「逃げ恥」山賀琴子、クランクアップで感慨 女優デビュー作は「勉強すること、反省することばかりでした」

高視聴率を獲得し話題のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系/毎週火曜よる10時)に、堀内柚役で出演する女優の山賀琴子が14日、クランクアップしたことを報告した。
「逃げるは恥だが役に立つ」をクランクアップした山賀琴子/Instagramより
「逃げるは恥だが役に立つ」をクランクアップした山賀琴子/Instagramより
今年3月開催の日本一美しい女子大生を決める「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2016」(ミスオブミス)でグランプリを獲得した山賀は、今作で女優デビュー。

「初めてのドラマで、かなり緊張しながら始まった撮影も、周りの方々の温かさに支えられて無事に終えることができました」と何もかもが初体験であった現場を振り返り、「勉強すること、反省することばかりでしたが、とにかくとっても楽しかった!!この作品に出演できたことを本当に嬉しく思います」と誇らしげにコメント。

山賀琴子(C)TBS
山賀琴子(C)TBS
今作では、石田ゆり子演じる土屋百合の部下でイマドキ女子の堀内柚を演じた山賀。「柚、これからも仕事に恋愛に全力で突き進んでいってね!笑」とメッセージを送り、「来週の最終回、みんな絶対みてね!」と呼びかけた。

早くも「逃げ恥ロス」の声

そんな山賀のもとには「柚ちゃん、お疲れ様でした!」「本当にお綺麗で毎回見惚れていました」「素敵なデビュー作になりましたね」など労いの声が寄せられる中、「逃げ恥終わってほしくないよ~!」「最終回楽しみだけど、終わるのを想像すると寂しい」「すでに逃げ恥ロス…終わらないで」と早くも“逃げ恥ロス”の声が相次いでいる。

今作は、月刊「Kiss」(講談社)で連載中の海野つなみ氏の同名漫画が原作。彼氏なし・院卒なのに内定ゼロ、さらには派遣切りにあい誰からも必要とされない辛さ、居場所の無さを強く感じている25歳の主人公・森山みくり(新垣結衣)が、あることがきっかけで恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と「仕事としての結婚」をすることになる、“夫=雇用主、妻=従業員”という契約結婚を描いた社会派ラブコメディ。20日に最終回を迎える。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「逃げ恥」山賀琴子、クランクアップで感慨 女優デビュー作は「勉強すること、反省することばかりでした」
今読んだ記事

「逃げ恥」山賀琴子、クランクアップで感慨 女優デビュー作は「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事