早見あかりの甘えん坊ぶりを共演者が告白

【モデルプレス】女優の早見あかりの甘えん坊ぶりが共演者によって明かされた。
甘えん坊ぶりを明かされた早見あかり【モデルプレス】
甘えん坊ぶりを明かされた早見あかり【モデルプレス】
(左から)早見あかり、羽田美智子
(左から)早見あかり、羽田美智子
2日、都内で行われたNHKBSプレミアムドラマ「東京ウエストサイド物語」(12月2日午後10:00)の完成試写会に女優の羽田美智子と出席。母親役を演じた羽田は、早見と感情をぶつけ合う長回しのシーンを見どころにあげて「(早見は)嫌らしいくらいに本番が強い。夫役の羽場裕一さんと“すえ恐ろしい子だ”と話していました」と早見の女優としてのポテンシャルの高さを明かし「それまではしれっとしているのに、本番になるとぐわっと来る。芸能界に向いている」と絶賛した。

(左から)早見あかり、羽田美智子
(左から)早見あかり、羽田美智子
また、撮影期間中は本物の親子のようだったといい「この子『ママ~』って言いながら私の膝の上で寝ていましたからね。膝の上に乗ってくるんです。『ちょっと大きいんだけど…』とは思いましたけど」と早見の甘えん坊ぶりに目を細めていた。

羽田美智子
羽田美智子
早見あかり
早見あかり

撮影中の珍事

同作はオール八王子ロケで、今夏に行われた八王子まつりでも撮影を敢行。早見は「すごい数の人の中を疾走するシーンでは、何回も走りました。元々走りが遅いので、必死に走っているけれど、走り方がダサイ」と苦笑い。時には「頑張って走っていたら、お祭りの警備員の方に止められるという珍事もあった」そうだが「撮影のための整備も出来ないくらい人がいるので、疾走シーンの撮影はほぼゲリラ。一般の方々に当たらないように駆け抜けているので、臨場感が出ています」と思い出深い撮影を振り返った。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 早見あかりの甘えん坊ぶりを共演者が告白
今読んだ記事

早見あかりの甘えん坊ぶりを共演者が告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事