嵐・二宮和也×ビートたけし初共演作、新キャスト発表

の二宮和也とビートたけしが初共演するTBS系の年末スペシャルドラマ「赤めだか」(12月28日放送)の追加キャストが発表された。
「赤めだか」に出演する(上段左から)笑福亭鶴瓶、薬師丸ひろ子(下段左から)宮川大輔、柄本時生、新井浩文、北村有起哉(画像提供:TBS)【モデルプレス】
「赤めだか」に出演する(上段左から)笑福亭鶴瓶、薬師丸ひろ子(下段左から)宮川大輔、柄本時生、新井浩文、北村有起哉(画像提供:TBS)【モデルプレス】
同作は立川談春原作の「赤めだか」を映像化。主演・立川談春役を二宮、不世出の天才・立川談志役をビートたけしが演じる。

今回発表されたのは、番組のナビゲーター役として笑福亭鶴瓶、物語のナレーションに薬師丸ひろ子、立川談春の兄弟子・立川関西役に宮川大輔、立川談かん役に柄本時生、立川ダンボール役に新井浩文、立川談々役に北村有起哉といった豪華キャスト。

鶴瓶が二宮&たけしに期待

出演にあたり、鶴瓶は二宮とビートたけしに向け「今回忙しい二人がよく引き受けてくれたなと思います。この二人がそれぞれの『談志』、『談春』をやるのであれば必ずいいものができると確信しています」と太鼓判。また「落語の世界にいる自分が言うのもなんですが、このドラマを見て『落語ってカッコイイ世界だな』と思っていただき、落語界特有の師弟関係などにも注目して見てもらえればと思います」と期待した。

ナレーションを担当する薬師丸は「本を読んだときに羨ましいなと思うぐらい良い本で、自分も演じてみたいと思いました」と明かし、「残念ながらその役はありませんでした」と悔しさを滲ませながらも「ナレーションという、このような形で関わることができて幸せです」と歓喜。「立川一門にはこんな物語があったんだと想像しながら、ぜひご覧になっていただければと思います」と呼びかけた。

同作は17歳の立川談春が、「天才」「異端児」と言われた故・立川談志さんのもとに弟子入りし、新聞配達をしながら生計を立て、弟子仲間たちと苦楽をともにしながら成長していく様子と、誰よりも落語を愛し、落語に挑み続けた男・立川談志の破天荒な生き様を描く。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・二宮和也×ビートたけし初共演作、新キャスト発表
今読んだ記事

嵐・二宮和也×ビートたけし初共演作、新キャスト発表

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事