竹内涼真「ひよっこ」で朝ドラ初出演 スタイルが良すぎて困ったこととは?

参照回数:325,331

【竹内涼真・ひよっこ/モデルプレス=4月26日】俳優の竹内涼真が女優の有村架純がヒロインをつとめる平成29年度前期連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜/朝8:00~)に出演することが26日、東京・渋谷の同局で行われた会見で発表された。
竹内涼真 (C)モデルプレス
竹内涼真 (C)モデルプレス

ヒロインと恋の予感も

竹内涼真、有村架純(C)モデルプレス
竹内涼真、有村架純(C)モデルプレス
竹内が演じるのは、有村演じるヒロイン・みね子の隣に住む大企業の御曹司で大学生の島谷純一郎役。みね子は、島谷のどことなく陰のある雰囲気が気になってしまう…という恋を予感させる役どころとなる。

初の“朝ドラ”出演に「率直に嬉しいです。皆さんが積み重ねていったもの、レールに乗っかり、良いスパイスになれればと思っています」とコメント。

アピールポイントを聞かれると、「お坊ちゃまなので、大学にも行っていて、普通の人とはギャップが生まれるっていうコンプレックスがある。それが分かっていてフラットに接しようとするけど、育ってきた環境が色んなところに出てくるんです。お高い感じがする喋り方が、癇に障るかもしれないですけど、そういう部分が憎めないなとか、可愛いなとか思ってもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。

スタイルが良すぎて…

竹内涼真 (C)モデルプレス
竹内涼真 (C)モデルプレス
また、初めて経験した“朝ドラ”現場には「セットがすごい!」と興奮気味で、「撮影に入る前に案内してもらったんですけど、街ができあがっていて、こうやって撮影してるんだって」とにっこり。

時代背景が東京オリンピックが開催された1964年頃ということもあり、身長185cmの竹内は「僕の(身体の)作りに合わないんですよ。衣装も古着を着てるんですが、サイズが合わなくて、衣装さんに申し訳ないなって気持ちです(笑)」と明かしつつも、「セットを見たとき、『自分もこの中に入れるんだ』って嬉しかった」と歓喜した。

第96作目「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」新キャスト(下段左から)シシド・カフカ、竹内涼真、有村架純、三宅裕司、島崎遥香(上段左から)岡山天音、浅香航大、白石美帆、生田智子(C)モデルプレス
朝ドラ「ひよっこ」新キャスト(下段左から)シシド・カフカ、竹内涼真、有村架純、三宅裕司、島崎遥香(上段左から)岡山天音、浅香航大、白石美帆、生田智子(C)モデルプレス
現在放送中の「ひよっこ」は脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル作品。東京オリンピックが開催された1964年から始まる波乱万丈青春記となる。

有村が演じるヒロイン・谷田部みね子は、茨城県北西部のある大家族の農家に生まれた、おっとり、のんびりした少女。とくに大きな夢もなく、高校を卒業したら畑仕事を手伝って、いつかお嫁さんにと思っていたが、高校3年の冬、東京に出稼ぎに行った父が行方不明になってしまったことで、人生が動き始める。集団就職で上京したみね子は、町工場で働きながら父を捜すことに。慣れない都会での生活や突然のトラブルに巻き込まれながらも、“金の卵”の殻を自ら破って成長していく姿を描く。

9月30日まで放送予定(全156回)。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 竹内涼真「ひよっこ」で朝ドラ初出演 スタイルが良すぎて困ったこととは?
今読んだ記事

竹内涼真「ひよっこ」で朝ドラ初出演 スタイルが良すぎて困った…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事