菜々緒、脚線美際立つノーバン投球 亀梨和也&満島真之介の助言も明かす

参照回数:171,053

【菜々緒/モデルプレス=5月12日】モデルで女優の菜々緒が12日、東京ドームで行なわれた「日本ハムファイターズ-千葉ロッテマリーンズ」の始球式に登場した。
菜々緒(C)モデルプレス
菜々緒(C)モデルプレス
緊張の面持ちでグラウンドに姿を現した菜々緒。真剣な眼差しで関係者から説明を聞いた後、マウンドに上がり、千葉ロッテ・荻野貴司選手に対し、ほっそりとした脚を大きく上げて渾身の1球を投げ込んだ。

ボールは山なりで高めだったものの、ノーバウンドで北海道日本ハムファイターズ・市川友也捕手がキャッチ。スタンドのファンから歓声とどよめきが起きこるなか、菜々緒は安堵の表情を浮かべながらマウンドを降りた。

菜々緒(C)モデルプレス
菜々緒(C)モデルプレス
菜々緒(C)モデルプレス
菜々緒(C)モデルプレス
菜々緒(C)モデルプレス
菜々緒(C)モデルプレス
菜々緒(C)モデルプレス
菜々緒(C)モデルプレス

亀梨和也&満島真之介のアドバイスは?

2010年以来2度目の始球式を終えた感想を聞かれた菜々緒は、「たくさんの人がいて緊張しましたが、みなさんが温かく迎え入れてくれてホッとしました」と笑顔。それでも、投球の自己採点を求められると「ノーバウンドは最低限で、本当はまっすぐに投げたくて練習したのですが…できなくて悔しかったです。次回に期待を込めて40点です」と悔しさをにじませた。

また、事前に選手からアドバイスをもらったか尋ねられると「選手の方とはタイミングが合わず助言はもらえなかったのですが、ドラマ(『ボク、運命の人です。』)の共演者の(KAT-TUNの)亀梨(和也)君と満島(真之介)君に事前にアドバイスをもらいました」と回顧。「亀梨さんには『ボールの縫い目を持つように握り、キャッチャーの奥に向かってセクシーに!』と、満島さんには『足をまっすぐに出して投げる前に深呼吸をしっかりすること』とアドバイスしていただきましたが、緊張しすぎて何も実行できませんでした」と肩を落とした。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 菜々緒、脚線美際立つノーバン投球 亀梨和也&満島真之介の助言も明かす
今読んだ記事

菜々緒、脚線美際立つノーバン投球 亀梨和也&満島真之介の助…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事