ファッション誌「Gina」が異例の復刊

参照回数:75,662

【Gina/モデルプレス=1月28日】2015年11月号をもって休刊していたぶんか社が出版するファッション誌「Gina(ジーナ)」が4月7日に増刊号として復刊。休刊からわずか半年での復刊は異例の出来事である。
休刊号となった「Gina」11月号(ぶんか社、2015年10月7日発売)表紙:長谷川潤
休刊号となった「Gina」11月号(ぶんか社、2015年10月7日発売)表紙:長谷川潤
読者から復刊を望む声が非常に多かったため復刊が決定。増刊号のコンセプトやコンテンツはこれまでと変わらず、今年は4月と9月の年2回の発行を予定している。

同誌のFacebookでは、「みなさんからの『休刊なんてしないで!』というたくさんのコメントを見て、編集部は決断しました」と理由を説明。「楽しい企画がたくさん入った、面白い1冊にします」と誓った。

復刊のファッション誌「Gina」とは

同誌は同出版社のファッション誌「JELLY(ジェリー)」を卒業した読者に向けて増刊誌として2011年9月に隔月刊でスタート、2013年3月からは月刊誌として毎月7日に発売されていたが、2015年11月号をもって休刊。「カッコイイね!が褒め言葉」をキャッチコピーに紗羅マリーやエリーローズ、大屋夏南らハーフ系モデルを多数起用し、クールなスタイルを提案してきた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ファッション誌「Gina」が異例の復刊
今読んだ記事

ファッション誌「Gina」が異例の復刊

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事