高杉真宙×横浜流星、念願の本格初共演!同い年で親友、注目の若手俳優<コメント到着>

【モデルプレス】俳優の高杉真宙と横浜流星が、5月13日より東京・天王洲 銀河劇場ほかにて上演される舞台「闇狩人」で本格初共演を果たす。原作は1988年~1990年にかけて「少年ジャンプ」で連載された坂口いく氏のストーリー漫画。今年注目の若手俳優である高杉と横浜は同い年の親友ということもあり「一緒にいい作品を作れたら」(高杉)、「念願なので楽しみです」(横浜)と期待に胸を躍らせている。
舞台「闇狩人」で本格初共演を果たす(左から)横浜流星、高杉真宙
舞台「闇狩人」で本格初共演を果たす(左から)横浜流星、高杉真宙
(左から)横浜流星、高杉真宙
(左から)横浜流星、高杉真宙
現代社会に潜む、法では裁けぬ悪を成敗する裏稼業“闇狩人(やみかりうど)”。当時、その内容から「現代版・仕事人」として話題になったアクション現代劇の名作が初めて舞台化される。

日ごろは漫画家志望の冴えない予備校生だが、裏の顔に変わった瞬間、凄腕の闇狩人として悪に立ち向かう主人公・間武士(はざまたけし)役を高杉が演じ、初の単独主演。同じく闇狩人の1人である我竜京介(がりゅうきょうすけ)役を横浜が演じる。間と我竜は闇狩人の世界ではライバル関係にあるが、お互いを認め合い、時に対峙し、時に協力する緊張感のある存在。同い年の俳優として切磋琢磨しながら互いを高め合ってきた高杉と横浜に重なる役柄となり、2人にとってさらなる飛躍のターニングポイントともなる作品となりそうだ。

念願の本格初共演に歓喜



「仮面ライダー鎧武/ガイム」で注目を浴び、ドラマ「表参道高校合唱部」「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」、主演舞台「TRUMP」などでの好演が光る高杉は「武士は二面性のある役ですが、普段のおとなしい雰囲気とハンターの時、この演じ分けをするのがすごく楽しみです」と意気込み。「まず何より楽しみなのは、横浜流星くんとご一緒できること。流星とは同じ年で、プライベートでも仲が良く、いつかがっつり一緒に仕事したいと二人でよく話をしていたので」とまさに念願叶っての本格共演となり「流星は本当に格好よくて殺陣が上手く、運動神経がよくて、僕がうらやましいなぁと思うところがめちゃくちゃ多いんです!一緒にいい作品を作れたらと思います」と話した。

「烈車戦隊トッキュウジャー」でブレイクし、「JKは雪女」などのテレビドラマをはじめ、主演舞台「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE」も話題となった実力派・横浜も「皆様と今回一緒に舞台を作ることになり光栄です。なにより同い年で親友の高杉真宙との共演は念願なので楽しみです」と喜びのコメント。闇狩人と巨悪の対決では、ステンレス製の定規(間武士)や特殊加工されたけん玉(我竜京介)といった特殊な武器を使った迫力のアクションが大きな見どころ。空手初段で世界一の経歴も持つ横浜は「普通のアクションとはまた一味違うド派手なものになると思います。僕の武器である空手で培った力も存分に活かして、面白いものにしていきますのでご期待下さい」とアピールした。

原作者コメント「こう来たか」



原作の坂口氏は「自作の映像化は妄想してみたりもしましたが、二十年以上経っての、まさかの舞台化です」と感慨ひとしお。「舞台のプロットを拝見した現段階では、時間等の制約から基本設定からの変更があり、原作ファンは戸惑うかもしれませんが、エピソードの再構成を見れば『ああ、こう来たか』とニヤリとすると思います。また、原作を知らない若いお客さんはまっさらの状態で観て下さい」とコメントを寄せている。

共演は闇狩人の三枝将(さえぐさしょう)役に鈴木勝大、陣内力(じんないちから)役に荒井敦史、最大の敵・皇静馬(すめらぎしずま)役に丸山敦史、ほか稲垣成弥、森田彩華、市瀬秀和、中村誠治郎が決定。演出は深作健太氏がつとめ、高杉とは「里見八犬伝」初演・再演以来3度目のタッグ。脚本は深作演出との名コンビで知られる鈴木哲也氏。(modelpress編集部)

舞台「闇狩人」



原作:坂口いく
脚本:鈴木哲也
演出:深作健太
出演:高杉真宙・横浜流星・鈴木勝大・荒井敦史・丸山敦史/稲垣成弥・森田彩華・市瀬秀和・中村誠治郎 ほか
【東京公演】5月13日(金)~22日(日)天王洲 銀河劇場
【北九州公演】5月28日(土)北九州芸術劇場大ホール
【大阪公演】6月11日(土)12日(日)森ノ宮ピロティホール
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP