部の同窓生たち。30代半ばを過ぎ、恋愛、結婚、仕事…何かにつまずき、行き詰まり、誰もが「自分らしく生きたい」と願う彼らの青春群像劇でもある。

主演への思い「狼狽しております」

主演の中谷は、性の多様性が叫ばれる今“ジェンダー”を題材にしたミステリーに真正面から挑戦。役柄に近づけるため、筋力トレーニングに加え、髪の毛をバッサリと15cmカットした。

出演が決まった時の感想を聞かれると、「初めて東野圭吾さんの作品を演じさせていただくこととなりましたが、諸手を挙げてというよりは、むしろ大変な役目を背負ってしまい、狼狽しております」と率直な思いを打ち明けた中谷。「美月という自らの生まれた性別に違和感を抱く人物の生きづらさを丁寧に描きつつ、スリリングなサスペンスでもあり、仲間達の深い友情の物語でもあり、大人のための上質なエンターテインメントとして読み応えがあったと同時に、演じる側としては、大変ハードルの高い作品だったため、恐れおののきました」とも語った。

また、美月を演じるにあたり「まずは、男らしさを追求しつつも、美月の台詞にもある『どんなにあがいても本物にはなれない』という悲哀を表現できたらと思います」と意気込みをコメント。「現場で理沙子(美月が恋した女性)を熱い視線で見つめるうちに、もう女性に戻れなくなってしまうのではないかと、少々心配にはなりますが、素晴らしい映像とともに、展開の読めないスリリングなサスペンスをお届けしますので、ぜひご覧いただけましたら嬉しいです」と呼びかけた。

中谷美紀でなければ実現しなかった

そんな中谷を起用した理由について、藤原麻知プロデューサーは「卓越した表現力、センシティブな演技、男性女性どちらからも愛されるスター性を持った女優であるということ。美月という複雑な主人公を演じられるのはこの人しかいないと、オファーしました。中谷さんに断られたらこの企画は実現しなかったと思います」と強い思いがあったことを告白。

原作の東野氏からは「この役を引き受けてくださったというだけで、役者としての魂の強さを感じます。自由に、大胆に演じてくだされば、それが美月だと思います」とのメッセージが送られた。(modelpress編集部)

中谷美紀コメント

WOWOWドラマ初主演となる本作「片想い」への出演が決まった際のご感想、また脚本を読んだ時の印象

初めて東野圭吾さんの作品を演じさせていただくこととなりましたが、諸手を挙げてというよりは、むしろ大変な役目を背負ってしまい、狼狽しております。美月という自らの生まれた性別に違和感を抱く人物の生きづらさを丁寧に描きつつ、スリリングなサスペンスでもあり、仲間達の深い友情の物語でもあり、大人のための上質なエンターテインメントとして読み応えがあったと同時に、演じる側としては、大変ハードルの高い作品だったため、恐れおののきました。

日浦美月を演じるにあたっての、表現したいこと、チャレンジしたいこと等、意気込み

まずは、男らしさを追求しつつも、美月の台詞にもある「どんなにあがいても本物にはなれない」という悲哀を表現できたらと思います。また、美月と同じ悩みを持つ方々がご覧になった際に、ご自身を受け入れ、認めるための後押しとなるような作品になるよう願っています。

メッセージ

現場で理沙子(美月が恋した女性)を熱い視線で見つめるうちに、もう女性に戻れなくなってしまうのではないかと、少々心配にはなりますが、素晴らしい映像とともに、展開の読めないスリリングなサスペンスをお届けしますので、ぜひご覧いただけましたら嬉しいです。

原作・東野圭吾氏コメント

「片想い」の映像化が決まった際の率直な気持ちと、ドラマに期待すること

ついにこの小説に挑む人たちが現れたか、と驚きました。未だに社会が答えを見つけられていない問題。しっかりと光を当ててくださることを願います。

中谷美紀さんが日浦美月を演じることについて

この役を引き受けてくださったというだけで、役者としての魂の強さを感じます。自由に、大胆に演じてくだされば、それが美月だと思います。

藤原麻知プロデューサーコメント

本作の企画意図

「片想い」は、永遠に解けない“人間の心”を題材にした、大変重厚で社会派なミステリーです。原作が刊行された2001年よりは認知も広まっており、法の改正も行われていますが、ジェンダーで悩む方々への理解は、もう少し時間がかかるようです。ミステリーとして素晴らしいものであることはもちろん、ジェンダーについて考えるきっかけになればと思い、企画しました。

中谷さんの起用理由

卓越した表現力、センシティブな演技、男性女性どちらからも愛されるスター性を持った女優であるということ。美月という複雑な主人公を演じられるのはこの人しかいないと、オファーしました。中谷さんに断られたらこの企画は実現しなかったと思います。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 中谷美紀、髪バッサリ新境地「恐れおののきました」
今読んだ記事

中谷美紀、髪バッサリ新境地「恐れおののきました」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事