A.B.C-Z塚田僚一、“先輩”山下智久&生田斗真に「勝てるなって思ってた」

【モデルプレス】5人組アイドルグループ・A.B.C-Z塚田僚一が、勘違いしていた過去を明かした。 16日、フジテレビ系「ライオンのごきげんよう」(毎週月~金、12時55分~)に元プロ野球選手でタレントの元木大介と「愛されキャラの2人」としてゲスト出演。「僕たち本当はおバカじゃないんです!」というテーマのもと、サイコロトークを繰り広げた。

勘違いしていた過去をぶっちゃけ

現在、底抜けに明るいキャラクターと人懐っこさを武器に、“塚ちゃん”の愛称でバラエティー番組にも多数出演中の塚田。「勘違いしてました」のテーマでは、ジャニーズ事務所に入所した頃のエピソードを披露した。

ジャニーズには自ら応募したといい、そのきっかけはKinKi Kidsが出演した歌番組だったそう。滝沢秀明、今井翼、嵐が1列目、山下智久、生田斗真が2列目でバックダンサーをつとめているのを見て、「2列目の山下君、生田君にだったら勝てるなって思ってたんです」と当事の心境をぶっちゃけ。「自分の方が運動神経も良いし、顔とかもイケてるんじゃないかな?とか思いまして。2列目の真ん中、1列目の端くらいいける」と自信を持っていたものの、実際入所して生田や山下に対面すると、「オーラ、カッコよさ半端ない!勘違いしてました(笑)!」と圧倒的な存在感に“完敗”したことを明かし、会場の笑いをさらった。

ラスベガスのホテルが水浸しに…戸塚祥太に罪をなすりつけ

また、「やっちゃった~」というテーマでは、10年前に撮影で訪れたラスベガスでの出来事を回顧。時差ボケで睡魔に襲われながらも、お風呂にお湯をためたものの、それを忘れて“ジャニーさん”こと所属事務所の社長・ジャニー喜多川氏と外出してしまい、部屋に帰ったときには下の階まで水びたしになってしまったという。

「それでジャニーさんもカンカンになって、『YOUやばいよ!』って。こんなに怒ってるの見たことない」と振り返り、怒られるのを怖れて「メンバーのとっつー(戸塚祥太)のせいにしました(笑)。そこからずっととっつーが怒られてました」と“10年越し”に真相を暴露し、謝罪していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - A.B.C-Z塚田僚一、“先輩”山下智久&生田斗真に「勝てるなって思ってた」
今読んだ記事

A.B.C-Z塚田僚一、“先輩”山下智久&生田斗真に「勝てるなって思…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事