吉岡里帆「一歩間違ったら、ストーカー」

参照回数:240,578

【吉岡里帆/モデルプレス=4月3日】女優の吉岡里帆が、3日に都内で実施された映画『名探偵コナン から紅の恋歌』(4月15日公開)の完成披露舞台挨拶に、宮川大輔、倉木麻衣、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、堀川りょう、宮村優子とともに出席した。
吉岡里帆 (C)モデルプレス
吉岡里帆 (C)モデルプレス
シリーズ21作目となる今作は、江戸川コナンと服部平次が久々に劇場版でタッグを組み、それぞれの想い人である毛利蘭と遠山和葉を巻き込んで繰り広げる“淡い恋のストーリー”を描く。吉岡は、平次と和葉が通う改方学園高校のかるた部主将・枚本未来子役を務めている。

吉岡里帆、宮川大輔 (C)モデルプレス
吉岡里帆、宮川大輔 (C)モデルプレス

吉岡里帆の初恋エピソード

艶やかな袴姿で登場した吉岡は、物語に絡めて初恋の思い出を聞かれると「幼稚園のときですね。私の初恋は。太陽みたいにわんぱくで元気いっぱいな男の子に恋をしまして、私は好きという気持ちを言えなくて、小学校に上がって、どうしても気持ちが抑えられなくて、『会いたい!』って思って。幼稚園の連絡網ってあるじゃないですか。昔、あれって住所が載っていたんですよね。住所の先に行って、チョコレートを渡しました」とかわいらしいエピソードを披露。

宮川に「積極的ですね~」と評された吉岡は「積極的ですよね。たぶん、私の人生で一番積極的だった瞬間だと思うんですけど…。そう。チェキ、写真を撮ってもらいました。恥ずかしいのといろいろ混ざっちゃって、『一緒に写真撮って』って言って、写真撮って、そのチェキを未だに持ってます。捨てられないんです。そんな初恋…。一歩間違ったら、ストーカーなんですけど(笑)」とも話した。

名探偵コナン から紅の恋歌
名探偵コナン から紅の恋歌

声優の仕事を振り返る

その一方で、シリーズのファンであるがゆえに「緊張感がすごくありまして、責任重大なお仕事でありまして、今日はXデーと私の中ではカレンダーに記してあります」と心境を吐露した吉岡。役作りでは、自身がMCを務めるラジオ番組にゲスト出演した人気声優・林原めぐみのアドバイスを参考にしたという。「直々にアドバイスをくださいまして。技術がない吉岡里帆ちゃんがやるなら、とにかく気持ちなんだと。とにかく感情を込めて、想いながらやるということが、どれほど大事かということを教えてくださいまして。とにかく林原さんのそのおまじないをもって、現場に立ってました」と振り返った。

吉岡里帆 (C)モデルプレス
吉岡里帆 (C)モデルプレス
吉岡里帆、宮川大輔 (C)モデルプレス
吉岡里帆、宮川大輔 (C)モデルプレス
これを聞いた毛利蘭役の山崎は「びっくりしたんですけど、今回すっごくテンポ早くなかったですか?セリフの。全体的に、作品が。吉岡さんがいらっしゃる前にみんなでやっていたときに、『早いね~』って言っていたのに、ちゃんと話してらっしゃったから、すごいなと思いました」と絶賛。コナン役の高山も「アフレコのときの話をちょろっと聞いて、すごくかわいくて、すごくお勉強をしてきてくださっていて…。愛してくださっているということでね。嬉しかったです。そして、その愛が滲み出ていますよ。素敵でした」と賞賛の言葉を送り、これに吉岡は「勿体なきお言葉…!」と照れ笑いを見せていた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 吉岡里帆「一歩間違ったら、ストーカー」
今読んだ記事

吉岡里帆「一歩間違ったら、ストーカー」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事