須賀健太「こんな共演者います?」E-girls石井杏奈に感激 

0
0
俳優の須賀健太E-girls石井杏奈が1日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われたプレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」(3月7日より毎週火曜よる11:15~/BSプレミアム)の記者発表会に、同作の原案・演出を手掛けた萩原健太郎氏とともに出席した。
石井杏奈、須賀健太 (C)モデルプレス
石井杏奈、須賀健太 (C)モデルプレス

石井杏奈に感謝

共演した感想を聞かれると、須賀は「撮影がタイトなスケジュールで、濃くやっていたんですけど、現場にホットアイマスクをわざわざ僕に買ってきてくださって、めちゃめちゃ嬉しかったです」と回顧し、「いろいろなことを受けて、感じて凹んだりして、撮影で心がズタボロになっていたんですけど、そのアイマスクで癒されていたので、感謝しかないです」とコメント。

これに石井が「(須賀は)私よりもシーンが多いですし、スケジュールも詰まっていて、疲れているはずなのにすごく元気だったんですよ。タフだなと思って、“いつ、この方は疲れを出しているんだろう”と思うと、きっと寝るときとか、自分の時間になるときしかないんだろうなって思ってしまって、どうしたら疲れを癒せるんだろうって思ってホットアイマスクを買いました」と説明すると、須賀は「こんなこと思ってくれる共演者います?感謝ですね」と感激しきりだった。

石井杏奈 (C)モデルプレス
石井杏奈 (C)モデルプレス
須賀健太 (C)モデルプレス
須賀健太 (C)モデルプレス

須賀健太「今出せるものを全部出せた」

同作は、「嘘」に傷ついてコミュニケーション恐怖症に陥った主人公の真(まこと/須賀)が、「ドッキリ番組」の女の子・真琴(まこと/石井)にだまされながら「嘘の中の真(まこと)」に触れ、再びこの嘘まみれの世界に自分の足で立って生きる一歩を踏み出していく物語。

対人恐怖症になって7年間部屋に閉じこもっているという役を演じた須賀は、「現代の若い子たちって実は傷つくのが怖くて、SNSでひとと繋がる機会は増えているんですけど、本質はある種臆病で、コミュニケーションを取ることに対してひとつ壁ができちゃっていると思っている」と分析。「(真は)それを体現したキャラクターであり、そんな彼がいろいろなことに巻き込まれて行き、傷つきながらも立ち上がって人生を見つめ直すという作品で、それに関われたことがすごく嬉しくて、今出せるものを全部出せたかなと思います」と手応えを感じていた。

石井杏奈 (C)モデルプレス
石井杏奈 (C)モデルプレス
須賀健太 (C)モデルプレス
須賀健太 (C)モデルプレス

石井杏奈「勇気が湧く作品」

一方、「素人参加型ドッキリ番組」の出演者で、嘘ばかりついて真を翻弄するという役を演じた石井は、「自分でもセリフを読んでいて、嘘なのか本当なのか、ギリギリまで監督と話してどっちのパターンもお芝居をしていたんですけど、そういう部分も見ていく中で探りながら見てほしいなと思いますし、1話を見て自分自身、勇気をもらえたので、私のような学生にも見ていただけたら、勇気が湧く作品なのかなと感じました」とアピール。

さらに、ドッキリに遭う真(須賀)の反応が面白くて笑ってしまうこともあったといい、「『カット』ってかかると、“この子ヒドイな”って自分のことを思ってしまったんですけど、やっているときは楽しかったです。人をだますって楽しいなって感化されました(笑)」と打ち明けて須賀を驚かせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 須賀健太「こんな共演者います?」E-girls石井杏奈に感激 
今読んだ記事

須賀健太「こんな共演者います?」E-girls石井杏奈に感激 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事