欽ちゃん、生放送でネットユーザーと積極交流 自由な展開で新境地開拓

【モデルプレス】“欽ちゃん”こと萩本欽一が生放送番組で、新境地を開拓している。
“生まれる”放送をコンセプトに【モデルプレス】
“生まれる”放送をコンセプトに【モデルプレス】
ニコニコ動画にて生放送番組『欽ちゃんのドーンとゴールド!』(毎週金曜よる9時)が先月7日よりスタート。同番組がネット番組初出演となった欽ちゃん。視聴者と一緒にコミュニケーションを取りながら作りあげる新しい「コミュニケーションお笑い番組」がコンセプトで、トークコーナーの他に欽ちゃんが出すお題に視聴者がボケたり、ツッコミを入れる大喜利コーナーなどを放送。番組は住んでいる所によってコメントの色を変えたり、欽ちゃんが認めた視聴者だけ上下のスペースにコメントが表示される「指定席制度」など、独自のルールを設けている。

萩本欽一
萩本欽一

自由な展開に視聴者歓喜



18日の第6回の放送でもネット番組ならではの自由な展開が連発。同番組ではテーマソングを募集しているが、欽ちゃんは「びっくりするほど(視聴者が)曲も送って来ず。来ないんだよ!」と嘆き、知り合いのレコード会社から声を掛けられたことを明かした。「すごいよね!曲よりもレコード会社が最初に来たって」と笑いを誘い、スタジオに見に来ていたレコード会社社員を突如出演させる場面もあった。

また、同放送の公式番組において放送が延長するケースは珍しくないが、よる10時までが放送時間であるにも関わらず同放送も頻繁に延長。今回も30分延長し、「時間がまたなくなっちゃったので延長します!」と知らせを告げに来たスタッフに欽ちゃんは「一応10時で番組終えようとしようよ~!(スタッフが)そういうこと全然する気ないもん。『10時になったから延長しますか~』って」とツッコミを入れた。

萩本欽一
萩本欽一
欽ちゃん曰く、ただの“生放送”ではなく“生まれる放送”がテーマ。終了間際には「欽ちゃん、あとで電話するっ」「欽ちゃん、あの日のこと覚えてる?」など友達に成りきったコメントが殺到し、「誰だよっ!」とツッコミを入れ続けるなど最後まで視聴者と息の合った掛け合いを見せていた。

放送終了時には視聴者から「今日も笑いをご馳走様でした」「週末の癒しです」「良い番組だなあ」「いやー面白かった」「どんどん良くなってくるなあ」など楽しんでいる声が溢れていた。次回第7回は、ニコニコ動画「欽ちゃんネル」より、25日金曜日よる9時より放送する。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel


TOP