広瀬すず「3日間号泣」のデビュー当時 「カメラすら回してもらえなかった」最大の転機とは

0
0
モデルで女優の広瀬すずが17日放送の日本テレビ系情報番組「ZIP!」(月~金、あさ5時50分)のエンタメコーナー「SHOWBIZBRAVO!」にVTR出演。芸能界入りのきっかけや、転機となった作品について語った。
広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
芸能界入りのきっかけは、実姉・広瀬アリスが専属モデルを務めていた雑誌「Seventeen」のイベントに来場した際、所属事務所の社長に声をかけられたこと。

所属事務所社長から誘いを「断りきれなかった」という広瀬は、当時夢中だったバスケットボールに「影響が出ない程度に始めてみない?」と勧められ、芸能界入りを決断。しかし、いざ活動をスタートさせると「最初のCMのお仕事が新人戦とかぶって3日間号泣して。マネージャーさんをにらみつけてました」と前向きでなかった当時の心境を振り返った。

女優業、東京を「拒否してました」

広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
その後、2012年には、同誌専属モデルオーディションにて「ミスセブンティーン2012」に選ばれ、同誌専属モデルに加入。女優業にも進出し、映画『海街diary』(2015)では映画賞を総ナメにするなど、あっという間に若手トップ女優の筆頭格に。

当初は女優になることも全く考えていなかったそうで、「むしろ拒否してました。東京を拒否してました」と苦笑いを浮かべた。

女優として最大の転機となった作品は

広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
そんな広瀬にとって最大の転機となった作品が映画『怒り』(2016)。暴行事件をきっかけに心を閉ざす沖縄の女子高生を演じたが、脚本を読み、「もしこれに参加できたら自分の中で絶対に何かが変わる」と感じ、自らオーディション参加を志願したそう。

同作の李 相日監督は厳しい演技指導で知られ、「クランクインした初日はカメラすら回してもらえなかった」と悔しそうに回顧。オールアップの際には、李監督から「やっとスタートラインに立てたね」と声をかけられたそうで、「ひえぇーって思いました(笑)」とお茶目に語っていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 広瀬すず「3日間号泣」のデビュー当時 「カメラすら回してもらえなかった」最大の転機とは
今読んだ記事

広瀬すず「3日間号泣」のデビュー当時 「カメラすら回してもら…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事