歌手でドラマーのシシド・カフカが、悔しい思いをした過去を明かした。
過去の苦悩を明かしたシシド・カフカ【モデルプレス】
過去の苦悩を明かしたシシド・カフカ【モデルプレス】
20日、都内で行われたジーンズブランド「Levi’s(R)」(リーバイス)のパーティーに登場。同ブランドのグローバルキャンペーンモデルをつとめるシシドは、圧巻のライブパフォーマンスを繰り広げ、会場を盛り上げた。

シシド・カフカ
シシド・カフカ
シシド・カフカ
シシド・カフカ
175センチの長身と日本人離れしたルックス、そしてドラムとボーカルというこれまでにないスタイルがブランドコンセプトの「Authentic self(自分らしく生きる)」に通ずることからキャンペーンモデルに起用されたシシド。アーティストとしてはもちもん、モデル、女優と活躍の幅を広げているが、MCでは思春期を過ごしたアルゼンチンの話題を持ち出し「ある番組でアルゼンチンに行かせていただいたとき、メインストリートにLevi’s(R)のお店があるのを見つけて、覗いてみたら店頭に私の写真が大きくあり、すごく嬉しかったことを覚えています」と誇らしげに語るも、「アルゼンチンで悔しい思いをしたので、いつか大きくなって帰ってきてやろうという思いが強かった」と過去の苦悩を吐露。しかし、2シーズン連続のグローバルキャンペーンモデル起用となり「Levi’s(R)にこの機会をいただき、後押ししていただいたことをとても感謝しています」と晴々しい笑顔を見せた。

Levi’s(R)がウィメンズ新ラインを発表

シシドがグローバルキャンペーンモデルをつとめる「Levi’s(R)」は140年以上の歴史を誇るジーンズの老舗ブランド。メンズラインの「501(R)」は同ブランドの代名詞といえるくらいに世間に浸透している。そんな「Levi’s(R)」は約80年前に、女性用ジーンズを初めて製造。男性向けといったイメージを抱く人も多いが、男女、世代を問わず愛されている。

パーティー会場の様子
パーティー会場の様子
パーティー会場の様子
パーティー会場の様子
作業着から日頃のファッションへと転換したジーンズは、時代を超えて愛され、万年ワードローブに欠かすことができないアイテムになった。そしてこの度 「Levi’s(R)」は、これまでのウィメンズジーンズを一新させ、新たなコアコレクションとして「LOT 700」シリーズを発表。「Levi’s(R)」のジーンズコレクションにはクラシックな3桁のロットナンバーが割り当てられており、初めて製造したウィメンズジーンズ「701」はマリリン・モンローが穿いたことでも有名だ。

「Levi’s(R)」のウィメンズラインが一新
「Levi’s(R)」のウィメンズラインが一新
マリリン・モンローも履いていた「701」
マリリン・モンローも履いていた「701」

美シルエットを叶えるデザイン

新コレクション「LOT 700」シリーズは、女性初のジーンズにちなんだロットナンバーとなっており、2015秋冬コレクションの型はスーパースキニー、スキニー、スリム、ブーツカットの4スタイルで展開予定。スリムなラインとヒップ部分のリフトアップ効果が特徴で脚線美を叶えてくれる。

「LOT 700」シリーズ(左から)スーパースキニー、スキニー、スリム、ブーツカット
「LOT 700」シリーズ(左から)スーパースキニー、スキニー、スリム、ブーツカット
長きに渡り、多く人に愛されるジーンズを世に送り出してきた「Levi’s(R)」。新たに登場した「LOT 700」シリーズについて、チーフプロダクトオフィサーのカリン・ヒルマン氏も「スタイリッシュで見た目が美しく見えるのはもちろんのこと、穿くと自分に自信を持つことができ、新しいことを始めたくなるようなジーンズ」と自信をのぞかせている。

ルーツと伝統を重んじながら生まれ変わった「Levi’s(R)」のウィメンズライン。歴史あるブランドが贈るジーンズは美シルエットを叶え、自信を与えてくれるかもしれない。(modelpress編集部)[PR]提供元:リーバイ・ストラウス ジャパン
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - シシド・カフカ「悔しい思いをした」リベンジ叶える
今読んだ記事

シシド・カフカ「悔しい思いをした」リベンジ叶える

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事