山本舞香、デートで見せたギャップ&キュートな素顔に反響「付き合いたい」「可愛すぎる」

【山本舞香/モデルプレス=3月9日】女優の山本舞香が、8日深夜放送のバラエティ番組「そんなバカなマン」(フジテレビ系、毎週火曜24:25~)にゲスト出演した。バナナマン・設楽統とバカリズムの司令のもと日村勇紀が女性とデートをする人気企画「パシフィック・ヒム」でデート相手として登場。山本は日村の暴走に困惑しつつも、見事な対応力や意外な特技を披露し、反響を呼んでいる。
山本舞香、デートで見せたギャップ&キュートな素顔に反響「付き合いたい」「可愛すぎる」
山本舞香、デートで見せたギャップ&キュートな素顔に反響「付き合いたい」「可愛すぎる」
山本舞香(C)モデルプレス
山本舞香(C)モデルプレス

日村のクレイジーテンションにもノリ良く対応



初っ端からフルテンションで、デート開始前にも関わらず40分もふざけ続ける日村に、司令で操られているとは知らない山本は「いつもこんな感じじゃないのに」と戸惑い気味。それでもデートが始まると、日村の一挙一動に大爆笑で和やかな雰囲気のデートとなった。

ドライブ中には山本が、「恋人には何て呼ばれているんですか?」と日村に切り込み、「ゆうくん」と呼ぶことに。「いつも(恋人に呼ばれている)みたいに優しく呼んでみて」とのオーダーに、山本がささやくような“ゆうくん”呼びで応えると、日村はハニカミが止まらず、ミッション中にも関わらず本気で照れている様子だった。

空手“黒帯”の実力を発揮



山本舞香(C)モデルプレス
山本舞香(C)モデルプレス
山本舞香(C)モデルプレス
山本舞香(C)モデルプレス
デートでは2人が空手エクササイズに挑戦することに。黒帯の実力を持つ空手経験者の山本は、本気の型を披露。キレのある蹴りに、モニターを通して見ていた設楽やバカリズムも「すごい!カッコイイ!」と圧倒されていた。

バナナマン・日村勇紀(C)モデルプレス
バナナマン・日村勇紀(C)モデルプレス
組手が始まると、設楽から日村へ「隙があったらボディに行こう」と山本への攻撃の司令が。操られた日村が攻撃を繰り出すと、山本は茶目っ気たっぷりな笑顔を見せながら、蹴りやパンチで反撃。しつこく攻撃の姿勢を止めない日村にもノリノリで応戦し、「今までで一番距離が近いね」「殴りあうってなかったよね(笑)」と設楽、バカリズムが羨むほど楽しげなデートとなった。

最後に日村が司令によって操られていたとネタばらしされる場面では、「えー!」と大絶叫だった山本。デートの感想を求められると、笑顔で「気持ち悪い…」とバッサリ言い放ち、爆笑をさらっていた。

無茶ぶりへの対応力&特技披露に反響



キュートな山本の素顔と、それとはギャップのある意外な特技が明らかとなり、放送中からネット上では「山本舞香かわいすぎる」「ちょっかい出されてもちゃんと応えてる舞香ちゃん超かわいいな」「舞香ちゃん、日村さんのクレイジーさに合わせられるノリの良さ、最高」「かわいいのに空手始まるとめちゃくちゃカッコイイって山本舞香恐るべし」「舞香ちゃんと付き合いたい」などの声が続々上がっていた。(modelpress編集部)

山本舞香(やまもと・まいか)プロフィール



1997年10月生まれ、鳥取県出身。身長153cm。「鳥取美少女図鑑」に掲載されていた写真を見てスカウトされる。2011年、14代目リハウスガールをつとめ、同年「nicola」専属モデルとして活動スタート(2014年卒業)。ドラマ「それでも、生きてゆく」(2011)で女優デビュー。主な出演作はドラマ「幽かな彼女」(2012)「夜のせんせい」(2014)、映画『暗殺教室』(2015)『Zアイランド』(2015)など。今年も初主演映画『桜ノ雨』(公開中)をはじめ、映画『暗殺教室~卒業編~』(3月25日公開)、「殿、利息でござる!」(5月14日公開)に出演する。
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP