Hey! Say! JUMP伊野尾慧、フィギュアスケートで華麗な滑り披露 米倉涼子も絶賛「羽生結弦くんに通じる」?

参照回数:627,920

【伊野尾慧/モデルプレス=5月23日】女優の米倉涼子が主演を務めるテレビ朝日系スペシャルドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(2016年夏 放送予定)に、Hey! Say! JUMP伊野尾慧が出演することがわかった。今回伊野尾は、世界大会出場を目前に控えたフィギュアスケートのメダリスト・氷室光二郎役。劇中では、米倉も絶賛した華麗なスケーティングを披露する。
Hey! Say! JUMP伊野尾慧、華麗な滑りを披露 米倉涼子「羽生結弦くんに通じるものがある」(画像提供:テレビ朝日)
Hey! Say! JUMP伊野尾慧、華麗な滑りを披露 米倉涼子「羽生結弦くんに通じるものがある」(画像提供:テレビ朝日)

伊野尾慧のスケート経験は?

今作で初のフィギュアスケーター役を演じる伊野尾。スケート経験自体は「小さい頃に家族で2回行ったくらい」という。しかし今回演じる氷室は、クワッドアクセル(4回転半)を跳ぶという偉業を成し遂げたメダリスト役の為、伊野尾は撮影前に猛特訓を敢行。元フィギュアスケート日本代表・村主章枝氏を特別コーチに迎え、よりフィギュアスケーターらしい滑りを追求した。

村主章枝氏、米倉涼子も絶賛

迎えたスケートシーンの撮影初日。氷室がスケートリンク上で倒れて吐血し介抱されるシーンでは、伊野尾が片足での滑りを披露。その姿に村主氏は「この練習時間で普通はできない!小さい頃からダンスをしてきた土台があるだけあって、さすがに飲み込みが早いな、と感心しました。100点満点で採点すると、120点です!」と手放しで賞賛。

バレエ経験が豊富で「フィギュアスケートも大好き!」という米倉も、「私があのリンクに立ったら滑れないし、止まれないと思います。伊野尾くんは体型もちょっと羽生結弦くんに通じるものがあって、フィギュアスケーター役にはピッタリ!しかも、ビックリするほど美脚で…。あの脚が私も欲しいです(笑)」と絶賛の声。

伊野尾も「短い時間でしたけど、すごく楽しかったし、きちんと滑れるようになりたいと思って頑張りました。改めて『スケートって面白いな』と思いましたし、ぜひプライベートでもやってみたいです」と滑った感想を話した。

スペシャルドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」物語

米倉涼子(画像提供:テレビ朝日)
米倉涼子(画像提供:テレビ朝日)
今作の舞台は石川県金沢市。日本初となる創薬の拠点「クロス医療センター」の病院長・黒須貫太郎(ビートたけし)の要請で、複雑なCTEPHC(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を患ったフィギアスケーター・氷室の手術を引き受けることにした大門未知子。手術目前に、未知子は“外科医としての最大の武器”を奪われ「私、失敗したので」と口にする。それは“失敗しない外科医”として邁進してきた未知子とは思えぬ言葉だった。

伊野尾慧、出演の意気込みを明かす

出演の心境を伊野尾は「母が『ドクターX』の大ファンで、いつも見ていたんです。その作品に僕も出られるということで、うれしくて楽しみな気持ちと緊張感がありました」とコメント。

氷室を演じるにあたっては「ずっとプロフェッショナルにフィギュアスケートをやってきたという背景を、スケートの部分で出すのが難しいな、と思いました。でも一応、僕もジャニーズでコンサートをやったりしていますから(笑)、一種のショー的な意味合いとしては、ちょっと通ずるものがあると思うんです。そういうパーツ、パーツを見つけて演じられたらいいな、と思っています」と意気込みを語った。

また、初共演となる米倉については「大門未知子(米倉)先生を生で初めて見て『やっぱりスカート、短いな!』と思って、ちょっとドキドキしました(笑)」と告白し、隣にいた米倉の笑いを誘っていた。

米倉涼子「ちょっとショックを受けました」

一方米倉は、伊野尾の所属するグループHey! Say! JUMPについて「『平成』というくらいですから、すごく若い印象があったんですよ。だから、今回ももっとあどけなくて、守ってあげたい感じの男の子が来るのかな、と思っていたんです(笑)でも、平成ってもう約27年も経っているんですよね!そこに改めて気づいて、ちょっとショックを受けました(笑)」と胸の内を吐露。

また印象については「実際にお会いした伊野尾くんは、初々しさや気さくさがありながらも、スポーツマンシップにのっとった芯の強さや負けず嫌いな一面も秘めていると感じました」と明かした。(modelpress編集部)

米倉涼子コメント

Hey!Say!JUMPさんは「平成」というくらいですから、すごく若い印象があったんですよ。だから、今回ももっとあどけなくて、守ってあげたい感じの男の子が来るのかな、と思っていたんです(笑)。でも、平成ってもう約27年も経っているんですよね! そこに改めて気づいて、ちょっとショックを受けました(笑)。実際にお会いした伊野尾くんは、初々しさや気さくさがありながらも、スポーツマンシップにのっとった芯の強さや負けず嫌いな一面も秘めていると感じました。私があのリンクに立ったら滑れないし、止まれないと思います。伊野尾くんは体型もちょっと羽生結弦くんに通じるものがあって、フィギュアスケーター役にはピッタリ! しかも、ビックリするほど美脚で…! あの脚が私も欲しいです(笑)。今回は未知子が前代未聞の壁に直面しますが、それもすべて脚本家の中園ミホさんからの愛情だと感じています。ずっと失敗しないままだと人間味もありませんし、未知子はたとえ失敗しても、くたばらない強さを持った外科医。そういう新たな一面を提示できる物語なので、撮影していても毎日が新鮮です。

伊野尾慧コメント

母が「ドクターX」の大ファンで、いつも見ていたんです。その作品に僕も出られるということで、うれしくて楽しみな気持ちと緊張感がありました。また、主演の米倉さんは僕がホントに小さい頃からテレビで拝見していた方。そういう方と一緒にお芝居をさせていただくという点でも、やっぱり緊張しますね。ちなみに、大門未知子先生を生で初めて見た時は「やっぱりスカート、短いな!」と思って、ちょっとドキドキしました(笑)。また、ずっとテレビで出場大会を見させていただいていた村主さんにスケートの指導をしていただくことも、なかなか頂けない機会! 短い時間でしたけど、すごく楽しかったし、きちんと滑れるようになりたいと思って頑張りました。改めて「スケートって面白いな」と思いましたし、ぜひプライベートでもやってみたいです。氷室を演じるにあたっては、ずっとプロフェッショナルにフィギュアスケートをやってきたという背景を、スケートの部分で出すのが難しいな、と思いました。でも一応、僕もジャニーズでコンサートをやったりしていますから(笑)、一種のショー的な意味合いとしては、ちょっと通ずるものがあると思うんです。そういうパーツ、パーツを見つけて演じられたらいいな、と思っています。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Hey! Say! JUMP伊野尾慧、フィギュアスケートで華麗な滑り披露 米倉涼子も絶賛「羽生結弦くんに通じる」?
今読んだ記事

Hey! Say! JUMP伊野尾慧、フィギュアスケートで華麗な滑り披露…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事