Sexy Zone中島健人、さすがの“ご褒美投げキッス”にスタッフ感嘆「完璧だね!」<撮影レポート>

参照回数:80,333

【中島健人/モデルプレス=3月2日】Sexy Zone中島健人が、ゲームアプリの新CMキャラクターに起用。3月4日より「消さないの?」篇、3月9日より「雪だるまつくろう」篇が全国オンエアされる。

中島健人が甘くやさしく語りかける

同ゲームは、3つ以上なぞって消していく、スッキリとした爽快感が楽しめるカジュアルパズルゲーム。新CMでは、中島がプレイ画面と左右に分割されているTVモニターの中から、ゲームの魅力をプレイ画面に合わせて表情を変えながら画面越しの視聴者だけに向かって、甘くやさしく語りかける。

<撮影レポート>爽やかな中島健人が“堂々宣言”

撮影が行われたのは、2月初旬の東京近郊某スタジオ。爽やかな白いシャツ姿で颯爽とスタジオ入りしてきた中島は「最高にハッピーなツムツムを皆さまに届けたいと思います!」と堂々と宣言すると、スタジオは拍手喝采で沸き上がった。

スタジオに用意されていたのは大・中・小と、大きさの違う3種類の箱型のセット。風変わりなセットを前にして、撮影監督との打合せでは「ポーズって色々変えたりしてもいいですか?」と提案していた中島。一番小さいサイズでは縦横それぞれ50cmしかないほどのセットなため、中に入るのも一苦労の様子だったが、限られた空間の中でゲームのプレイ画面の動きに合わせて、プレイヤーを盛り上げたり、やさしく語りかけたりする演技をひたすら続けた。

箱の中では、両手でハートの形を作ったり、ウィンクしながらの投げキッスなど、中島が思いつくままのキュートなポージングも。特に投げキッスのポージングは、撮影中、中島のアドリブが最も活かされたところで、様々なバリエーションが撮影され、監督からは「完璧だね!」とお墨付きも。投げキッスを絶賛された中島だった。

中島ケントクロース?撮影を振り返る

撮影終了後、中島は「(狭い煙突の中を通ってプレゼントを持ってくる)サンタさんの気持ちがわかった」とのこと。「あの狭い(セットの)中を通り抜けて来た僕が、皆さんにツムをプレゼントする、(サンタクロースと)同じです」とクールに回答。意外なところでサンタクロースとの共通項を見出していたようだった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Sexy Zone中島健人、さすがの“ご褒美投げキッス”にスタッフ感嘆「完璧だね!」<撮影レポート>
今読んだ記事

Sexy Zone中島健人、さすがの“ご褒美投げキッス”にスタッフ感嘆…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事