JKT48の支配人が急死 メンバーの仲川遥香がコメント

0
0
AKB48グループのインドネシア・ジャカルタの姉妹グループJKT48の劇場支配人を務めていた稲尾次郎氏(48)が急死したことが22日、分かった。メンバーの仲川遥香がコメントした。
報道によると、稲尾さんは21日の夕方、自宅の浴室で首をつっているところを家族が発見。自殺と見られているが、現在も調査中とされている。

同グループの公式スタッフブログでは訃報を伝えると共に「JKT48に愛情を込めた彼の作品は、私たちとファンに記憶されます」とメッセージを掲載している。

元メンバーの仲川遥香がコメント

仲川遥香(C)モデルプレス
仲川遥香(C)モデルプレス
仲川遥香(C)モデルプレス
仲川遥香(C)モデルプレス
昨年12月にグループを卒業した仲川遥香はTwitterで 「次郎さんがいたから私はインドネシアで頑張れました。 次郎さんがいる現場はいつも明るかった。まだ信じたくない。 次郎さん天国から私達の事見守っててください」とつぶやき追悼したが、「悲しいよ。辛い。」「少し時間をください。落ち着いたらTwitterとInstagram更新します」と悲しみを堪えきれない状態になっている。(modelpress編集部)

情報:JKT48
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - JKT48の支配人が急死 メンバーの仲川遥香がコメント
今読んだ記事

JKT48の支配人が急死 メンバーの仲川遥香がコメント

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事