松井玲奈、念願の時代劇初出演「緊張感でいっぱい」<コメント到着>

【松井玲奈/モデルプレス=1月13日】女優の松井玲奈が20日放送のNHK BS時代劇「雲霧仁左衛門3」(BSプレミアム 毎週金曜日よる8時~※全8回)の第3回にゲスト出演。松井にとって、今回が時代劇ドラマ初出演となる。
時代劇に初出演する松井玲奈(C)NHK
時代劇に初出演する松井玲奈(C)NHK
松井が演じるのは、大工小僧七松(大東駿介)の幼なじみで、女掏摸(めんびき/女スリ)のおさき。七松とは、ほおずき市で偶然出会い恋仲になる。しかし実は雲霧の動きを探るために式部が送り込んだ密偵であったという役どころだ。

松井玲奈が喜び語る



念願の時代劇初出演となる松井は「ずっと憧れていた時代劇にやっと出演させていただくことができました」と喜びに満ちあふれており「京都の撮影所に入った瞬間に、緊張感でいっぱいになりましたが、主演の中井(貴一)さんはじめ、先輩方がフランクに接してくださり、救われました」とコメント。今回の出演をきっかけに「また時代劇に呼んでいただけるように、精進したいと思います」と気持ちを新たにした。

松井玲奈(C)NHK
松井玲奈(C)NHK

雲霧仁左衛門3



物語は、兄が身代わりとなって処刑された隙をつき、自分たちを陥れた主家・藤堂家の家老から一万両を奪って面目を失わせ、武士の本懐を遂げて雲霧仁左衛門(中井貴一)が消息を経ってから1年。江戸では死んだと思われていた雲霧の名を騙り、残虐な手口で金を奪う盗賊が世情を騒がせていた。

だがそれは、仁左衛門をおびき出して復讐を果たそうとする藤堂家江戸家老・磯部(春風亭小朝)の策略だった。そして一度は火付盗賊改方長官の座を退いた安部式部(國村隼)も復帰。雲霧一党と火盗改、藤堂家による三つ巴の戦いを描く。(modelpress編集部)

松井玲奈 コメント



ずっと憧れていた時代劇にやっと出演させていただくことができました。京都の撮影所に入った瞬間に、緊張感でいっぱいになりましたが、主演の中井さんはじめ、先輩方がフランクに接してくださり、救われました。また時代劇に呼んでいただけるように、精進したいと思います。

第3回あらすじ



仁左衛門(中井貴一)が次に標的としたのは味噌醤油を扱う大店・豊田屋。だが金は特注の錠前がつけられた味噌醤油蔵にあるらしく、容易に手が出せない。雲霧の狙いが藤堂家懇意の大店にあると察知した式部(國村隼)は、配下の高瀬(松田悟志)を職人として豊田屋に潜入させる一方、七松(大東駿介)に幼なじみのおさき(松井玲奈)を近付けて動きを探る。おさきが密偵であることを見抜いた雲霧はおさきに偽りの押し込みの日取りを握らせ、醤油樽に潜んで蔵の中に入り込み金を奪った。仁左衛門の温情で命を助けられたおさきは、七松との思い出を胸に旅立つ。
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel


TOP