カントリー・ガールズ、ハロウィーン仮装でパレード 仕事復帰の“ももち”もファンにメッセージ

25日、モデルプレスがパートナーウェブニュースメディアを務め、フジテレビジョン・ツインプラネット・LINEが企画制作のハロウィーンイベント『めざましテレビ presents T-SPOOK(ティースプーク)』2日目が東京・お台場で開催中。声帯ポリープのため芸能活動を休止していた(24日に仕事復帰)カントリー・ガールズのプレイングマネジャーで“ももち”こと嗣永桃子が、ファンにメッセージを送った。
カントリー・ガールズ、ハロウィーン仮装でパレード 仕事復帰の“ももち”もファンにメッセージ【モデルプレス】
カントリー・ガールズ、ハロウィーン仮装でパレード 仕事復帰の“ももち”もファンにメッセージ【モデルプレス】

MCだけでも“らしさ”際立つ

嗣永はライブ2曲目終了後のMCに登場し「私事ではございますが、声帯ポリープの治療に専念するため数日間お休みをいただき、ファンの皆さんにはたくさんご心配をおかけしてしまい本当にすみませんでした」と謝罪。「声の方はどんどんよくなっているんですけど、ちょっとまだ歌うまでには回復しきれていないので、今日はMCのみの参加とさせていただきます」と報告し、「(私以外のメンバー)4人が素敵なパフォーマンスをお届けしますので、ぜひとも楽しんでいただけたらと思います」とファンの盛り上がりを煽った。

さらに「戻ってきた時に4人が『ももち先輩、実はいらない』みたいな感じになるかなって不安だったんですけど、目に涙を浮かべながら『おかえりなさい』って温かく迎えてくださって、そして何よりもファンの皆さんが笑顔でももちを観てくれているこの状況がとても幸せであると改めて感じております」とステージに立てていることを噛み締めると、ファンから続々と「おかえり~!」の声が飛び交った。

それからは“らしさ”全開。自己紹介では「“トリック・オア・ももち”。ももち可愛い!って言ってくれなきゃイタズラしちゃうぞ。(ファン「ももち可愛い~」)もっと大きな声で!(「ももち可愛い~!」)こんなやり取りも幸せに思います」と満面の笑みを浮かべた。

可愛すぎる仮装姿でファンも大満足

ライブは『恋泥棒』『わかっているのにごめんね』など全6曲を披露。コース全長約1000メートルのパレードにも参加し、嗣永は「海賊」、稲場愛香は「白雪姫」、小関舞は「魔女」、森戸知沙希は「メイド(ピンク)」、山木梨沙は「メイド(黒)」の仮装姿でファンとの交流を楽しんでいた。

史上最大級のハロウィーンイベント

同イベントは昨年初開催され、日本のコスプレファッションと音楽を融合して楽しむ、日本から生まれた新しいハロウィーンイベント。フジテレビ社屋をハロウィーン仕様にデコレーションし、社屋及び台場周辺にて、モデルやアーティストによる日本最大級の仮装パレードやライブパフォーマンスなどが2日間にわたって行われ、24日はきゃりーぱみゅぱみゅ、ももいろクローバーZ、超特急、西内まりや、May J.らが出演。25日はカントリー・ガールズのほか私立恵比寿中学、DISH//、Rev.from DVL、三戸なつめ、Miracle Vell Magic、ニコルらが出演した。(modelpress編集部)

セットリスト

1.恋泥棒
2.浮気なハニーパイ
3.恋がステキな季節
4.恋人は心の応援団
5.女の子の取り調べタイム
6.わかっているのにごめんね



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - カントリー・ガールズ、ハロウィーン仮装でパレード 仕事復帰の“ももち”もファンにメッセージ
今読んだ記事

カントリー・ガールズ、ハロウィーン仮装でパレード 仕事復帰…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事