“日本一かわいい女子高生”の面影なし!りこぴんが衝撃のゾンビ姿に

参照回数:388,457

【りこぴん・永井理子/モデルプレス=3月16日】昨年3月に開催された「女子高生ミスコン2015‐2016」でグランプリに輝き、初代“日本一かわいい女子高生”の称号を手にした“りこぴん”こと永井理子(※現在通信制高校の4年生)が、愛知県安城市のPR動画に出演。同作に主演したりこぴんは、面影なしの衝撃のゾンビに扮した。
ゾンビ姿のりこぴん/安城市PR動画(提供画像)
ゾンビ姿のりこぴん/安城市PR動画(提供画像)
同作は、りこぴんを含むゾンビ集団が、安城市に突如現れるところから物語がスタート。同市が掲げる「健幸(ケンサチ)」というコンセプトをもとに、“ゾンビでさえも健康で幸せになれるまち”を「歌」「ダンス」「物語」を通して表現している。特に安城七夕まつりでの市民1000人参加のダンスシーンは圧巻だ。

安城市PR動画(提供画像)
安城市PR動画(提供画像)

豪華クリエイターが結集

また、豪華クリエイター陣が集結しており、ダンスの振付に関しては、きゃりーぱみゅぱみゅの「PON PON PON」やグリコ「ポッキー」CMなどで大きな話題を呼んだ振付稼業air:man(ふりつけかぎょうエアーマン)が担当。

全編を彩るポップな楽曲は、今回の動画のために書き下ろされたもので、作曲は、AKB48「イチニノサン」、NMB48「おNEWの上履き」などを作曲した村井大氏。作詞は、大原櫻子「Realize」などを手がけ、父親が安城市の高校出身で市への造詣も深い作詞家の坂井竜二氏が担当した。

さらにシンガーは、フジテレビ「ハモネプ2015」で優勝した経歴を持つ地元シンガー、伊藤ゆりを起用。ほか、テロップデザインを地元安城市出身でアニメ「けものフレンズ」のタイトルロゴ等を生み出した米田龍平氏。

そして、映像監督を務めたのは渋江修平氏。小学生あるあるを描いた「KIRINプラズマ乳酸菌WEBムービー」や、モーニング娘。’15「青春小僧が泣いている」MVなどを手がけた経歴を持つ。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “日本一かわいい女子高生”の面影なし!りこぴんが衝撃のゾンビ姿に
今読んだ記事

“日本一かわいい女子高生”の面影なし!りこぴんが衝撃のゾンビ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事