木村拓哉、SMAP解散後の変化とは「“ん?”ってピクって反応する自分がいたり」

参照回数:204,047

【木村拓哉/モデルプレス=4月11日】俳優の木村拓哉が12日発売の雑誌「FRaU」5月号のインタビューに登場した。
「FRaU」5月号(2017年4月12日発売)画像提供:講談社
「FRaU」5月号(2017年4月12日発売)画像提供:講談社
今号に掲載された1万字インタビューでは、昨年末にSMAPを解散して以来の生活の変化と心境を告白。「今年に入って生活リズムも変わったのでは?」という問いに「落ち着いて自分の生活の変化について何かを考えるということよりかは、作品に対してのモチベーションが保たれた状態」だと答え、出演作品に集中できているよう。その一方で「今も、(『SMAP×SMAP』の収録日だった)その曜日になると、“ん?”ってピクって反応する自分がいたりとか」と告白した。

注目の年明けの過ごし方

ファンの注目が集まった2017年の年明けの過ごし方は「“たっくんにすき焼き作ってもらわないと、年が始まんねぇ!”って言ってくれる方の家で、今年も、すき焼き作ってました。意味わかんねー(笑)」と茶目っ気たっぷりに紹介。その人は自身より年上のカメラマンだといい、そこで「自分にとっては、まさしく新年になると思う」と挨拶をしたことを明かした。

ほか、誌面では主演映画「無限の住人」(4月29日公開)にまつわるエピソードや、大ヒットドラマ「ロングバケーション」の裏話なども語っている。(modelpress編集部)

情報:講談社
モデルプレス
モデルプレス - 木村拓哉、SMAP解散後の変化とは「“ん?”ってピクって反応する自分がいたり」
今読んだ記事

木村拓哉、SMAP解散後の変化とは「“ん?”ってピクって反応する…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事