「ニンニンジャー」多和田秀弥、ヒーローから一転“不倫するチャラ男”に ラブシーンにも初挑戦

参照回数:442,808

【多和田秀弥/モデルプレス=4月1日】2016年2月までテレビ朝日系にて放送されていた「手裏剣戦隊ニンニンジャー」でキンジ・タキガワ(スターニンジャー)役を演じていた俳優の多和田秀弥が、同局の新ドラマ「不機嫌な果実」(毎週金曜よる11:15~※一部地域を除く/4月29日スタート)に出演することが1日明らかになった。夫・航一(稲垣吾郎)との結婚生活への不満が募った人妻・水越麻也子(栗山千明)の友人・遠山玲子(橋本マナミ)の不倫相手でスポーツインストラクター・山岸亮介を演じる。
不倫するスポーツインストラクターを演じる多和田秀弥(画像提供:所属事務所)
不倫するスポーツインストラクターを演じる多和田秀弥(画像提供:所属事務所)

多和田秀弥がヒーローからチャラ男に?

林真理子が手掛けた傑作不倫小説を約20年ぶりに連続ドラマ化した同作への出演にあたり、「原作もドラマも知らなかったのですが、20年前に留まらず、今また連続ドラマとして復活するほどの名作にこうして自分が携われることを光栄に思っています」と喜びを口にした多和田だが、「“人妻と不倫するスポーツインストラクター役”と聞いて、最初実は嬉しいという感情よりも驚きや戸惑いの方が大きかったです。ヒーローの次が不倫するチャラ男の役?って。(苦笑)」と困惑もあったよう。

加えて不倫相手の玲子(橋本)に子どもがいることから、「実際に不倫するわけじゃないのに罪の意識を抱きそうになります。今まだ週末はヒーローショーで全国を回っているから、余計に…(笑)」と罪悪感を打ち明けた。

多和田秀弥(画像提供:所属事務所)
多和田秀弥(画像提供:所属事務所)

過去最高の振り幅に「ワクワクしている」

「ニンニンジャー」でテンションが高いアメリカンなヒーロー役を演じる前には、ミュージカル「テニスの王子様」で口数が少なくポーカーフェイスで厳格な役を演じていたため、当時は「めちゃくちゃ冷酷な殺人鬼役とかじゃない限り、こんなにも役の振り幅が激しいことはきっと今後ない」と思っていた多和田。今回の“ヒーロー”から“不倫”は過去を上回るギャップだと感じているようだが、「戸惑い以上に僕を応援して下さっている方々をまた良い意味で裏切っていける、と今は本当にワクワクしているし、頑張ろうという気持ちが湧いてきます」と落差を熱意に変えていることを明かした。

多和田秀弥(画像提供:所属事務所)
多和田秀弥(画像提供:所属事務所)

多和田秀弥「大人の男の色気を身に付けていきたい」

今回初めて挑戦するラブシーンには、緊張と不安を抱いており「台本のト書きを見て、想像し、作り上げて現場で橋本さんや監督と話しながら撮るという作業も僕にとってはとても新鮮ですし、この役も自分にとって必要不可欠なタイミングだったのかなとも感じています」とコメント。「ヒーローを卒業したら大人の男の色気を身に付けていきたいと思っていましたので(笑)」と本心を告白した。

また、女性監督との撮影も初めてのため「これまた新鮮な感覚で撮影を行っています」と吐露。「監督としっかりコミュニケーションを取りながら山岸亮介という人物を作り上げ、先輩方から沢山学び、この作品の中に新鮮なスパイスを添えられるように一生懸命、楽しみながら不倫したいと思います(笑)」とお茶目に意気込みを語った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「ニンニンジャー」多和田秀弥、ヒーローから一転“不倫するチャラ男”に ラブシーンにも初挑戦
今読んだ記事

「ニンニンジャー」多和田秀弥、ヒーローから一転“不倫するチャ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事