ベッキー、まさかの登場に会場ざわつく<第26回東京スポーツ映画大賞>

「第26回東京スポーツ映画大賞」の授賞式が26日、都内にて開催。ビートたけしが選ぶエンターテインメント賞のカムバック・奨励賞にタレントのベッキーが選ばれ、授賞式に登場した。
ビートたけし&ベッキー(C)モデルプレス
ビートたけし&ベッキー(C)モデルプレス
同賞は1992年に発足した東京スポーツ新聞社主催の映画賞。日本全国10の映画祭がノミネート審査に参加し、その結果を踏まえて、お笑いタレントのビートたけしが最終選考を行う。

また第10回より「ビートたけしのエンターテインメント賞」が併設され、幅広い分野を選考対象とし表彰している。

ビートたけし(C)モデルプレス
ビートたけし(C)モデルプレス
今回で26回目の開催となり2016年の作品を対象に、作品賞を「この世界の片隅に」、監督賞を「シン・ゴジラ」の庵野秀明監督&樋口真嗣監督、主演女優賞を宮沢りえ、主演男優賞を三浦友和、、助演男優賞を綾野剛&菅田将暉、助演女優賞を広瀬すずらが受賞。

また、たけしが選ぶエンタメ賞にはピコ太郎、ベッキー、広島カープの黒田博樹氏、桂文珍ら2016年の“顔”が受賞した。

ベッキー満を持して登壇

ビートたけし&ベッキー(C)モデルプレス
ビートたけし&ベッキー(C)モデルプレス
この日のエンタメ賞は「授賞式に来ないだろう人をあえて選出した」(たけし)などとしており、2016年に芸能界で“お騒がせ”したお笑い芸人の狩野英孝、アンタッチャブル柴田英嗣らが続々と“欠席”の中、大本命のベッキーはまさかの登壇。

ベッキーを選んだ理由についてたけしは「かっこよかった!妙な隠し事もないし、妙に飾ることもなく、好きなものを好きで何が悪い!というのが正直でいいなと思った」とし、「今後ベッキーがどういう仕事をして、どうやって上にあがっていくかという勝負の年で、今日が一括りと思っていただけたらと思う」と励ました。

これを受けてベッキーは「私はこんなポジティブな素敵な賞をいただけるような人間ではない」としつつ「ちょっと東スポさんとの関係性をお話しますけど…」と切り出し「昨年は東スポさん、あること、ないこと、ないこと…いろいろ記事にしていただきました(笑)そして全然かわいくない写真ばっかり使われて嫌だなと思っていたんですけど、昨年末から急にまあまあ写りのいい写真が使われ始めて、えっ…どうしたんだろうと思ってたら、この授賞式のオファーがきました。わかりやすい作戦…(笑)」と明かし、会場の笑いを誘った。

ベッキーは続けて「私は単純な人間なのでうれしいですし、この賞はお尻を叩かれたと思って今後がんばっていきたいです。本当にありがとうございました!」と気持ちを新たにし、前を向いた。

また、司会のガタルカナル・タカがベッキーに「今年、もう一回大きい不倫でもしていただくと、ベッキーさすがだなと思いますが…」と冗談の声がけをすると、ベッキーはうんざりという様子で大きく手を横に振りながら去っていった。


東京スポーツ映画大賞(※敬称略)

受賞式の様子(C)モデルプレス
受賞式の様子(C)モデルプレス
☆…出席者

作品賞:「この世界の片隅に」
監督賞:庵野秀明・☆樋口真嗣(シン・ゴジラ)
主演男優賞:☆三浦友和(葛城事件)
主演女優賞:☆宮沢りえ(湯を沸かすほどの熱い愛)
助演男優賞:☆綾野剛(怒り)、☆菅田将暉(ディストラクション・ベイビーズほか)
助演女優賞:広瀬すず(怒り)
新人賞:☆杉咲花(湯を沸かすほどの熱い愛)
外国作品賞:「ハドソン川の奇跡」
特別功労賞:故神山繁さん

第17回ビートたけしのエンターテインメント賞(※敬称略)

男気賞:黒田博樹
特別賞:稀勢の里
話題賞:☆ピコ太郎、RADIO FISH、平野ノラ
激励賞:柴田英嗣、狩野英孝
努力賞:三遊亭円楽
カムバック&激励賞:☆ベッキー
日本芸能大賞:☆桂文珍
日本芸能特別賞:☆林家正蔵
日本芸能賞:☆ハリウッドザコシショウ、☆ライス、☆銀シャリ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ベッキー、まさかの登場に会場ざわつく<第26回東京スポーツ映画大賞>
今読んだ記事

ベッキー、まさかの登場に会場ざわつく<第26回東京スポーツ映…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事