ピース又吉直樹、ラブコールにタジタジ「いつかは…」

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹がラブコールを受けた。
ラブコールにタジタジになったピース・又吉直樹【モデルプレス】
ラブコールにタジタジになったピース・又吉直樹【モデルプレス】
又吉直樹
又吉直樹
25日、大阪府庁にて行われたイベントに、雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)、福本愛菜、松井一郎大阪府知事とともに出席。又吉は、芥川賞受賞後初の大阪での仕事ということで、拍手で迎えられた。「次回作はぜひ大阪を舞台に!」と、雨上がり決死隊、松井知事からお願いされると恐縮しながら「いつかはそういうものを書きたい」とコメント。「いつや?」「書けや」と突っ込まれるとタジタジになっていた。

(左から)福本愛菜、宮迫博之、蛍原徹、又吉直樹、松井一郎大阪府知事
(左から)福本愛菜、宮迫博之、蛍原徹、又吉直樹、松井一郎大阪府知事
さらに、記者から次回作のテーマは大阪になるかと質問されると「やはり大阪は好きですね。織田作之助や西加奈子さんも大阪を舞台に小説を書かれていますね。大阪弁はリズムが合って僕も好きなんですけれども、もっと勉強していかないと書けない。僕もいつかは大阪をテーマに描きたいですね」と意欲を語った。

(左から)福本愛菜、又吉直樹、松井一郎大阪府知事
(左から)福本愛菜、又吉直樹、松井一郎大阪府知事

大阪の魅力を発信

「大阪の隠れた魅力」をテーマにしたトークセッションで又吉が、町田康氏、西加奈子氏、織田作之助さん、川端康成さんといった多くの文豪を大阪から輩出していることに触れると、松井知事や雨上がり決死隊から再び大阪を舞台にした次回作へのラブコール。又吉は「吉本新喜劇やなんばグランド花月などには大阪の文化的な、歴史的な魅了がつまっているので、劇場にも来てもらえたらなあと思っています」とアピールした。(modelpress編集部)

(左から)福本愛菜、宮迫博之、蛍原徹
(左から)福本愛菜、宮迫博之、蛍原徹


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ピース又吉直樹、ラブコールにタジタジ「いつかは…」
今読んだ記事

ピース又吉直樹、ラブコールにタジタジ「いつかは…」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事