渡辺麻友、ダメ男に鉄槌“際どいヒロイン”で「刺激的な夜をお届けしたい」

参照回数:237,581

【渡辺麻友/モデルプレス=3月4日】AKB48グループメンバーが各話で主演を務めた『AKBラブナイト 恋工場』(2016年4月~9月)で行われた“主演女優バトル”で第1位に輝いた渡辺麻友は、2017年春からスタートする連続ドラマの主演権をゲット。3月4日には、同ドラマの詳細が発表された。
渡辺麻友(C)AKS
渡辺麻友(C)AKS

渡辺麻友の主演ドラマの詳細発表

ドラマのタイトルは「サヨナラ、きりたんぽ」(毎週日曜深夜0:40~)。

秋元康誌が企画・原作を担当したショッキングな“愛の物語”でありながら痛快コメディーでもあるという異色作である。

渡辺麻友がセンセーショナルなヒロイン

1936(昭和11)年、仲居・阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断。この衝撃的な“阿部定事件”は、のちに数々の小説や映画の題材にもなっていたが、人々の興味を引きつけてきたのは、単なる猟奇殺人のように見えるこの事件が、純愛が行きついた果ての犯行だったからといえる。

同ドラマは、“阿部定事件”を描くものではないが、渡辺は“理想の男性に裏切られた復讐のため”“愛の方向性がズレたため”など、純愛を貫くがゆえに男性の下腹部を切断してしまうセンセーショナルなヒロイン・主人公・桐山さおりを演じる。

痛快な“純愛ラブコメディー”

一見、重く受け止められがちなテーマだが、同作で描かれるのは、ただただ不器用な愛に突進し、砕け散っては、さまよい続けるヒロインの姿。映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)で、「第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞」を受賞した喜安浩平氏の脚本のもと、軽快なテンポで、さおりがダメ男に思いきり鉄槌を下す、痛快な“純愛ラブコメディー”を目指す。

ドラマは1話完結形式で、毎回、清楚な印象のさおりに惹かれる男性が登場。2人は交際をはじめるが、実は、相手は妻帯者だったり、酒乱だったり、DVだったり、そんな男たちの本性がバレたとき、さおりは豹変し、事件が起きる。

渡辺麻友「刺激的な夜をお届けしたい」

渡辺は「お話をいただいた時は驚きました。あの衝撃的な事件、阿部定事件がドラマ化?私が平成の阿部定!?今まで演じた事のない役柄です!私自身も大きな挑戦となります」と異色作に挑む心境を告白。「純愛を求め過ぎたが故に行き着く果て。毎週日曜深夜、皆様に刺激的な夜をお届けしたいと思います!」と意気込みを語った。

一方、杉山登プロデューサーは「清楚なイメージ(しかも恋愛禁止のAKB)の渡辺麻友が今回演じるのはなんと平成の“阿部定”!しかもコミカルに!理想の純愛を求める彼女と下心を隠した男達との恋の駆け引きは、可笑しくて、可愛くて、そしてすごく…コワいです」と渡辺に演技について紹介。「喜安浩平が書く刺激的なセリフを渡辺麻友がどう演じるのか、スタッフみんなが今からドキドキしています。究極の愛に生きる“大人のまゆゆ”をどうぞお楽しみに!」と呼びかけた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 渡辺麻友、ダメ男に鉄槌“際どいヒロイン”で「刺激的な夜をお届けしたい」
今読んだ記事

渡辺麻友、ダメ男に鉄槌“際どいヒロイン”で「刺激的な夜をお届…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

関連動画

「ニュース」カテゴリーの最新記事