高月彩良、初挑戦に「飛び上がるほど嬉しい」市川海老蔵を絶賛

0
歌舞伎俳優の市川海老蔵主演のドラマ「石川五右衛門」(テレビ東京、2016年放送予定)に女優の高月彩良が出演することが決定。高月は“五右衛門一家 ”の紅一点“堅田の小雀”を演じ、今作にて時代劇アクションに初挑戦する。
高月彩良、時代劇アクション初挑戦 市川海老蔵の演技に「オーロラを見ているよう」
高月彩良、時代劇アクション初挑戦 市川海老蔵の演技に「オーロラを見ているよう」
高月演じる小雀は、昼は大道芸人「白波夜左衛門一座」の一員として世を忍びつつ、夜は石川五右衛門 (海老蔵)、三上の百助(山田純大)、足柄の金蔵(前野朋哉)と共に、盗みを働きながら庶民救うという役柄。

小五右衛門一家の唯一の女性で美人だが、普段は男勝りで勝ち気な性格。両親を戦争でなくしたため、戦を起こした武士を人一倍憎んでるという内面も持ち合わせている。

高月彩良、アクションに挑む心境は?

“堅田の小雀”を演じる高月彩良
“堅田の小雀”を演じる高月彩良
今回、高月は小雀の印象について「男勝りな性格は凄く似ています」と話し、「小雀と同じように昔、私も良くお母さんに、その座り方やめなさいっ!って怒られていました」と告白した。

時代劇アクション初挑戦となるが、「私はアクションが大好きなので、このお話を頂いた時、飛び上がるほど嬉しく思いました。『小雀、役人を叩きのめす』、このト書きを読むだけでテンションが上がりました」と配役決定時の心境を明かし、「現場では、アクション指導の方にご指導頂いていますが、未熟な部分ばかりなので本作では格好良い姿をお見せできるよう、引き続き頑張りたいと思っています」と意気込みを語った。

市川海老蔵を絶賛「毎日“オーロラ”を見ているよう」

また主演の海老蔵との共演については、「海老蔵さんのお芝居を間近で拝見していますが、お芝居の凄さは圧巻です。本当に毎日“オーロラ”を見ているようです」と絶賛。

「海老蔵さんはとても気さくで、楽しい方で、遠くの方にいても海老蔵さんの笑い声は常に聞こえてきます(笑)。空き時間などは海老蔵さんがお話を盛り上げて下さり、撮影が延びてでも、海老蔵さんのお話をずっと聞いていたいと思うくらい、勉強になる事が沢山あります」と学びの多い現場であることを明かした。

「ちょっと天然ちゃん」の高月彩良

プロデューサーの山鹿達也氏は高月の役どころについて「五右衛門一家の紅一点、堅田の小雀は、侍嫌いの勝気な性格で、男勝りな役どころです。高月彩良さんは、瞳がとても印象的で、ボーイッシュなイメージがあり、小雀にぴったりハマると思い、お願いをしました」と抜擢の理由を明かした。

実際の衣装については「衣装デザインも高月さんの健康的な若さとアクティブさを良く表していて、視聴者の目を釘づけにすること間違いなしです。可憐でピュアな少女の思いを胸の内に秘め、海老蔵さん演じる五右衛門と共に悪に立ち向かう様は、若い人からご年配の視聴者までを魅了すると確信します」とコメント。

また高月の現場でのエピソードも披露。「海老蔵さんをはじめ、山田純大さんや前野朋哉さん達と談笑しています。ちょっと天然ちゃんの高月さんは、共演者やスタッフにも人気者です」と撮影の裏話を語った。(modelpress編集部)

ドラマ「石川五右衛門」ストーリー

時は安土桃山、豊臣秀吉の治世。関白となった秀吉は思うままに権勢を誇り、その家臣たちは富を独占していた。一方、庶民の生活は困窮を極め、彼らの不満は日増しに高まっていた。

庶民の心の支えとなっていたのが「白波夜左衛門」一座。その頭・夜左衛門こそ、天下の大泥棒・石川五右衛門の世を忍ぶ仮の姿だった。

夜左衛門から大泥棒へと姿を変えた石川五右衛門は、権力者・秀吉に逆らい、仲間の百助や金蔵らと共に悪事を働く大名や大商人の屋敷に忍び込んでは財宝を盗み、貧しい庶民たちに金品を分け与えていた。

石川五右衛門捕縛に躍起になる豊臣秀吉。さらに、秀吉の側室・茶々や家臣・前田玄以、石田三成ら周囲の人物たちの思惑が交錯する。時の権力者・豊臣秀吉と石川五右衛門の対決を軸に、痛快で壮大な人間ドラマ。

高月彩良コメント

-高月彩良さんと演じる小雀、似ている点はありますか?

男勝りな性格は凄く似ています。小雀ほど、行儀は悪くないと思いますが(笑)、小雀と同じように昔、私も良くお母さんに、その座り方やめなさいっ!って怒られていました。

-石川五右衛門役、市川海老蔵さんとの共演についてお聞かせください。

海老蔵さんはとても気さくで、楽しい方で、遠くの方にいても海老蔵さんの笑い声は常に聞こえてきます(笑)。空き時間などは海老蔵さんがお話を盛り上げて下さり、撮影が延びてでも、海老蔵さんのお話をずっと聞いていたいと思うくらい、勉強になる事が沢山あります。海老蔵さんのお芝居を間近で拝見していますが、お芝居の凄さは圧巻です。本当に毎日、“オーロラ”を見ているようです。

-時代劇での本格アクション初挑戦ということですが、いかがですか?

私はアクションが大好きなので、このお話を頂いた時、飛び上がるほど嬉しく思いました。「小雀、役人を叩きのめす」、このト書きを読むだけでテンションが上がりました。現場では、アクション指導の方にご指導頂いていますが、未熟な部分ばかりなので本作では格好良い姿をお見せできるよう、引き続き頑張りたいと思っています。

-京都での撮影の様子についてお聞かせ下さい。

毎日が勉強で毎日が貴重な時間です。連続ドラマの時代劇は初挑戦で、右も左も分からない私に、監督はじめ現場の皆様が本当に温かく指導して下さるので、感謝の気持ちが画面に成果として映るよう努めたいと邁進しています。キャストの皆さんも温かい方達ばかりで和気藹々と、アットホームな撮影現場に助けられています。五右衛門チームのいざという時の結束力も、観ていただきたいです。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 高月彩良、初挑戦に「飛び上がるほど嬉しい」市川海老蔵を絶賛
今読んだ記事

高月彩良、初挑戦に「飛び上がるほど嬉しい」市川海老蔵を絶賛

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事